« 大曲・角館の旅二日目その1(花火の町、ブルーノ・タウト) | トップページ | 大曲・角館の旅二日目その3(新潮社記念文学館) »

2017年4月17日 (月)

大曲・角館の旅二日目その2(田沢湖線)

大曲散策をしていたら、あっという間に時間が経ちました。

いよいよ角館行きの田沢湖線に乗ります。

 

直線で曲面を作り出す大曲駅。

Img_2327   

 

新幹線ホームには、秋田新幹線こまち号がいます。

Img_2330  

 

私はこちらの在来線。

Img_2335  

 

早めにホームに行ってみると、大曲始発の電車が来ていました。

ドアは閉まっています。

Img_2334  

 

開かぬなら 開くまで待とう 田沢湖線

 

時間があったので、写真撮影しますかね。

Img_2332  

 

信号まで撮影してしまいました。

Img_23372  

 

いつまで経っても電車のドアが開かないので、

車内をのぞいてみると、人がいてビックリ!!

 

・・・。

開かぬなら 自分で開けよう 田沢湖線

 

ドアボタンを押して乗りました。

 

いつもの調子で乗って座っていたら、すきま風が吹き込みます。

どうやら、自分でドアを閉めなければいけなかったようです。(^^ゞ

 

そうこうするうちに、電車は定刻に出発。

山の景色を楽しみながらの20分間、

学生時代に青春18きっぷで旅をしたのを思い出しました。

Img_2342  

 

角館に着きました。

東京の桜はもう散り始めていますが、角館の桜はこれからです。

(2017年4月14日撮影)

Img_2344  

 

(次は、新潮社記念文学館)

|

« 大曲・角館の旅二日目その1(花火の町、ブルーノ・タウト) | トップページ | 大曲・角館の旅二日目その3(新潮社記念文学館) »

コメント

おはようございます。
電車のドア開閉ボタンのことですが、首都圏には少ないかな。
高崎とか宇都宮に行けばある感じがします。

こちらでは開閉ボタンのある電車が増えてきました。
阪神電車やわが町山陽電車の新車についていて、特急を退避する駅で長時間停車するときに車内保温のために使っています。

実際は子供が車掌ごっこをして開けたり閉めたりするので効果は半減です^^;

投稿: シブ | 2017年4月20日 (木) 07:03

>シブさん
こんにちは。お返事が遅くなってすみませんsweat01

ドア開閉ボタン・・・シブさんの地元でも使われているのですね。
しかも新車に!

こちらの電車のドアというと、ラッシュ時に人やカバンが挟まって
車掌さんが何度も開け閉めする難易度の高い行為だと思っていて
一乗客がボタンを操作するのは、畏れ多い気がします。
しかし、こういった経験もまた、旅の楽しみです~。

投稿: ようこ | 2017年4月22日 (土) 17:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 大曲・角館の旅二日目その1(花火の町、ブルーノ・タウト) | トップページ | 大曲・角館の旅二日目その3(新潮社記念文学館) »