« セブの旅3日目その2(マゼラン・クロス、サント・ニーニョ教会) | トップページ | セブの旅3日目その4(サンペドロ要塞) »

2015年10月12日 (月)

セブの旅3日目その3(カルボン・マーケット)

教会にて、マゼラン上陸の空気を感じた後は、活気のある市場見学です。

 

市場見学=値切り交渉 といえば私の苦手な分野なので

あまり乗り気ではありませんでした。

しかし、”バスの車窓から見学”というありがたい方法であることが分かり、

にわかにモチベーションアップ↑↑

 

carbonが語源の市場、もともとは木炭を売っていたそうです。

Img_98812 

 

大きな観光バスが市場の狭い通りに入って行きます。

運転も市場の人々も大変です・・・。

 

ゆっくり走るとはいえ、停車するわけではないので

乗客はシャッターを押しまくり、偶然に期待することになりました。

人々のカラフルな服もお楽しみください。

 

ざるショップ

Img_9883 

 

お米屋さんが2軒並んでいるように見えます。

Img_98942 

 

セブ島では、オムレツなどで卵もよく食べました。

Img_98962 

 

ナス専門店?

Img_98982 

 

八百屋さん 

Img_99002 

 

マンゴーとバナナのお店

Img_00022 

マンゴーはフィリピンの名産!

但し、生では日本に持ち込めないため、

ガイドさんにはドライマンゴーを勧められました。

フィリピンのバナナは日本でもよく見かけますね。

 

値切らなくてもいいのなら、こういう市場の近くに住みたいものです。

 

それにしても、バスで通った時に人が多いなぁと思いました。

フィリピンの人口は2010年に9234万人とされていましたが、

現在は一億人を突破していると推計されています。

 

次は、サンペドロ要塞 の巻。

|

« セブの旅3日目その2(マゼラン・クロス、サント・ニーニョ教会) | トップページ | セブの旅3日目その4(サンペドロ要塞) »

コメント

フィリピンと言えばバナナやマンゴーが美味しいですよねbanana

バナナは現在では手軽に食べられますが、親から聞いた話では昔は現在の
マスクメロンのような存在だったそうです。
父が子供の頃にバナナ食べながら歩いていたら羨ましがられたとかsweat01
昭和初期の頃の話ですcoldsweats01

マンゴーは私も大好きですdelicious
ようこさんはこれらも現地で沢山召し上がりましたか?

ワタクシはハワイのラナイ島に行った時、この島はパイナップルの生産が
盛んなので現地で沢山パイナップルを食べてきました🍍

ドライマンゴーも好きです。
日持ちするしお土産には最適ですねgood
その土地の美味しいものを味わうのも旅の楽しみだと思いますnote

投稿: くらげちゃん | 2015年10月14日 (水) 01:24

>くらげちゃん
フルーツのおいしい国は、朝食バイキングも楽しみになりますbanana
私はパイナップルとバナナをたくさん食べました。
パイナップルも筋がなくて、フレッシュでおいしかったです!

昭和初期の頃、バナナは高級品だったのですね。
輸入品shipだったでしょうし、なるほどflairと思いました。

くらげちゃんはドライマンゴーもお好きですか!
生のフルーツを持ち帰れない人にとってありがたい製品です。
市内観光で寄ったデパートのドライマンゴー売場は日本人だらけでした(笑)

投稿: ようこ | 2015年10月15日 (木) 17:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« セブの旅3日目その2(マゼラン・クロス、サント・ニーニョ教会) | トップページ | セブの旅3日目その4(サンペドロ要塞) »