« 朝はゆっくり | トップページ | 羽田空港その1(第1旅客ターミナル) »

2016年5月 3日 (火)

相撲部屋めぐり

通訳案内士の研修で、講師と共に朝早くから相撲部屋めぐりをしました。

新人研修で一緒だった”同期”たちとも久しぶりに再会。

数か月前には初めましてだった方たちが、今は大切な仲間となりました。

 

今回は、清澄白河、両国、浅草・・・と移動距離も多めの盛りだくさんな内容です。

いやはや、相撲部屋がこんなに多かったとは!

 

とある相撲部屋では、朝稽古を見学することができました。

見学者は私語厳禁

細い若者から貫禄ある力士まで目の前で次々と稽古をします。

まさに、百聞は一見にしかずで、

力強さだけかと思ったら、転がる時は身軽だったり・・・。

親方のアドバイスが飛ぶと、こちらも身が引き締まります。

 

最初はどこを見たらよいやら???でしたが

だんだんと、

「あら、あの力士はイケメン!」

「むむ、この力士は学生時代タイトル総ナメにしていそう」

「うわーーー、やはり関取は動きが素早い」

などなど、自分なりにポイントが分かってきました。

 

最後に記念撮影をしていただきましたが、

近くで見ると、細く見えたはずのおすもうさんの大きいこと大きいこと!

 

今は、多くの相撲部屋が立派なホームページを開いていて

復習するのも便利な時代になっています。

 

この驚きをドイツ語にしてご案内できたらいいですよね。(^v^)

通訳案内士の世界では、私は髷(まげ)を結えない若者のようなものなので

きちんと稽古しなくては、と思いを新たにしたのでした。

 

写真:どちらも両国の回向院(えこういん)にて。

 

竹がきれいでした。

Img_08402  

 

文字通り、力強さが印象的です。

Img_08422  

|

« 朝はゆっくり | トップページ | 羽田空港その1(第1旅客ターミナル) »

コメント

おはようございます。

3月に、大阪で開催された春場所を見に行きました。

力士を間近で見ると、「巨体というのはこういうことを指すのか」…と目が点になりました。

ご存知かもしれませんが、国技館でない地方場所では観客席は鉄骨で組み立てます。テレビで力士が引き上げるとき「テッポウ厳禁」という縦書きの表示があるのはこのためです。力士にテッポウ打たれたんでは座席が崩れてしまいます。

Good morning from Kyoto

I went the grand Sumo tournament on March 13 in Osaka, as our parents' 50th anniversary of their marriage.

I saw bodies of the Sumo wrestlers, which I recognized "These are the true giants."

In the venue of the tournament except Kokugikan in Tokyo, the seats for the spectators are tentatively constructed of steel pipes. Therefore, cautions "Teppo strictly forbidden" are taped on the steel pipes. If a wrestler practices Teppo, the constructed seats structure must be demolished.

投稿: シブ | 2016年5月 3日 (火) 07:25

>シブさん
そうでしたか、春場所に行かれたのですね~。
英文も拝見、Congratulations!

私もにわかに相撲に興味をもち始め、
研修の際に両国国技館前のチケット売場の電光掲示板を見たら、
ほとんどが売り切れマークとなっていて、出遅れた感あり・・・です。

「テッポウ厳禁」のお話、知りませんでした。(独訳、独訳・・・pencil
あの稽古の様子から想像しても、納得がいきます。

投稿: ようこ | 2016年5月 4日 (水) 18:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 朝はゆっくり | トップページ | 羽田空港その1(第1旅客ターミナル) »