« チョコレートパウダーの袋 | トップページ | 都市対抗野球、決勝戦へ! »

2016年7月25日 (月)

第51回 遊史郎の落&P

7月23日(土)、高円寺Grainにて

”第51回 遊史郎の落&P”を開催しました。

三遊亭遊史郎師匠との会も、100回に向けて半分が過ぎました。

 

今回も、開場ととも続々とお客様が集まり、

アットホームな雰囲気で中華料理を楽しんでくださっているようです。

 

そしていよいよ、第51回目の始まり始まり~。

ピアノ演奏は、をイメージした曲を中心に選曲しました。

 

落語一席目、「汲みたて」の前には

ナポリ湾に浮かぶ舟で歌われるという『サンタ・ルチア』を演奏。

 

「汲みたて」という噺は、舟 (屋形船ぐらいの大きさ?)に乗って

男女が粋な夏の夜を過ごす・・・はずが、

それをひがんだ若者たちが舟を出し、

横から音を立てて邪魔をする、という笑えるストーリーです。

 

今回、遊史郎師匠が劇中歌として、三味線の弾き唄いをしました。

舟ではこのような唄が聴けるのか~♪と、一同聞き惚れたところへ、

私が高座の陰で、騒音舟役として

でんでん太鼓や缶をガチャガチャ鳴らしました。

 

結構本気になってでんでん太鼓を振り回していたら、

持ち手から太鼓がすっ飛んでしまい、あわてて拾う一幕も・・・。(^^ゞ 

 

休憩をはさみ、後半は夏の唱歌メドレーから。

まだ梅雨の明けない今、夏を待つような気持ちで弾きました。

 

そして、落語二席目「愛宕山」。

京都の景色が目に浮かぶような大作でした。

 

山登り、かわらけ投げ

投げた小判を取りに谷に降りていき、

竹に結んだ紐でターザンみたいに?元の位置に戻るシーン。

見どころたっぷりの噺です。

 

聴く方も思わず力が入りますが、遊史郎師匠も汗だくでの大熱演

やはり生で観る芸というのは迫力がありますね。

コラボ曲は、CM風に『My Favorite Things~すべての山に登れ』。

 

終演後は、遊史郎師匠を囲んでのおしゃべりタイムとなり、

皆さんマイペースで会を楽しんでくださったようでした。

 

1回1回を大切にして、100回まで続けられるようがんばります。(^-^)

ご来場ありがとうございました。

 

三遊亭遊史郎師匠

Img_5493  

お客様よりご提供いただきました。

|

« チョコレートパウダーの袋 | トップページ | 都市対抗野球、決勝戦へ! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« チョコレートパウダーの袋 | トップページ | 都市対抗野球、決勝戦へ! »