« 相撲部屋めぐり | トップページ | 羽田空港その2(国際線旅客ターミナル、第2旅客ターミナル) »

2016年5月 5日 (木)

羽田空港その1(第1旅客ターミナル)

5月3日、kiwiさんと一緒に羽田空港に出かけました。

オープンしたばかりのバスタ新宿からリムジンバスに乗って小一時間で到着。

 

kiwiさんは羽田空港にとても詳しく、

すっかり羽田にご無沙汰している私は後ろをついていきます。

 

羽田空港には、国内線の第1旅客ターミナル、第2旅客ターミナル、

国際線旅客ターミナルがあります。

今回は、ランチとすべてのターミナル見学が目標です。

 

いやーー、空港であることを忘れるほど、見どころが沢山あるのに驚きました!

盛りだくさんぶりは、こちらのポータルサイトからどうぞ。(^-^)

羽田空港ターミナル ポータルサイト

 

レストランの予約時間まで余裕があったので、

知る人ぞ知るであろう場所にある羽田空港神社に連れて行ってもらいました。

 

入口の看板を撮影。

Img_08542  

 

ランチまでにいろいろ歩き回り、”エア ターミナル グリル キハチ”へ・・・。

kiwiさんが、滑走路の見える窓際席を予約してくれていました~。(^o^)

もう、お腹ペコペコじゃ。

 

スープとハイネケン

Img_0857  

 

カレー風味の大山(だいせん)鶏のグリルは、見た目も味も私の好みでした♪

Img_0859  

 

飲み物、デザート付きのお得なコースで至福のひととき。

Img_0860  

 

食後は、カメラを持って窓の外の飛行機を眺めます。

 

おおっ、離陸の様子がカメラに残っていた!

Img_08632 

(実際の写真は、もっと飛行機が左に寄っています。右側部分をカット)

 

レストランを出て、展望デッキへ・・・。

空港らしい写真が撮れました。

Img_0872  

 

さて、次は連絡バスに乗って国際線旅客ターミナルへ移動します。

 

(つづく)

|

« 相撲部屋めぐり | トップページ | 羽田空港その2(国際線旅客ターミナル、第2旅客ターミナル) »

コメント

丸一日かかってしまった空港ツアー、お疲れ様でした。
連休の一日、お付き合い頂き、ありがとう!

羽田はあれだけたくさんあるお店の入れ替わりも激しく、
いつ行っても知らない店が出来てます。
ほんの20~30年前は飲食も物販も割高な印象しかなかった
空港にユニクロやコンビニが入ってるなんて、世の中
変わったもんだなぁと思います。100円ショップが入った時は
「おお!空港の庶民化ここまで来たか」と思ったけど、つい最近
撤退してました。

様々な紆余曲折を経て、外国からの玄関に復帰(?)した羽田が
外国からのお客様にとって、良い第一印象であることを
願ってます。

ようこさんも、研修終了後は、たくさんのお客様を出迎えに
行けるといいですね!

投稿: kiwi | 2016年5月 7日 (土) 06:32

おはようございます。

羽田空港って、明るくていいですよね。
食事も美味しそうです。
空港にはどうしても時間に余裕を持って入るので、ゆっくり食事すればいいのに、1時間以上かけるスタイルのレストランに入ったことは少ないですね。何を飲み食いしているか貧弱な食生活を披露しましょう。

千歳 昔は雲丹海鮮丼だったのですが空港のは迫力がないので、
   次回は「海老そば」にしようかな。
羽田 よく行くのは第2Tワインバー「ピーロート」。
   アテは覚えてない(頂いたはず)けどワインはエクセレント。

〜海外編〜

関西 出国時は米が食べたいので定食屋「関空食堂」に行っていたが
   「店員に問題アリ」と気付いてから敬遠。
   ヱビスバーができたので、今度はコレにしようかな。
   帰国時は、フランクフルトからのLH740が朝7時に到着するので、
   スターバックスで目を覚ましてから帰途につく。

フランクフルト・アム・マイン
   ピザとか、ヴルストとか、エスプレッソ。
   座席がレザーの店が多くて落ち着く。寝てしまいそう

テーゲル
   疲れたので眠気覚ましにケーキセットを頼んだら
   やたら大きなのがサーブされて、「もう夕食不要」モードに。
   空港というよりバスターミナル的な雰囲気を感じた同空港ですが
   東西冷戦時代、テンペルホーフとともに西ベルリンの命綱だった
   テーゲルも、まもなく閉鎖。

ウイーン
   他国にもあるCaffe Ritazzaでグーラシュズッペ。旨かった。

シャルル・ド・ゴール第1T
   LHのチェックインカウンターがあほほど混雑していて時間を消費、
   しかも当時の第1Tは探し方が悪いのか何もなくて、何も食べず。
   こんな時に限って、パリ出発が遅れ、乗り継ぎのフランクフルト
   でも何も食べられず(>_<) 

投稿: シブ | 2016年5月 8日 (日) 11:30

>kiwiさん

この度は、内容の濃い空港ツアーをどうもありがとう!
東京の面白さ発見!という一日でした。

なんと、100円ショップがあったとは、
空港も身近な存在になったということでしょうか。

国土交通省のパネル展も興味深かったです。
自分一人で行ったら気づかなかったかも・・・。

東京で生まれ育った私、やはり”ふるさと”を
ドイツ語で案内できたらいいなぁと思えた一日でした。


>シブさん
いろいろな空港に行かれていますね~。
もう一つの記事にkiwiさんからもコメントがついていて、
ピーロートは私も通りました。
ワインがおいしいとは、覚えておかなくては!(笑)

今回入ったレストランでは、最初に急いでいるかどうか聞かれました。
出発前のお客さんも利用するのでしょうかね?
そういった気遣いがあると、コース料理を頼みやすくなると感じました。

シブさんはテーゲル空港を利用したことがあるんですね。
私が行った時は、シェーネフェルト空港でした。
テーゲル閉鎖!?と知り、思わずベルリン空港事情を調べました。
(日本語ですが^^;;)

シャルル・ド・ゴールの曲線風のターミナルでは私も迷いました~。
ジュネーブへの乗り継ぎで迷ったため、
とても食事どころではなかった記憶があります。(汗)

投稿: ようこ | 2016年5月12日 (木) 01:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 相撲部屋めぐり | トップページ | 羽田空港その2(国際線旅客ターミナル、第2旅客ターミナル) »