« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »

2016年5月30日 (月)

5月の日光へ

通訳案内士の新人研修として、日光日帰りバスツアーに参加しました。

こちらのブログでは、5月の緑をお楽しみください。

 

車窓から、日光二荒山神社の神橋(しんきょう)を望みます。

Img_09993  

 

日光東照宮の唐門。

Img_10203  

曲線の唐破風が素晴らしかったです。

有名な陽明門は、平成の大修理のため覆われていました。

 

日光二荒山神社経由、輪王寺の逍遥園を見学。

Img_10282 

 

おぉっ、木々の間には借景も!

Img_10302  

 

こちらは駐車場の湧水。

苔がいい雰囲気を出しています。ひんやりとして甘い水でした。

Img_10242  

 

続いて、日光田母沢御用邸記念公園へ。

ご静養地だった場所が、2000年に記念公園としてオープンしたそうです。

建物と庭園の両方を楽しめる公園です。

 

時折、そよっと吹く風がさわやかで心地よかったです。

Img_10392 

Img_10412

 

室内の見学の際には、ランプシェードに注目するのをおすすめします。

Img_1036

こちらの赤い色は、

『金を王水(塩酸と硝酸の混合水)に溶かし発色させたもの』

とのことです。

久しぶりに聞く”王水”という言葉に反応して、

ランプシェードをしっかりと見てしまいました。(^^ゞ

 

庭には季節の花が咲いています。

 

クリンソウ

Img_10422  

 

ナスヒオウギアヤメ

Img_10332  

 

さて、歩き疲れたところで一路、バスで東京に戻ります。

観光ポイントはここまでだと思いきや、もう一つありました。

 

東北道 羽生パーキングエリア(上り)の鬼平江戸処です。

パーキングエリアに江戸の街並みがある!としか言いようのない、

別世界ぶりに驚きました。

Img_10452  

 

この写真右端の筆が気に入っています。

Img_10502  

 

こういった雰囲気の中、同期の方たちとほおばった鯛焼きは

どれほどおいしかったことでしょうか。(^v^)

 

バスの中でスピーチなどをしながら、都内に戻って研修は終了。

これらの写真だけ見ると楽しい遠足のようですが

バス車内で書いた山のようなメモをまとめておかなければ!

でも、今日のところは楽しかったことを思い出すだけにしておきます。

 

以上、5月の日光レポートでした。

| | コメント (2)

2016年5月25日 (水)

加賀百万石なめこ

最近、こちらのなめこを買っています。

”加賀百万石”という名前からして、食文化の発達したグルメな印象です。

Img_0971  

石づきの歯ごたえ、香り、適度なぬめり・・・。

なめこってこんなにおいしかったのか!

 

四角い袋に入っているなめこよりも少し値が張りますが、

も多いため、傷まないうちに調理する方に気を遣います。

 

今回は、なめこ、豆腐、あおさのみそ汁を作りました。

ごちそうさま~。 

Img_0974 

 

※加賀百万石なめこは新宿伊勢丹食料品売り場で購入。

 夕方になると数が少なくなるようです。

| | コメント (4)

2016年5月23日 (月)

iiyo!!

日々刻々と変わっていく街、東京

土曜日、iiyo!!に初めて出かけました。 

iiyo!!とは、新丸ビルから見て大手町寄り、隣の隣ぐらいに建つビルです。

 

ここの地下1階にyokochoという名の横丁があり、

丸の内ということを忘れるようなオープンな入口で

気軽に飲めるお店が並んでいます。

(ということを今回初めて知った)

 

この中の、山陰海鮮炉端かばで飲みました。

今回のメンバーは、ようこ夫の学生時代のご友人たちです。

海外赴任から戻った方を囲んで・・・という集まりでした。

 

外国生活の様子を伺ったり、学生時代の思い出話を聞いたり、

なかなか乗る機会のない車のバッテリーについて語り合ったり、

楽しいひとときを過ごしました。

 

私も仲間に入れてもらって19年近くになりますかね。

毎回、ようこ夫よりもしゃべってしまった・・・と(少し)反省して、

また次の飲み会に張り切って出かけてしまいます。(^^ゞ

 

それにしても、大きなお椀に載った新鮮な刺身の盛りがすごくてびっくりでした!

今回もお世話になり、ありがとうございました。

またご一緒させてください。(^o^)

| | コメント (0)

2016年5月19日 (木)

2016年、ちゃんこ風毎日

13日連続予定ありだった日々が過ぎ、ほっと一息ついているところです。

どんな出来事があったか、順不同でまとめてご報告~。

 

◆18歳の頃の友人たちと再会

かなり久しぶりに予備校に通っていた頃の仲間と再会しました。

当時のクラス担任や理系男子たちと

東京駅の新丸ビルで和食をいただきながら、4時間半ほど語り合いました。

 

あの頃は、進学先もなく、これから先どうなるかもわからず通っていた予備校。

第一志望をゆずっちゃったりしながら、ここまでたどり着きました。

また会おうね~。(^o^)

 

◆ドイツ語実地研修

通訳案内士の研修として、英語ガイドにくっついて実地研修を受けました。

ドイツ人のお客様の語学サポートで思いもよらぬ単語を使ったり、

お客様がケガしないように気をつけたり・・・。

私としたことが、家に帰ったらぐったりでした。(^^ゞ

 

◆デイケアセンターでのピアノ演奏

5月らしいさわやかな曲を中心に選びました。

そんな中、先日の告別式で聴いた『G線上のアリア』も追加。

もちろん、選曲の理由は言わなかったけれど、

聞き覚えのあるメロディーに、みなさん「あっ」という反応をしていました。

 

◆ドイツ語ガイド教室

国土交通省の”インフラツーリズム”が課題だったので

一例として、福島県の三春ダムについてまとめました。

三春といえば、滝桜が有名ですね。

ダムのセットの湖は、さくら湖と名付けられたそうです。

三春には行ったことがあるけれど、ダムがあったとは知りませんでした。

 

他の生徒さんの発表も多様性があり、面白く聞けました。

こんな感じで、毎週知識を増やしています。

 

◆ピアノ教室

発表会の準備として、ドイツの音楽をバリバリアレンジ中。

今は下書きだけど、清書の段階に入るとかなり大変そう・・・。>_<

 

◆仕事

新しく始めたPC関連の仕事も2か月近く経ちました。

仕事内容は私にとても合っていてラッキー♪

しかし、勤務時間が短いながらも集中力が必要で、思ったよりは大変です。

 

帰り道についつい、おやつ(ジェラート2種盛り)を食べる機会が増え、

スタンプカードを作ってもらいました。エヘン。

 

---

こうした感じで、ちゃんこ鍋のように具だくさんな毎日になっています。

ノート整理をする時間が減ってしまったのが残念な限り・・・。

今日のように予定のない日こそ、有効利用したいものです。

| | コメント (0)

2016年5月12日 (木)

G線上のアリア、ジャズアレンジ

今日は10年以上前にお世話になった方の告別式に参列しました。

私の親世代より一回り若い方で、驚きと残念な気持ちでいっぱいです。

 

最近はお会いする機会がないながらも、ネットで近況報告しあっていました。

音楽がお好きな方で、コンサートのレポートなどもよく書いていました。

 

しかし、あるとき、

お孫さんとの時間を最優先にしていると感じたことがあり、

何かご病気なのかな・・・と思ったものでした。

 

寿命のぎりぎりまで、一秒を惜しんで活動されていたご様子。

 

告別式の最後に流れた曲は、

バッハの『G線上のアリア ジャズアレンジ』でした。

まるで、万一の時にはこの音楽を流して欲しい、と準備していたように

故人にぴったりの洗練された優しいメロディーです。

 

これからは『G線上のアリア』を聴くたびに、

心の中でお会いすることになりそうです。

今までありがとうございました。

| | コメント (6)

2016年5月 8日 (日)

羽田空港その2(国際線旅客ターミナル、第2旅客ターミナル)

羽田空港シリーズその2は、国際線旅客ターミナルからです。

 

羽田の国際線というと、成田空港開港前の頃と

2001年にチャイナエアラインで台北に行った時の

小さなターミナルを思い浮かべます。

 

そういったイメージをもっていたため、があって驚いたのなんの!

写真は傾いていますが、本当の橋はまっすぐです。

Img_0895 

チェックインカウンターを見下ろす高い位置にあるのもビックリです。

この橋の先に江戸の町がありました。

Img_0882_2  

 

橋の上で、おいらん道中に出合いました。

Img_0886  

Img_0887  

Img_0889  

 

屋内のこいのぼりで季節感を味わいます。

Img_08982  

 

えーと、ここはどこでしたっけ?という方のために、飛行機の写真も載せましょう。

Img_0899  

一番奥にフィリピン航空が写っています。

昨年のセブ島旅行では、成田からフィリピン航空を利用しました。

羽田便もあるのですね~。

 

そして、最後の目的地、第2旅客ターミナルへ・・・。

 

ドイツの高級車、ベンツの展示コーナー!

Img_0905  

 

小さいベンツ

Img_0908  

税込価格を見たら、私がドイツ語学習につぎこんだのとほぼ同じ額でした。

挫折しそうになったら、この車のことを思い出そう。

 

コラボドーナツを衝動買いしました。

甘かった~~。(^^ゞ

Img_09102  

 

ここで見学終了。

帰りも新宿行きのリムジンバスに乗ってラクしてしまいました。

 

もし、羽田空港に一人で行ったとしたら、

圧倒されて、どこかでお茶を飲んで、すごすごと帰ることになったことでしょう。

kiwiさんが羽田のことをいろいろと教えてくれたおかげで充実の一日となりました。

どうもありがとう。

 

いつかドイツ語圏の方の送迎の仕事で羽田空港に行けることを願って、

レポートを締めたいと思います。

Danke schoen!!(ありがとう)

| | コメント (4)

2016年5月 5日 (木)

羽田空港その1(第1旅客ターミナル)

5月3日、kiwiさんと一緒に羽田空港に出かけました。

オープンしたばかりのバスタ新宿からリムジンバスに乗って小一時間で到着。

 

kiwiさんは羽田空港にとても詳しく、

すっかり羽田にご無沙汰している私は後ろをついていきます。

 

羽田空港には、国内線の第1旅客ターミナル、第2旅客ターミナル、

国際線旅客ターミナルがあります。

今回は、ランチとすべてのターミナル見学が目標です。

 

いやーー、空港であることを忘れるほど、見どころが沢山あるのに驚きました!

盛りだくさんぶりは、こちらのポータルサイトからどうぞ。(^-^)

羽田空港ターミナル ポータルサイト

 

レストランの予約時間まで余裕があったので、

知る人ぞ知るであろう場所にある羽田空港神社に連れて行ってもらいました。

 

入口の看板を撮影。

Img_08542  

 

ランチまでにいろいろ歩き回り、”エア ターミナル グリル キハチ”へ・・・。

kiwiさんが、滑走路の見える窓際席を予約してくれていました~。(^o^)

もう、お腹ペコペコじゃ。

 

スープとハイネケン

Img_0857  

 

カレー風味の大山(だいせん)鶏のグリルは、見た目も味も私の好みでした♪

Img_0859  

 

飲み物、デザート付きのお得なコースで至福のひととき。

Img_0860  

 

食後は、カメラを持って窓の外の飛行機を眺めます。

 

おおっ、離陸の様子がカメラに残っていた!

Img_08632 

(実際の写真は、もっと飛行機が左に寄っています。右側部分をカット)

 

レストランを出て、展望デッキへ・・・。

空港らしい写真が撮れました。

Img_0872  

 

さて、次は連絡バスに乗って国際線旅客ターミナルへ移動します。

 

(つづく)

| | コメント (3)

2016年5月 3日 (火)

相撲部屋めぐり

通訳案内士の研修で、講師と共に朝早くから相撲部屋めぐりをしました。

新人研修で一緒だった”同期”たちとも久しぶりに再会。

数か月前には初めましてだった方たちが、今は大切な仲間となりました。

 

今回は、清澄白河、両国、浅草・・・と移動距離も多めの盛りだくさんな内容です。

いやはや、相撲部屋がこんなに多かったとは!

 

とある相撲部屋では、朝稽古を見学することができました。

見学者は私語厳禁

細い若者から貫禄ある力士まで目の前で次々と稽古をします。

まさに、百聞は一見にしかずで、

力強さだけかと思ったら、転がる時は身軽だったり・・・。

親方のアドバイスが飛ぶと、こちらも身が引き締まります。

 

最初はどこを見たらよいやら???でしたが

だんだんと、

「あら、あの力士はイケメン!」

「むむ、この力士は学生時代タイトル総ナメにしていそう」

「うわーーー、やはり関取は動きが素早い」

などなど、自分なりにポイントが分かってきました。

 

最後に記念撮影をしていただきましたが、

近くで見ると、細く見えたはずのおすもうさんの大きいこと大きいこと!

 

今は、多くの相撲部屋が立派なホームページを開いていて

復習するのも便利な時代になっています。

 

この驚きをドイツ語にしてご案内できたらいいですよね。(^v^)

通訳案内士の世界では、私は髷(まげ)を結えない若者のようなものなので

きちんと稽古しなくては、と思いを新たにしたのでした。

 

写真:どちらも両国の回向院(えこういん)にて。

 

竹がきれいでした。

Img_08402  

 

文字通り、力強さが印象的です。

Img_08422  

| | コメント (2)

« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »