« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »

2015年10月30日 (金)

パレスホテルのランチ

10月下旬、くらげちゃんと季節の豪華ランチに出かけました。

今回の目的地は、皇居すぐそばのパレスホテルです。

2012年6月に行われた、後輩の結婚式に出席して以来となりました。

 

気持ちのよい天気の一日で、東京駅からぶらぶらと歩きました。

 

レストラン”CROWN”の入口の様子です。

奥には、細かいヴェネツィアングラスで形作られたグラスがありました。

Img_0142 

 

日比谷通り方面がよく見える窓際の席に案内されました。

秋が深まるにつれ、木々が紅葉していくそうです。

Img_0152 

 

 

それでは、ごちそう写真をアップします。

珍しいデザートも登場しますので、お楽しみに~☆

 

食前に出る「アミューズ」の前に、手で直接いただきました。

中央のオリーブが大きいっ!

Img_0145 

 

アミューズ

フランス料理らしく、盛り付けも美しいです。

Img_0150 

こちらは、地面から生えているように見えました。

Img_0148 

 

色々な茸のポワレ

タルティーヌ、モワルー 卵黄のラヴィオリ

Img_0153 

秋の空気が感じられる茸料理です。

目玉焼きの白身に見える部分は、ラヴィオリでした。

 

 

続いて、メインの一品です。

 

真鯛好きな私はこちら。

Img_0157 

天然真鯛のロザス仕立て

大根とセロリラブのラヴィオリ アーモンドのロースト

パッションフルーツとマンゴーのマリニエール風

 

バラのように盛りつけられた真鯛をトロピカルなソースでいただきます。

 

くらげちゃんは肉料理を選びました。

Img_0156

フランス産ピジョン胸肉のロースト

腿肉のコンフィとグリュエドカカオ ポテトのフォンダン

ほうれん草のディスク ジュにトンカ豆の香り
 
 

ピジョンとは、ツウな感じがします。

 

 

さて、いよいよデザートです。

(フランス語だとデセール?)

 

ピアノ!?

Img_0162 

くらげちゃんからの提案で、

ランチ+追加料金でこちらのお菓子にしてもらいました。

チョコレートやスポンジケーキなどで作られていて

すべての部分をいただくことができます。

 

事前に写真を見てはいたけれど・・・、

いざ実物を見ると、驚きしかありません。

 

Img_0167 

薄い板チョコでピアノのフタを支えています。

ビターなスポンジケーキや鍵盤(ホワイトチョコレート)もおいしいくてビックリ!

 

知らないと注文できない楽しい一品ですね。(^-^)

 

くらげちゃんはいつも、

場にふさわしい落ち着いた雰囲気を醸し出していて

私も心ゆくまで、食事とおしゃべり、そして季節感を楽しむことができました。

 

ホテルロビーに飾られた秋の花

Img_0171 

そうこうするうちに、がやってきそうです。

 

くらげちゃん、今回もどうもありがとう!

またいろいろなレストランを教えてください。

| | コメント (2)

2015年10月27日 (火)

第48回 遊史郎の落&P

10月17日(土)、高円寺Grainにて”第48回遊史郎の落&P”を開催いたしました。

いつも楽しみにしてくださっている皆様、ご報告が遅くなり申し訳ありません。

 

今回はお客様が全員リピーターという、レアな会となりました。

数十回も通ってくださった方もいらして、会を続けた甲斐があります。

 

会の流れはいつもと同様二部制で、

私のピアノ演奏と三遊亭遊史郎師匠の落語二席です。

 

最初はピアノで秋の音楽を演奏しました。

続いて、フランスの香りのする曲、そして落語とのコラボ曲へと移ります。

 

落語一席目は、『四段目』という楽しい噺です。

仕事をさぼって歌舞伎を観に行ったおしおきとして

職場のメンバーで歌舞伎を観に行く際に留守番させられる主人公。

主人公は、閉じ込められた部屋で、歌舞伎の名場面を

その辺にある道具で自演します。

 

その仕草やしゃべり方が面白くて、笑える噺でした。(^o^)

 

落語の前に演奏したのは、オペラ「カルメン」より、「序曲」。

もし、イタリアで同じようなおしおきがあったら、

オペラのシーンを自演するはずだ~という流れです。

 

後半は、ラフマニノフの「ラプソディ」という

秋にぴったりの静かな音楽で始まりました。

 

こういう雰囲気の曲の後は、笑える選曲になっているのが常で・・・。 

落語二席目『抜け雀』にちなんで、「すずめどれ~」

雀にまつわる曲を説明をはさみながら、3曲弾きました。

 

落語『抜け雀』は、絵師が登場する心温まる噺です。

屏風に描かれた雀の絵を想像しながら聴くのもまたいいものですねぇ。

 

終演後は、遊史郎師匠と私も加わってお客様と和やかな語らいを。

ご参加の皆様、ありがとうございました。

次回は12月19日(土)開催を予定しております。

| | コメント (0)

2015年10月26日 (月)

『Best Hit Alfee Autumn 2015』(2015.10.25 東京国際フォーラム)

今年の秋は、例年にも増してコンサートづいています。

10月25日(日)は、東京国際フォーラムで行われた

THE ALFEEの秋ツアーに参加しました。

今回は、いつものコンサート仲間2人と一緒です。

 

他の会場でのコンサートのSET LISTを見るかどうか直前まで迷い、

結局何も見ないで出かけることにしました。

ツアーはしばらく続きますので、このブログに演奏曲は書かないようにしますが

最後にMCのネタバレが含まれますのでご注意ください。

 

聞くところによると、41年目を迎えたTHE ALFEEの楽曲は

320曲ほどもあるそうで、もはやどの曲が演奏されるかを当てるのは困難です。

始まったら流れに乗って楽しむことにしましょう。

 

いつものように、THE ALFEEが登場すると、数曲たたみかけるように歌います。

全員還暦を迎えているというのに、すごいパワーです。

ビートも効いているし、エレキギターの音が鳴るのに、

なぜだろう、この安心感・・・。

 

桜井さんの声が勿体ないぐらい冴えわたり、

坂崎さんのギターで奏でられる複雑なメロディーを楽しみました。

高見沢さんは、鳥のようにも見える派手な衣装などで登場し、

相変わらずの美しさ。

 

今回のコンサートでは、いつも以上に

「おっ、そうきたか!」という意表をついた選曲が多かったように思います。

 

また、

「歌はほぼ知っているが、タイトルを忘れた」

「タイトルは知っているが、歌詞はあまりよく知らない」

というように、頭の中は

アンケートの選択肢のような状況になってしまいました。(^^ゞ

 

重厚な音楽にゆるーいコント、

12月23日に発売されるニューアルバムのタイトルについての発表、

そして今回も、ためになる高見沢さんのMCがありました。

(ネタバレ)

 

 

 

 

 

「続けるためには努力情熱が必要」

 

さすが、41年目のTHE ALFEEの言葉には重みがあります。

”続けること”の内訳が何か分からなくなっていた私には、ありがたい言葉でした。

 

THE ALFEE以外の私の活動でも、辛いなーやめたいなーと思ったとしても、

努力と情熱で続けていくことにします。

 

今夜もパワーをありがとうございました。(^-^)

| | コメント (0)

2015年10月24日 (土)

イッチーノ

今年も長い旅行記にお付き合いありがとうございました。

旅行後は、仕事やピアノ、ドイツ語教室、骨盤運動のクラスなど

いつもの生活に戻っています。

 

また、旅行記連載中に

コンサートやミュージカル、ランチなどにも行きましたので

遅ればせながら、徐々に感想などもアップしていく予定です。

今後ともブログにお付き合いのほど、よろしくお願いいたします。
 

こちらは、10月10日に池袋で出会ったいちばの妖精 イッチーノ

Icchino2 

東京都中央卸売市場のキャラクターとして

ゆるキャラグランプリにも出場しています。

| | コメント (0)

2015年10月22日 (木)

セブの旅 ★目次★

セブの旅の目次を作りました。どうぞご利用ください。

(目次にコメント欄はありませんが、日記へのコメントは大歓迎です☆)

 

1日目その1(出発)

1日目その2(魚料理)

 

2日目その1(ボホール島へ) ☆セブ島とボホール島の地図が出ています☆

2日目その2(記念碑)

2日目その3(バクラヨン教会)

2日目その4(ボホール島の屋形船)

2日目その5(メガネザルの森)

2日目その6(チョコレートヒルズ)

2日目その7(特注カクテル)

 

3日目その1(市内観光)

3日目その2(マゼラン・クロス、サント・ニーニョ教会)

3 日目その3(カルボン・マーケット)

3日目その4(サンペドロ要塞)

3日目その5(コーヒーネーム)

3日目その6(I like music.)

 

4日目その1(ジェリーフィッシュ)

4日目その2(スペイン料理)

 

5日目(セブ-マクタン国際空港)

|

セブの旅5日目(セブ-マクタン国際空港)

セブの旅も、ついに最終日となりました。

 

しかし、寂しがっている場合ではありません。

午前8時台のチャーター便に乗るため、

ホテルを出発するのは午前4時40分!

乗り遅れたら大変なので、緊張感をもって起床しました。

 

空港に着くと、早朝でもお店が開いていて買い物をすることができます。

フィリピンの通貨ペソを使い切るために、チョコレートなどを買ったところ、

なんとなーく表示金額よりも支払額が高いような気がします。

 

若い店員さんに、DUTY FREEかどうかを聞いてみたら、

「???」

私が子供の頃は免税店にDUTY FREEと書いてあったはずだが・・・。

 

再度、no taxかどうか尋ねると、免税ではない、とのこと。

改めてレシートを見ると、VAT(付加価値税)として12%が加算されていました。

つまり、表示金額は税抜き価格だったようです。

 

まぁ、そういった制度の差異もまた、海外旅行ならではです。

 

こちらは、セブ-マクタン国際空港で支払った空港使用料(一人分)の領収書です。

526.79ペソに対しするVATとして63.21ペソが課税されています。

(2015年9月現在)

Img_01772 

 

空港の搭乗口には、ほぼ同時刻に出発する

成田行きの定期便とチャーター便を待つ日本人で混み合っていました。

 

NARITAという文字を見るとほっとします。

フライト時間は約4時間半。

Img_0115 

 

セブ島は日本から近い割に、スペインとアメリカの雰囲気が残っていて

もっと遠くに出かけたような気がしました。

 

明るい日射し、緑の濃い植物、陽気な人々、

ボホール島の珍しい動物 メガネザル

マゼランに始まったキリスト教文化、

おいしいシーフード、心安らぐギターの生演奏

日本語の上手なガイドさんたち・・・。

 

短い日数ではありましたが、多くのことを感じとることができました。

旅行記を通して、私が体験したことが少しでも伝わっていたらうれしいです。

全18回、一緒に旅してくださってありがとうございました。(^-^)

 

| | コメント (2)

2015年10月21日 (水)

セブの旅4日目その2(スペイン料理)

ビーチサンダルとジェリーフィッシュと格闘ののち、

スパへ行き、ようこ夫とともにヒロット(フィリピン式トリートメント)を受けました。

珍しくすんなりと事が運び、いよいよ夕食です。

 

実はセブ島に到着した初日に、右も左も分からない状態で

日本語ガイドと送迎付きの”夕食オプショナルツアー”を衝動的に申し込みました。

 

後から思うと、フィリピンは英語が使われている国でもあり、

ホテルからタクシーに乗ってレストランで注文できる程度には

旅慣れているつもりだったので、

何でツアーに申し込んだのだろう?という感じなのですが・・・。

まぁ、何事も経験です。

 

待ち合わせ時間にワゴン車とフィリピン人の美人ガイドさんがホテルに到着。

私たち2人だけを乗せて、出発しました。

 

行き先は、ガイドブックにも出ている

日本人も安心して利用できるスペイン料理レストランです。

 

じゃがいもがミルフィーユ風に重なっていました。

Img_01052 

コース料理がどんどん出てきて、ワインも楽しみました。

 

しかし、名物のパエリアの辺りでお腹がいっぱいになってしまい、

どうにもこうにも完食できる気がせず、

せめて具だけでも・・・と、エビやゆで卵などをいただきました。

Img_01102
 

せっかくの料理を残してしまったことにがっくりきて、

ワゴン車に戻ります。

 

ふと、ドイツ語ガイドの勉強をしている私にとって

フィリピン人の日本語ガイドさんに質問する

よいチャンスということに気づきました。

 

前日まで日本を旅していたというガイドさんは、日本語もペラペラ。

セブの大学と大学院で日本語を専攻したそうです。

 

日本人が短期でフィリピンを訪問する場合はビザ(査証)不要ですが、

フィリピン国籍の方が日本に入国するためには、

短期であってもビザが必要であること。

 

日本のどこを旅したか、

どんな宿に泊まったか、

どんなお土産を買ったのか等、

ついつい、いろいろなことを聞いてしまいました。

 

ガイドさんからも日本を旅した時の写真を見せてもらって

「この料理はなんですか?」

と逆に質問されたりも・・・。

鍋の形と具の様子から、北海道名物のジンギスカンだろうと答えました。

 

本当に短い時間でしたが、お話しできてよかったです。

 

---

今回の旅では、数名の日本語ガイドさんとご一緒する機会がありました。

皆さん、日本のことが大好きで(特に食事)、詳しすぎる説明をせず、

旅を楽しくしようとするプロフェッショナルであると感じました。

 

ガイドの皆さん、ありがとうございました!

上手な日本語でこれからも日本人を楽しませてください。

 

次は、最終回 セブ-マクタン国際空港 の巻。

| | コメント (0)

2015年10月20日 (火)

セブの旅4日目その1(ジェリーフィッシュ)

セブの旅4日目となりました。

5日目の早朝便で成田に戻るため、丸一日使えるのはこの日が最後です。

 

4日目は、私たちにしてはのんびりめに、

ホテルの海で遊び、スパでマッサージをしてもらい、

ガイド送迎付きのスペイン料理の夕食で締めくくる予定です。

 

ホテルの入口

Img_00932

 

緑の濃い庭

Img_00762 

 

大きいチェス

Img_0079 

 

海辺では、椅子に座ってくつろげます。

Img_0080 

 

私たちの計画は、干潮時に海を歩いて

向こうに見える白い砂浜まで行くことです。

Img_0092_2 
 

HIGH TIDEとLOW TIDEの時刻の案内板

Img_0051_2 

 

素足では足が傷つくことがあるため、履き物が必須とのこと。

また、クラゲ(jellyfish)にも気を付けるようにという注意書きもありました。

私はホテル備え付けのビーチサンダルを履いて出発!

 

水深はひざ下ぐらいだったので、問題はないのですが

海底に海藻が生えていると、ビーチサンダルが絡まります。

無理やり進むと、今度は水圧でビーチサンダルが上に持ち上がりません。>_<

 

2度ほど、ビーチサンダルが脱げて

私もバランスを崩して転倒してしまいました。

幸い、ビーチサンダルは浮くので無事に回収することができます。

 

しかし3度目。

とうとう海藻が、右足のビーチサンダルを厳重に捕獲してしまったようです。

少し待っても浮いてこず、あきらめてゆっくりと海辺に戻りました。

 

でもなーー、ビーチサンダルがかわいそうだなーー。

・・・と思い、もう一度、右足だけ素足で海に入りました。

 

私の動きを心配したホテルのスタッフが声をかけてきます。

こういう時の私の英語は冴えわたるのです。

「レフト、オーケー!ライト、イン ザ スィーウィード(in the seaweed)!」

 

ビーチサンダルを失った辺りを指し示すと

ホテルのスタッフがビーチサンダルの存在を発見してくれました。

 

私は慎重に歩き、ビーチサンダルと再会し、

また紛失するのもどうかと思い、

浮輪代わりに両手にビーチサンダルを持ち、浅い海を泳ぎました。

ううむ、泳ぐ方がはるかにラクだったとは・・・。

 

さぁて、無事に海辺に戻ると、右足にチクッとした痛みがあります。

何かに刺された跡がついていたので、

あわててホテルの救護コーナーまで走ります。

「ジェリーフィッシュ?ジェリーフィッシュ?」

 

救護係のスタッフも慣れたもので、丁寧に消毒薬を塗ると、

「アシタ、ノーペイン(no pain)」

とのお墨付きにほっと一安心。(^-^)

 

この言葉の通り、その後は痛みが出ることもありませんでした。

結局、海の向こうの白い砂浜にたどり着くことはできず・・・。

まぁ、私には海歩きのセンスがないことは確かなようです。

 

これにて海辺から離れ、旅の終わりに向けてまとめていきます。

 

次は、スペイン料理 の巻。

| | コメント (2)

2015年10月19日 (月)

セブの旅3日目その6(I like music.)

市内観光のツアーからホテルに戻り、

夕食はホテルのレストランで摂ることにしました。

レストランも何種類かあり、この日はイタリアン。(^-^)

 

レストランに入ると、生バンドの演奏中でした。

Img_00672 

演奏される曲がどれも私の好みに合い、

イタリア料理ととともに楽しく聴いていました。

 

窯焼きピッツァ

Img_00632 

 

お店の方たちも、私たちが多少英語を話すので

フレンドリーに話しかけてきてくれます。

(ドイツ語とごちゃごちゃになっていた私の英語も旅行中に整ってきました)

 

その会話の中で、

「I like music.」

と言ったところ、

「よかったら、バンドの方にリクエストをしませんか?」(←英語です)

と、小さな裏紙を持ってきてくれました。

 

リクエスト、リクエスト♪

食事に合う雰囲気で、このバンドのレパートリーにありそうで・・・と

いろいろ考えると、結構難しいのです。

 

しかも、日本語で書くわけにはいかないので

元のタイトルを思い出さなければなりません。

結局、あやふやな綴りで書いた、タンゴの名曲『ラ・クンパルシータ』

ビートルズの『LET IT BE』ともう一曲をリクエスト。

 

採用されるかどうか、ドキドキして待っていると

『ラ・クンパルシータ』と『LET IT BE』が演奏されました。

 

『ラ・クンパルシータ』は、

これでいいのかな?と首をひねりながら演奏していました。

『LET IT BE』は、奥の方のギタリストが美声で聴かせてくれました。

近くに座っていた日本人ご夫婦が、私以上に感激していたのも印象的でした。

 

いやーーー、リクエストした曲を演奏してもらえる喜びを

フィリピンで体験できるとは!

 

帰国後、『ラ・クンパルシータ』(スペイン語)の綴りをこわごわと調べたところ、

"La Cumparsita"となっており、私が書いたものとは別物でした。

なるほど、首をひねった訳が分かりました・・・。

 

音楽って素晴らしいですね。

しかし、いつかまたフィリピンに行く際には、

好きな曲の英語かスペイン語の正確なタイトルを

事前に調べておこうと思います。

 

次は、ジェリーフィッシュ の巻。

| | コメント (0)

2015年10月15日 (木)

セブの旅3日目その5(コーヒーネーム)

セブ市内観光最後の目的地は、大きなデパートです。

入口で荷物チェックを受けると、広い館内を自由に周ることができます。

 

地下の食品コーナーでドライマンゴーなどを買い、

スタバやタリーズに似ているコーヒーショップで休憩しました。

 

実はここまで、通貨の話をしていませんでしたが

フィリピンでは、ペソという通貨が使われています。

2015年9月に成田空港で両替した時のレートは、1ペソ=約3円。

 

セブ島の物価は、例えば水やビールも店によりけりで

日本よりも高くない、といったところでしょうか。

 

このコーヒーショップでの詳細な値段は記憶していないのですが

日本並みか、少し安いぐらいだったと思います。

 

むしろ、記憶に残っているのはコーヒーネームのことです。

 

外国のお店のレジでコーヒーを注文すると、

出来上がり品を渡す際に間違いのないよう、

名前を聞かれることがあります。

 

・・・というのをすっかり忘れて、英語で注文したら、

目のくりっとした可愛らしい店員さんに

わわわわーーーっとまくしたてられました。

 

ありゃーー、注文が通じなかったか?と思って

もう一度、同じことを繰り返したところ、

「あ、分かった!あなたはユリね!」(←もちろん英語です)

という反応。

 

私の注文の中に、”ユリ”という音が入っていた心当たりもないけれど

訂正するほどのこともないので同意しました。(^^ゞ

 

席で待つように指示され(これは聞き取れた)、

少しすると、大きな目でこちらを見ながら

「ユリーーー!」

と呼ばれました。

 

なんだかもう、偽名を使ったみたいで内心ヒヤヒヤでした。

 

ユリさん。

日本語では百合、ドイツ語ではJuli(7月)、

外国でも通じやすそうな名前ですね。

 

しかしこの後、別のコーヒーショップに行った時には

「ヨウコ!」

と答えた小心者です。

 

市内観光を楽しく案内してくださったガイドさんとは

このデパートでお別れです。

ガイドさん不在のバスに乗って、無事にホテルに戻りました。

 

次は、I like music. の巻。

| | コメント (2)

2015年10月13日 (火)

セブの旅3日目その4(サンペドロ要塞)

市内観光ツアーの次の目的地は、サンペドロ要塞です。

 

ものものしい建物を想像していたら、和み系の看板がありました。

Img_00262_2 

 

要塞の入口

Img_00042_2 

 

2015年のAPECは、フィリピンの島々で開催されています。

Img_0005

 

この要塞は、スペイン統治時代に海の近くに造られました。

今は市民憩いの場として、穏やかな空気が流れていました。

Img_00072 

Img_00102 

 

をゆっくり見ることができました。

色が濃いですねぇ。

Img_00162 

Img_00182 

 

盆栽発見! 

Img_00212 

 

にゃんこ under the BONSAI

Img_00232 

 

街の中なのに、のどかな気分になったところで昼食です。

フィリピン料理のお店に案内され、ギターの生演奏を聞きながら、

日本人の口にも合う食事を楽しみました。

 

次は、コーヒーネーム の巻。

| | コメント (0)

2015年10月12日 (月)

セブの旅3日目その3(カルボン・マーケット)

教会にて、マゼラン上陸の空気を感じた後は、活気のある市場見学です。

 

市場見学=値切り交渉 といえば私の苦手な分野なので

あまり乗り気ではありませんでした。

しかし、”バスの車窓から見学”というありがたい方法であることが分かり、

にわかにモチベーションアップ↑↑

 

carbonが語源の市場、もともとは木炭を売っていたそうです。

Img_98812 

 

大きな観光バスが市場の狭い通りに入って行きます。

運転も市場の人々も大変です・・・。

 

ゆっくり走るとはいえ、停車するわけではないので

乗客はシャッターを押しまくり、偶然に期待することになりました。

人々のカラフルな服もお楽しみください。

 

ざるショップ

Img_9883 

 

お米屋さんが2軒並んでいるように見えます。

Img_98942 

 

セブ島では、オムレツなどで卵もよく食べました。

Img_98962 

 

ナス専門店?

Img_98982 

 

八百屋さん 

Img_99002 

 

マンゴーとバナナのお店

Img_00022 

マンゴーはフィリピンの名産!

但し、生では日本に持ち込めないため、

ガイドさんにはドライマンゴーを勧められました。

フィリピンのバナナは日本でもよく見かけますね。

 

値切らなくてもいいのなら、こういう市場の近くに住みたいものです。

 

それにしても、バスで通った時に人が多いなぁと思いました。

フィリピンの人口は2010年に9234万人とされていましたが、

現在は一億人を突破していると推計されています。

 

次は、サンペドロ要塞 の巻。

| | コメント (2)

2015年10月11日 (日)

セブの旅3日目その2(マゼラン・クロス、サント・ニーニョ教会)

日本語ガイドさんによる市内観光ツアーは、

セブ島が誇る”マゼラン上陸”にまつわる場所へと移ります。

 

まずは、マゼラン・クロス

日本では「マゼラン」と発音しますが、

ガイドさんは、"magellan"=「マジェラン」と言っていました。

Img_9848 

・・・の外観は青いシート。工事中のようです。

 

Img_9851 

大きな十字架がありました。

この中にマゼランが建てたと言われている本物の十字架が収容されています。

本物をむき出しにしておくと、

ご利益を求めて削る人が後を絶たなかったそうで・・・。

黄色い浮遊物の正体は後ほど。

  

1521年ですから、1549(以後よく)広まるキリスト教の日本よりも早いですね。

Img_98522_2 

 

天井のフレスコ画に、洗礼の様子が描いてありました。

Img_9855 

 

近くの広場では、風船販売中。

マゼラン・クロスに浮かんでいた黄色い風船もありました。

市内観光ツアーに参加していた小学生たちも

ここで風船を買って、バスに持ち込んでいました。(意外と大きい)

Img_98562_3

 

すぐ近くのサント・ニーニョ教会

フィリピン最古の歴史ある教会です。

Img_9874 

ここにもブルーシートが使われていますねぇ。

 

ミサの最中ではないため、内部の撮影も許可されました。

Img_9859_2 

 

マゼランへの敬意も伝わってくるステンドグラス、"Arrival of Magellan"

Img_9864 

 

庭にはトロピカルな花が咲いていました。

Img_98722 

 

ここがフィリピンであることを忘れそうな雰囲気です。

Img_98672_2 

Img_98682 

 

教会前の広場にて。

スペインとアジアの混ざった感じが伝わるでしょうか。

Img_98752 

 

次は、カルボン・マーケット の巻。

| | コメント (0)

2015年10月 8日 (木)

セブの旅3日目その1(市内観光)

旅行3日目は、セブ市内観光のオプショナルツアーに参加しました。

大型バスに40人は乗っていたでしょうか。

日本語ペラペラなフィリピン人ガイドさんが一緒です。

 

1521年、マゼランの上陸から始まったスペインの香りあふれる街、セブ。

マゼラン・クロス、サント・ニーニョ教会、

カルボン・マーケット、サンペドロ要塞、

フィリピン料理のランチ、デパートでショッピングという

朝から夕方近くまでかかるコースです。

 

セブ島の公共交通機関といえば、ジプニー

Img_00432 

観光客が乗りこなすのは少々難しそうです。

混んでいる時には、後ろの出っぱりに足をのせ、

車の外の手すりにつかまって颯爽と街中を走るのを実際に見ました!

 

では、マゼラン・クロスまでセブの車窓からの景色をお楽しみください。

 

まずはホテルのあるマクタン島とセブ島を結ぶです。

日本のODAによって作られたそうです。施工は鹿島建設。

車内にシャッター音が響き渡りました。

Img_9836 

 

おなじみのケンタッキーおじさん。

Img_9840 

 

よく見ると日本語も書いてあります。

Img_9841
 

フィリピンで大人気のチェーンレストラン、ジョリビー

至るところで見かけました。

ゆるキャラ(R)コンテストにも出られそうなかわいいミツバチが目印です。

Img_9844 

 

セブンイレブンもあります。

Img_9846 

 

トヨタの看板が見えると、再び車内にシャッター音が響き渡りました。

セブ島では日本車の人気が高いそうで、ISUZUなども走っていました。

Img_9847 

 

通りすぎる一瞬で撮影した写真ばかりですが

日本でもおなじみの企業が旅先にもあると、ほっとします。

 

次は、マゼラン・クロスとサント・ニーニョ教会 の巻。

| | コメント (0)

2015年10月 5日 (月)

セブの旅2日目その7(特注カクテル)

ボホール島からセブ島に戻り、ホテルに着いたら22時です。

部屋に戻るとますます遅くなるので、ホテルのレストランへ直行~~。≡3

 

まずは、ラストオーダーの時間を聞きましょう。

苦労して英作文した結果、"24 hours"という情報を得ました。

よしっ、閉店を気にせず注文できるぞ~とばかりに

ビールはもちろんのこと、サラダや野菜炒めなどを頼みました。

 

フィリピンにも長ネギがあるようです。

慣れ親しんだ薬味が入っていると食欲がわきます。

Img_9825 

 

エビ、ナス、オクラ、インゲン、ゴーヤ、カボチャ、タマネギなど。

かぼちゃがやわらかくて甘く、おいしくいただきました。

Img_9826 

 

フィリピンにおけるインドネシア料理、ナシゴレン

おいしさ安定の焼き飯です。

Img_9828 

 

ここで、ようこ夫が

ジャックダニエル(ウィスキー)のハイボールを頼みたいと言い出しました。

外国語を話したがりな私、喜んでその注文を引き受けましたとも。

 

「Jack Daniel with soda

と言うと、愛想のよい店員さんはにこやかにバーコーナーへ行き、

どこかで見たことのある、色の濃い飲み物を持ってきました。

 

どうやら、メニューにはない

「Jack Daniel with Cola

が用意されたようです。

 

結果的に特注カクテルになりましたが、これがなかなかおいしいのです。

 

この日以来、ようこ夫と食事のたびに

海外で日本のハイボールを飲むには何と言えばよかったのか?

という話になります。

 

Jack Daniel with ペリエ  (炭酸入りの高価なミネラルウォーター)

Jack Daniel with H2CO3  (化学式)

 

今後、海外に行くことがあれば、ハイボールに再挑戦するか、

水割りやロックにするか、迷うところです。

 

次は、市内観光 の巻。

| | コメント (2)

2015年10月 4日 (日)

セブの旅2日目その6(チョコレートヒルズ)

メガネザルの森から、観光バスはひた走り、

最後の見学となるチョコレートヒルズへ。

 

息を切らしながら214段の階段をのぼり、展望台からヒルズを眺めました。

Img_9811 

 

パノラマ風に。 
Img_98192

 

HERSHEY'Sのチョコレートのような形

Img_9817_3 

今は雨が降るため、丘は緑色をしていますが、

乾季に入ると丘の木々が茶色くなり、チョコレートのように見えるそうです。
 

ガイドさんの説明によると、このチョコレートヒルズという名前は

スペイン統治時代にカルメン山と呼ばれていたとのこと。

しかし、その後、50年に及ぶアメリカ統治時代になり、

アメリカ人がこの景色を見て

「チョコレートヒルズ」

と言ったのを採用したのだそうです。

たしかに、ちょっと人目を引く名前ですね。

 

展望台の階段。緑豊かなエリアでした。 

Img_98222 

 

いろいろハプニングもあったけれど、

スペインの雰囲気とのんびりした空気に包まれたボホール島観光でした。

あとは、18時半発のセブ島への船に間に合うよう、港に戻るのみ。

 

観光バスに乗って出発を待っていると、ガイドさんが登場。

「みなさん、バスをチェンジします。このバスのタイヤがちょっとぐにゃっと・・・」

 

一同、大あわてで荷物を持って代替バスに移動しました。

 

そして、日本でも見慣れた山道を走ること1時間半。

18時25分に港に到着しました。

 

ガイドさんが、バスの中で一組ずつ名前を呼びながら

帰りのチケットを配ります。

あまりせっかちではない私も、だんだん冷や汗をかいてきました。

 

船が出てしまったら、ボホール島に残らなければならない???

いやいやいや、ここは地元のプロにお任せしよう。

大丈夫、うん、大丈夫。

 

ようやく港の待合室に移動すると、大勢の人々が船の到着を待っていました。

そもそもセブ島行きの船が、まだボホール島に来ていなかったようです。

「これがフィリピンなのよー」と、他のツアーの日本語ガイドさんが

笑って教えてくれました。

 

やきもきしましたが、乗船して2時間後、無事にセブ島に戻りました。

ふぅーー。

 

一日がかりのツアーの中、ガイドさんからいろいろな説明を聴きました。

一番心に残った言葉は

「ボホール島に来てくれてありがとう」

です。

 

私もドイツ語でのガイドを勉強していますので

遠い国から来てくれたお客様に

心からこの言葉が言えるようになれたら、と思いました。

 

次は、特注カクテル の巻。

| | コメント (2)

2015年10月 2日 (金)

セブの旅2日目その5(メガネザルの森)

お昼の食事を終え、再び観光バスでメガネザルの森へ出発です。

・・・と思ったら、人数が2人足りない???

 

どうやら、あの”屋形船の乗り間違い”に気づかなかった方が

誤った船に乗ったままで、30分ほど遅れて戻るようです。

ついつい、日本人らしくバスの中で静かに待ってしまいました。(^^ゞ

ちなみに、飛行機も船もバスも、空調がよく効いて上着必須でした。

 

ようやくメガネザルの森に到着。

ここにいるメガネザルの本当の名前は、ターシャといいます。

Img_98062 

 

に入る前に、フラッシュ撮影禁止、大声禁止という説明がありました。

Img_9798 

 

ターシャはとても小さくて、ちょうど大人の握りこぶしぐらいの大きさです。

宝探しのように木の中をのぞきこみ、係員の監視の下、

ターシャにカメラを向けます。

Img_9792 

Img_9795 

 

ぼやけていますが、拡大写真です。

夜行性なので眠っています。

Img_97922 

Img_97932_2 

 

☆写真を追加しました☆

ようこ夫が撮影したターシャ。ぐっすり眠っているように見えます。

Meganezaru2_2

 

家族旅行の小学生たちは、この森を気に入ったようです。

Img_98012 

森らしい一枚

Img_9802

 

オブジェ

Img_98052 

 

さて、ボホール島とのお別れの時間が近づいてきました。

次は最後の見学、チョコレートヒルズです。

| | コメント (0)

« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »