« セブの旅4日目その2(スペイン料理) | トップページ | セブの旅 ★目次★ »

2015年10月22日 (木)

セブの旅5日目(セブ-マクタン国際空港)

セブの旅も、ついに最終日となりました。

 

しかし、寂しがっている場合ではありません。

午前8時台のチャーター便に乗るため、

ホテルを出発するのは午前4時40分!

乗り遅れたら大変なので、緊張感をもって起床しました。

 

空港に着くと、早朝でもお店が開いていて買い物をすることができます。

フィリピンの通貨ペソを使い切るために、チョコレートなどを買ったところ、

なんとなーく表示金額よりも支払額が高いような気がします。

 

若い店員さんに、DUTY FREEかどうかを聞いてみたら、

「???」

私が子供の頃は免税店にDUTY FREEと書いてあったはずだが・・・。

 

再度、no taxかどうか尋ねると、免税ではない、とのこと。

改めてレシートを見ると、VAT(付加価値税)として12%が加算されていました。

つまり、表示金額は税抜き価格だったようです。

 

まぁ、そういった制度の差異もまた、海外旅行ならではです。

 

こちらは、セブ-マクタン国際空港で支払った空港使用料(一人分)の領収書です。

526.79ペソに対しするVATとして63.21ペソが課税されています。

(2015年9月現在)

Img_01772 

 

空港の搭乗口には、ほぼ同時刻に出発する

成田行きの定期便とチャーター便を待つ日本人で混み合っていました。

 

NARITAという文字を見るとほっとします。

フライト時間は約4時間半。

Img_0115 

 

セブ島は日本から近い割に、スペインとアメリカの雰囲気が残っていて

もっと遠くに出かけたような気がしました。

 

明るい日射し、緑の濃い植物、陽気な人々、

ボホール島の珍しい動物 メガネザル

マゼランに始まったキリスト教文化、

おいしいシーフード、心安らぐギターの生演奏

日本語の上手なガイドさんたち・・・。

 

短い日数ではありましたが、多くのことを感じとることができました。

旅行記を通して、私が体験したことが少しでも伝わっていたらうれしいです。

全18回、一緒に旅してくださってありがとうございました。(^-^)

 

|

« セブの旅4日目その2(スペイン料理) | トップページ | セブの旅 ★目次★ »

コメント

今ごろでなんですが、とてもおもしろかったです。

mynimo.com(3日目その1参照)で適当に仕事を探してみたら
Davao Cityでもプログラマの仕事はあるようですね。

それはそれとして日本に入国するときほっとする
というのもありますが、一抹の寂しさも感じます。

投稿: けいいち | 2015年11月23日 (月) 16:54

>けいいちくん
こちらこそ、コメントへのお返事が遅くなっております。
旅行記を読んでくれてどうもありがとう!

mynimo.com・・・何だろうと思って探したら、
なるほど、ジプニーの広告でしたか(笑)

セブ島内にはテクノロジー大学があり、
ホテルにはIT担当の超賢そうなスタッフもいました。
日本のメーカーの工場も多いそうで
プログラマが必要な場面も多いのかもしれませんね。

出国の際は、たしかに「あーこれで終わりかー」という寂しさもあります。
寂しいぐらいがちょうどよいのかなぁとも思うけれど・・・。

投稿: ようこ | 2015年11月27日 (金) 13:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« セブの旅4日目その2(スペイン料理) | トップページ | セブの旅 ★目次★ »