« 初ダンス | トップページ | 確定申告はお早めに »

2017年2月18日 (土)

ミッフィーは泣いている

小さな頃から大好きだった、オランダ生まれの ミッフィー こと うさこちゃん

我が家の本棚には、この絵本が飾られています。

 

ドイツ語で”ミッフィーは泣いている”というタイトルの絵本です。

オランダ語版がドイツ語に翻訳されています。

Img_22802  

 

私のうさこちゃんファン歴は長く、幼稚園の頃だったでしょうか、

最初に買ってもらったグッズは枕カバーでした。

青地に小さいうさこちゃんの絵が連続してプリントされた布地。

とても気に入ってよく眠りました。

 

もう少し大きくなると、花柄のワンピースを着たぬいぐるみを買ってもらいました。

耳にワイヤーが入っていて、絵本のようにピンとしていたのが嬉しかったなぁ。

 

写真の絵本は、

1999年にベルリンの本屋さんをめぐってようやく見つけたものです。

 

まだドイツ語を話すことができず、

大学の第二外国語で覚えた

「イッヒ ズッヘ アイン ビルダーブッフ!」(私は絵本を探しています)

と言って、お店の方を困惑させた覚えが・・・。

 

あれから時は経ち、うさこちゃんの手帳やペンケースを使う大人になりました。

 

ディック・ブルーナさん。

こんなにもかわいいキャラクターを誕生させてくださって

本当にありがとうございました。

これからもミッフィーを大切にしていきたいと思います。

|

« 初ダンス | トップページ | 確定申告はお早めに »

コメント

 タイトルだけ見て、著作権か何かの紛争に巻き込まれた話かと思ってしまったダメな大人がここにいます。:-)

投稿: かめ | 2017年2月18日 (土) 11:19

>かめくん
いつまでも心にメルヘンをもつと、私みたいになってしまいます。:-)
ちなみに、日本では『ミッフィーどうしたの?』という名タイトルで出版されています。

投稿: ようこ | 2017年2月20日 (月) 19:11

こんばんは、アフリカの小さな島から帰ってきましたhouse
ブルーナさんご逝去のニュースは旅先で知りました。

特徴的なおひげのブルーナさん、ミッフィーちゃんはじめとする
丸みのある柔らかいラインで描かれた可愛いキャラクター達を世界に届けてくださり、
ワタクシとしてもキャラクター好きの一人としてご冥福をお祈りいたします。

ワタクシが好きなスヌービーの生みの親、チャールズ・M・シュルツ氏も
2000年に亡くなられてしまいましたweep
可愛いキャラクターを作り出した方々がこの世を去って行かれるのは残念ですが、
キャラクター達はこれからもずっと世界で愛されていくでしょう。
そして愛され続けていくことを願っていますconfident

ベルリンで探して手に入れた絵本は思い出の品ですね。
これからも大切にしてくださいねbook

投稿: くらげちゃん | 2017年3月 1日 (水) 00:07

>くらげちゃん
アフリカからの無事のお帰り、何よりですairplane

ブルーナさんは、あのキャラクターたちのイメージとぴったりで
温和そうな雰囲気の方でしたね。
スヌーピーなど、他の人気キャラクターと同様、
ミッフィーとその仲間たちもずっと生き続けてくれると思います。

そういえば、文房具の世界堂のミッフィーコーナーに行ったら、
スタッフの手書きで追悼の言葉が書かれていました。
なんだか感激して、ついついミッフィーのメモ帳を買ってしまいました。

ありがとう。お土産の絵本book、これからも大切にしますね!

投稿: ようこ | 2017年3月 2日 (木) 10:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 初ダンス | トップページ | 確定申告はお早めに »