« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »

2016年3月28日 (月)

熱海旅行2日目その3(熱海城、干物、小田原)

一泊二日の旅、

帰りは、熱海~小田原間はJR、

小田原駅から小田急のロマンスカーを利用することにしました。

ようこ夫が早めにネットで席を予約していました。

タイムマネジメントが大事でよぉ。

 

最後の訪問地は、

ようこ夫のたっての希望で山の上にあるここ↓熱海城にしました。

Img_07302  

熱海城は、お城の形をしたアミューズメントパークと言えばよいでしょうか。

バスに乗って急勾配の坂を上り、下りすると、お城の前に着きます。

Img_0732  

 

Img_0738  

 

展望台、足湯、レトロなゲームコーナー、マッチ棒で作った城郭の展示、

はたまた江戸の判じ絵コーナーもある、不思議な施設でした。

 

熱海市街がよく見えました。

Img_0741  

 

約3万9千本のマッチ棒で作られた名古屋城、見事です!

Img_0747  

 

見学後はロープウェイで下り、

バスを待とうと思ったもののお土産を買う時間を考慮して、

客待ち中のタクシーに乗りました。

 

あっという間に熱海駅に着き、買い物ターイム!

 

テレビにもよく出てくる、魚とやさん。

Img_07492  

他のお店でも、干物を何枚か購入しました。

 

そして、コインロッカーから荷物を取り出して、

一路、小田急線新宿駅へ・・・。

 

小田原駅がものすごく大きくてびっくりです。

缶ビールとかまぼこを買ってロマンスカーに乗り込みましたよ~。

Img_0752  

Img_0754  

ようこ夫にとっては、初めてのロマンスカーだったそうです。

意外と短い時間でしたが、快適な鉄道の旅を楽しみました。

 

海の幸温泉、さまざまな観光地のある熱海の旅の報告は以上です。

今回もお付き合いありがとうございました!

| | コメント (4)

2016年3月26日 (土)

熱海旅行2日目その2(起雲閣、漁師丼)

続いての訪問地は、起雲閣です。

天気が不安定だったため、雨でも楽しめると聞いたこの場所に来てみました。

 

もともとは別荘、のちに文豪が訪れるような旅館となり、

現在は、熱海市指定有形文化財として熱海市が所有しています。

 

Img_0701  

 

靴を脱ぎ、順路(屋内)に従って、

洋風テイストの部屋や庭がきれいに見える和室などを見学していきます。

Img_0712  

作家の先生に関する展示も多く、文学好きにはおすすめしたい場所です。

 

雨上がりの庭がきれいでした。

Img_0723  

Img_07212  

 

昼食は、店の周りに人だかりのできていた天匠さんにしました。

名前を書いて待つこと30分ほど。

 

漁師丼を生ビールとともにいただきます。

Img_0727 

宝探しのように、海の幸が次から次へと出てきました。

また行きた~い。(^o^)

| | コメント (2)

2016年3月25日 (金)

熱海旅行2日目その1(來宮神社、市外電話発祥の地)

熱海2日目も駅のコインロッカーに荷物を預け、

徒歩、電車、バス、タクシーなどで移動しました。

 

まずは、電車で一駅、來宮(きのみや)神社へ・・・。

樹齢二千年越えの大きな楠があります。

Img_06783 

 

楠があまりにも大きくて、この部分しか撮影できませんでした。

複雑な形をしています。

Img_06852 

 

お参りをしたのち、散歩。

(目的地は特になく、散歩が目的です)

 

市外電話発祥の地がありました。

六角形の電話ボックスがハイカラですね。

Img_0696  

Img_0694  

この看板によると、公衆電話は使えるようです。

| | コメント (4)

2016年3月23日 (水)

熱海旅行1日目その2(お宮の松、のぼせた話)

食後の散歩中、海沿いの温暖な町で育ったようこ夫は、

海の見える熱海をとても気に入ったようでした。

 

貫一お宮の像(小説『金色夜叉』より)

Img_0652  

実際に像を見てがっかりすることも多い中、

この動き、小顔っぷり、服の質感など

素晴らしいとしか言いようがありません。

あとは小説さえ読めば、この名場面に出合えるわけですね・・・。

 

お宮の松

Img_06622  

 

この後、熱海駅からタクシーワンメーターのところにあるホテルにチェックイン。

早速、露天風呂につかりました。

ここで、熱い湯があまり得意でない私がつい張り切って

じっくりとお湯につかってしまったことを夕食中に後悔することになります。>_<

 

夕食はレストランでのフランス料理でした。

 

シーフードで始まり・・・

Img_0664 

 

スープとサラダののち、サービスのアワビ香草焼き  

Img_0665  

 

野菜もシーフードもとてもおいしいっ。(^o^)

しかし、このあたりから、体の中がホカホカを通り越して

どんどんのぼせた状態になってきます。

 

白身魚のポワレ

Img_0668  

 

ミディアムレアで焼いたステーキ

Img_0669

が止まらなくなり、牛肉の一部をようこ夫に食べてもらうという、

レアな事態になってしまいました。

 

教訓:お風呂は食後に。 少なくとも2時間は空けてから。

    アルコール摂取後は特に注意!

 

水分を補給してほどなくこの状態を脱し、

部屋でテレビをはしごしながら、ゆったりと過ごしました。 

| | コメント (3)

2016年3月22日 (火)

熱海旅行1日目その1(ビール、海の幸)

土日を利用して、ようこ夫と熱海に一泊してきました。

車で行くか、新幹線にするか、ぎりぎりまで(ようこ夫が)悩んだ結果、

新幹線で行くことにしました。

 

福島県いわき市出身のようこ夫にとって、熱海は初めてだそうで、

東京近辺の人にありがちな”身近な熱海”ではなく、

ちょっとした冒険のような気分を味わっているようでした。

 

私自身も、子供の頃に家族旅行で来て以来だと思うので

相当久しぶりになります。

 

東京駅で春柄のビールを調達。

Img_0639  

Img_0641 

昨年、私は新幹線に乗ることができなかったので

とてもうれしいです。

やはり、一年に一回ぐらいは乗りたいものです・・・。

 

こだま号であっという間に到着~。

Img_0643  

 

駅前のコインロッカーに荷物を預けて、駅の周りを散歩。

商店街が想像よりもかなりにぎわっていました。

顔を出して写真を撮る板もありましたよ~。

Img_0644  

 

商店街の中には海鮮のお店も多く、あちこちで人が待っていました。

外のメニューを見て、磯丸さんに並びました。

Img_0647  

 

生ビールで乾杯し、新鮮な魚を味わいましょう。

Img_0650  

Img_0649 

 

魚好きにはとても楽しい旅になりそうです。

| | コメント (2)

2016年3月17日 (木)

皮膚科へ

ぽかぽか陽気の今日、皮膚科に行きました。

 

通常、症状が出てからどのぐらいで診察を受けるものでしょうか?

私は恥ずかしながら、行こう行こうと思い続け、2年近く経ってしまいました。

 

花粉症のようにくしゃみや鼻水の症状が出ると

さすがに私も病院に行かざるを得ませんが、

今回の皮膚については、我慢できなくはない微妙な状況で

しかも空気の乾燥具合などで、症状の出方も日によって・・・でした。

 

そうやってほうっておいたため、診察を受けた時に

「何でもっと早く来なかったのか!!」

と怒られるのではないか、と思うようになり、

ますます行きにくくなりました。

 

そうやって一人で作り上げたモンスターと戦い、

今日、インターネットで見つけた

皮膚科専門のクリニックの戸を叩いたというわけです。

 

受付で問診票に答えて3分ほど待ち、

サバサバした先生のあっさりした診察も3分ほど。

軟膏が処方され、急に気が楽になりました。(^o^)

 

このブログを読んだ皆さまへ・・・。

あきれかえっているとは思いますが、どうか、

「よくやった!(ぷぷっ)」とほめてやってください。

| | コメント (4)

2016年3月13日 (日)

イースターパーティー

ドイツ語教室のイースターパーティーに参加しました。

ビールを飲んでドイツ料理を食べるだけだと思ったら、

卵の殻に絵を描くコーナーがありました。

 

細い油性マジックで描き描き。

黄身と白身を小さな穴から抜いたものが用意されていました。

Img_0632  

卵の模様に目のピントを合わせるため、

近づけたり、遠ざけたりしましたよ~。(^^ゞ

 

パーティーでは毎週会っているドイツ語学習仲間さんや

ドイツ語検定つながりで顔見知りになった方、

初対面の方たちとお話ししました。

 

そして、今回の主目的も達成!

辛抱強く指導してくださった先生方に直接、

試験結果の報告とお礼を言うことができました。

 

海外生活をしていない私がドイツ語を話せるようになったのは

先生方(実は日本語ペラペラ)の根気強い指導のおかげです。(^-^)

 

これで試験関係もようやく一段落といったところです。

さて、4月からはどんな風に成長していくか?

いろいろ考えて進めていきたいと思います。

| | コメント (3)

2016年3月11日 (金)

5年前にはなかった歌

病院や高齢者のデイケアセンターでピアノを弾く時に、

圧倒的に人気の高い曲があります。

 

『花は咲く』

2011年3月11日の大震災の復興を応援するための歌として知られています。

この歌が世に出たのは2012年5月とのことですが、

その定着ぶりが素晴らしいのです。

 

一般の方が歌ったり、

フィギュアスケートの羽生結弦選手が歌に合わせて舞う様子が

放映され続けたことも影響があったのかもしれません。

 

それにしても、この歌が100年経っても残りそうな手応え

ずっと感じていました。

歌詞もメロディーも、大震災に限らず、

弱った心をほどよく励ましてくれる印象があります。

 

さすがに100年後を見届けるのは無理ですが・・・。

ピアノが弾ける間は、ずっと伝えていきたいと思いました。

 

2011年3月11日から5年のこの日に。

| | コメント (2)

2016年3月 8日 (火)

浦島太郎的書類集め

通訳案内士試験に合格して約一か月、

通訳案内士として活動するためには、都道府県に登録しなければなりません。

ただ今、必要な書類を集めているところです。

 

これがもう、隔世の感バリバリでした。

 

まずは履歴書

大手の文房具店に行くと、10種類ぐらいあって一歩引いてしまいました。

履歴書にもいろいろなフォーマットがあるのですね・・・。

新卒向けの希望に満ちあふれた書式から、

プリンターで全部印刷できるものなど、一つ一つ確認していきます。

 

その結果、ノートを愛用しているコクヨさんの物を選びました。

新卒でなくても使いやすい項目が決め手となりました。

Img_06302  

 

続いて、証明写真です。

一生持つものなので、写真スタジオで撮影してもらいました。

昨年末、大枚はたいて買ったスーツ(のジャケット)が

役に立ってよかったよかった。

顔のアラが目立たないよう、白黒を希望したところ、

今はカラーが主流と言われました。

それは知らなかった・・・。

 

そして住民票。

マイナンバーが記載されている住民票は不可」とのことで

窓口でそのように伝えました。

 

住民票自体も久しぶりに見た気がします。

パスポートや運転免許証の更新のタイミングにも、

たまたま条件的に必要なかったようです。

 

さて、写真を受け取れば、ようやく登録へと進めます。

まぁ、合格まで5年もかかったので、ゆっくり味わいながらにしましょう。

| | コメント (0)

2016年3月 4日 (金)

『村上隆の五百羅漢図展』

学生時代の友達と一緒に、六本木ヒルズの森美術館へ。

お目当ては、『村上隆の五百羅漢図展』」です。

 

現代美術家の村上隆氏は1962年生まれだそうで、

現役バリバリのエネルギッシュな勢いを感じました。

 

大きな絵の中には、鮮やかな色合いとユニークな図柄。

おどろおどろしいテーマのはずなのに、

なんだかかわいらしくもある絵ばかりでした。

 

絵そのものも見応えがありますが、

美大生を集めて五百羅漢図を作り上げたプロセスのコーナーは、

村上氏の熱い”ご指示”が書き込まれた資料などが展示され、

とても面白かったです。

 

友達の影響で借りるようになった音声ガイドは、俳優の斎藤工さんです。

絵がものすごく大きく、要素がいろいろ含まれていたこともあり、

解説があると、見落としなくより一層楽しめる気がしました。。

 

---

展覧会だけでなく、友達とのランチやお茶も楽しんだ一日、

新しいこと続きで、ざわざわした心が落ち着きました。(^-^)

| | コメント (4)

« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »