« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »

2015年9月29日 (火)

セブの旅2日目その4(ボホール島の屋形船)

観光バスは海から離れ、川下りの船着き場に向かいます。

ボホール島には、食事のできる屋形船のようなものがあるそうです。

 

椅子席のある屋根付きの船がいくつも並んでいます。

Img_9763_4 

 

ツアー客一同、なんとなーく日本人が多い船に乗り込んで

フィリピン料理をお皿に取ります。

Img_9766_2 

・・・とその時、

「この船じゃないっ」

という声がしました。(と、ようこ夫が言っていた)

 

無念の思いでお皿を置き、

ガイドさんの名前を叫びながら正しい船を探すハメに!

 

気を取り直し、乗るべき船でクルーズスタート。

この時期は雨が多いため、水が緑色に見えますが

乾季になると、川の水は青くなるのだそうです。

Img_9769 

 

ギターの生演奏付きというぜいたくさに驚きました。

食事のおともに、明るい声で誰もが知る名曲を聞かせてくれます。

Img_9789 

 

Img_97702 

 

迫りくる緑

Img_9777 

 

川下りの折り返し地点付近には、ステージが設置されていて

子供たちの歌とダンスのコーナーがありました。

Img_9778 

このぼやけた写真からも分かるように、フィリピンは黒髪の方が多いようです。

また、この衣装のように色彩もきれいな国だと思いました。

Img_9780 

スピードのあるバンブーダンスも間近で見られました。

Img_9783 

 

帰路

Img_97852 

 

景色も料理もダンスもフィリピンらしくて良かったですが、

音楽の好きな私にとってはギターの生演奏が大ヒットです。

 

フィリピンは、スペインの影響でギターが盛んとのこと。

この船以外にも、あちこちで生演奏を聴く機会がありました。

うーん、音楽っていいですね~♪

 

次は、メガネザルの森 の巻。 

| | コメント (0)

2015年9月28日 (月)

セブの旅2日目その3(バクラヨン教会)

ボホール島オプショナルツアー、下車観光1ヶ所目は

1595年に建てられたバクラヨン教会です。

フィリピンの中でも最古級に歴史ある建造物です。

 

あの日・・・、ボホール島地震が発生する2013年10月15日までは

どんな姿だったのでしょうか。

Img_97492 

Img_97322_2 

現在は修復中とのことでしたが、

隣接する博物館の中に入ることはできました。

 

厳かな雰囲気

Img_97332 

Img_97412
 

ここで、フィリピン人ガイドさんが流暢な日本語で語りました。

「ミサが終わった後に地震が発生しました。

 もし、ミサの最中に地震があったら被害はもっとひどかっただろう」

と。

ガイドさんの重苦しい表情が、今も心に残っています。

 

中庭は南国らしい風景。

屋根の色にスペインを感じます。

Img_97442 

Img_97452 

Img_97482 

 

地震の跡を見てしんみりした後は、川下りランチとなります。

 

次は、ボホール島の屋形船 の巻。

| | コメント (0)

2015年9月27日 (日)

セブの旅2日目その2(記念碑)

観光バスに乗ると、まずはフィリピン人の日本語ガイドさんのご挨拶です。

いやーー、流暢な日本語に驚きました!

18時半に出港予定の船に乗るまで、私たちを案内するとのことでした。

 

このブログをずっと読んでいる方はご存知の通り、

私はドイツ語で日本を案内する勉強をしている最中で

こうしたツアーでも、ついついガイド内容にも注目してしまいます。

 

まずは、血盟記念碑を車窓から見学。

バスはそれほどゆっくり走ったわけでもなく、

偶然を願ってシャッターを押したら、何とか見分けのつくものが写っていました。

 

Img_9725 

 

拡大すると、テーブルでワインを酌み交わす様子が見えます。 

Img_97252 

 

1521年、フィリピンのセブ島にかの有名なマゼランが上陸、

スペイン統治時代の幕開けとなります。

 

ボホール島には、1565年にスペイン人総督が上陸、

当時の島の酋長と友好を誓うため、お互いの腕をナイフで傷つけ、

ワインにを入れて飲み干した・・・という出来事があったそうです。

 

そういった背景があるため、ボホール島もセブ島も

宗教、建物、そして音楽などもスペインの影響を受けています。

私はフィリピンは初めて、スペインには行ったことがありませんが

16世紀の出来事に思いを馳せつつ、ボホール島を旅しました。

 

次は、バクラヨン教会 の巻。

| | コメント (0)

2015年9月26日 (土)

セブの旅2日目その1(ボホール島へ)

旅行2日目はセブ島を離れ、

日本人向けボホール島一日ツアーに参加します。

 

まずは、地図をご覧ください。

(スペースの都合でボホール島は東部の一部が載っておりません)

Cebumap_2

フィリピンは、約7100もの島々からなる島国です。

一番大きな島は首都マニラのある北部のルソン島、

中央部に位置するセブ島は9番目

ボホール島は10番目に大きな島だそうです。

 

なんだか、セブ島の形が本州に似ているような気がしてきました。

 

OCEAN JETに乗って2時間、ボホール島タグビラランの港へ。

船内ではコメディ映画が上映されました。

Img_9713 

Img_9714 

 

この時期、セブ島、ボホール島の気候はが多いと聞いていましたが

晴れ男のようこ夫と一緒だったので、あまり心配しませんでした。

Img_9718 

Img_9719 

Img_9721 

 

着いた!カラフルな港です。

Img_9722
 

Img_9724
 

港には、ボホール島の案内を担当する日本語ガイドさんが待っていました。

日本人ご一行は大きな観光バスに乗り、

記念碑、教会、川下り、メガネザル、チョコレートヒルズなどを巡ります。

 

次は、記念碑 の巻。

| | コメント (2)

2015年9月25日 (金)

セブの旅1日目その2(魚料理)

空港から大型バスでリゾートホテルに移動すると、もう夕方でした。

フィリピンと日本の時差は1時間、日本の方が進んでいます。

夜更かしさんにはうれしい時差ですね~。

 

2日目は朝早くから、船に乗るオプショナルツアーに参加するため、

1日目は遠出をせず、ホテルのレストランで夕食をとることにしました。

 

水槽で泳ぐ魚を好きな方法で調理してもらえるレストランで

実物を見ながら、シーフード中心に4品注文~。

言葉については後述しますが、英語を使いました。

 

まずはビールで乾杯っ!

サンミゲルシリーズにはライトから黒まで、いろいろな種類があります。

Img_96962 

 

日本のビールほどドライではなかったけれど

味がちょうどよくて、他のお店でも何度も注文しました。

Img_96982 

 

海ぶどうと海藻のサラダ

Img_9697 

白っぽいトッピングは、日本でいうところの新ショウガのせん切りです。

プチプチした食感と海の味が気に入りました。

 

エビのグリル

Img_9700 

調理法とソースは好みで選ぶことができます。

 

野菜炒め

Img_9701 

旅先では野菜不足になることが多いのですが

フィリピンでは野菜をよく摂る文化があるのか?

にんじん、ブロッコリー、インゲン、ナスなど

日本人にもなじみのある食材を気軽に食べられました。

 

本日のメインディッシュ ラポラポ

Img_9704

セブの皆さん一押しの白身魚を蒸してもらいました。

日本ではハタと呼ばれている魚とのこと。

 

水槽からすくった魚を焼き芋風の懐かしのばねばかりで量り、

重さによって値段が決まります。

 

小骨が多いものの、身はたっぷり、

甘辛のソースともぴったりで隅々までいただきました。(^o^)

 

ところで、フィリピンでの言葉について。

公用語は英語と(タガログ語由来の)フィリピノ語

セブ島周辺はセブアノ語が話されているそうです。

 

ホテルの方たちの話に耳をそばだてると

フィリピン人同士は、多分セブアノ語を使い、

お客さんとは英語で話しているようです。

 

私は今、英語の学習はしていないものの、

日頃のドイツ語の勉強のおかげか、外国語に対するカンみたいなものが働き、

会話やメニューを読んだりする分には困ることはありませんでした。

 

しかし、canなどの助動詞を使う文章ではドイツ語と文法が異なり、

何度も語順を間違えました・・・。>_<

 

さて、魚料理を堪能したら、翌日に備えて寝ることにしましょう。

 

次は、ボホール島へ の巻。

| | コメント (2)

2015年9月24日 (木)

セブの旅1日目その1(出発)

シルバーウィークを利用し、9月19日(土)から23日(水)まで

ようこ夫と一緒にフィリピンのセブ島を旅してきました。

 

今回は、

航空券+ホテル+現地係員によるホテル送迎+オプショナルツアー

というHISのパックに参加しました。

・・・と書くと、まるで私が手続きしたように聞こえますが、

ようこ夫が5月までにツアーの調査、申し込みを行いました。(^^ゞ

 

成田で前泊し、朝早く空港へ・・・。

成田国際空港は昨年9月のスイス旅行以来となりますが、

2つの変化がありました。

1.おもにLCCが利用する第3ターミナルができていた。

2.空港エリアに入る際の身分証明書提示がなくなった。

 

2014年と比べても、海外との行き来がしやすくなったと感じました。

 

さて、私たちが搭乗するのはフィリピン航空です。

シルバーウィークということで、乗客ほぼ全員日本人のチャーター便

観光目的の数百人が一度にセブへ運ばれます。

 

20代の女子旅、

幼稚園、保育園ぐらいのお子さん連れのご家族が多かったです。

 

Img_9679 

 

機内は、日本人よりも小柄なフィリピン人に合わせたのか

座席が若干小さく感じましたが、清潔で快適でした。

 

機内食は和食を選択

Img_96852 

 

約4時間半ほどでマクタン-セブ国際空港に到着。

マクタンもセブも島の名前で、2つの島は橋でつながっています。

マクタン島には、空港や多くのリゾートホテルがあり、

セブのツーリズムを支えているように思いました。

 

空港の外に出ると、日本語堪能なフィリピン人のガイドさんが多数いて

数百人の日本人をホテルごとに振り分けていました。

 

黒山の人だかり越しにやっと撮影した一枚

Img_9688 

 

さて、この後どんな体験が待っているでしょうか。

日頃、ドイツ語で日本を紹介する勉強をしつつ、

ピアノを弾いて歩く私にも、実り多い旅となりました。

2015年の旅も、どうぞゆっくりとお付き合いください。

| | コメント (2)

2015年9月18日 (金)

シルバーウィーク

2015年のシルバーウィークが始まろうとしています。

短い期間ですが、夏休みをいただいてまだ行ったことのない街を訪ねます。

 

さて、どんな旅になるでしょうか。

戻りましたら、恒例の旅行記としてご報告いたします。

 

尚、しばらくの間、コメントはこちらで確認してから公開する設定にします。

コメントしてもブログに表示されませんので、あわてずお待ちください。(^-^)

 

それでは、皆様も楽しいシルバーウィークとなりますように。

またのご訪問をお待ちしております。

| | コメント (4)

2015年9月17日 (木)

あざみ野のハム屋さん

所用のため東急田園都市線あざみ野駅へ。

帰りがけに駅のハム屋さんに立ち寄りました。

 

シックなお店の前に

STADT SCHINKEN (シュタット シンケン)

という看板が出ていたので

「おおおおお、ドイツ語ではないか!」

と、ついつい看板を真剣に読んでしまったのでした。

街のハム(屋さん)という意味ですね。

 

こちらのお店は、ショーケースに入ったかたまりのハムやサラミなどを

その場で薄切りにし、量り売りするシステムです。

今回はロースハムとドイツサラミを少量買いました。

 

ドイツらしいハムの袋

Img_96482 

 

ビールのおつまみとして盛りつけてみました。

Img_9654_2 

脂っこくなくさっぱり、塩けもほどほどで

肉の旨みが口の中に広がります。

ビールはもちろん、レタスとの相性も◎。

 

あぁ、もし私がお店の近くに住んでいたら、頻繁に買いに行くのに。

 

またあざみ野に行く機会があれば、

予算編成をして他の種類のハムも購入したいです。(^o^)

| | コメント (6)

2015年9月13日 (日)

ようこのちゃんこ鍋両国日記

土曜日は、ドイツ語ガイド教室の皆さんと両国に集まりました。

 

訪問先は、

相撲博物館江戸東京博物館(常設展)ちゃんこ江戸沢

と盛りだくさんです。

 

九月場所前日というタイミングで

国技館の周りには、カラフルなのぼりたち。

Img_96292 

Img_96312 

 

見慣れたに引き寄せられ、撮影しました。
Img_96342 

 

相撲博物館では、好角家(コウカクカ)のクラスメートの熱い思いを聴きながら

見事な刺繍がほどこされた化粧廻しの展示などを見学しました。

ご指摘をいただき、修正しました。好角家・・・全然知らない言葉でした!

 

すぐ隣りの江戸東京博物館では、

ドイツ語の先生がドイツ人目線を踏まえた説明をしてくださいました。

 

実際に試すことのできる江戸時代の道具もあり、

魚の入った桶を肩で担ごうとしたけれど、重くて断念。>_<

 

夜は、お楽しみの懇親会

メニューはなんと、このブログのタイトルにもなっているちゃんこ鍋です。

Img_9639 

 

肉のしょうゆ味ちゃんこ鍋

Img_9643 

 

塩味海鮮ちゃんこ鍋

Img_9641 

みんなでつつく鍋っておいしいですね。

サイドメニューも種類豊富で、お腹いっぱいになりました(^o^)

 

参加者は年代もいろいろ。

目的をもって学び続けることの素晴らしさを再認識しました。

熱心な仲間に出会えて本当に感謝しています。

 

さて、体力をつけたところで、私も次の試験の準備をしなければ・・・!

| | コメント (2)

2015年9月11日 (金)

秋の曲選び

今週は月曜日に病院、木曜日に高齢者のデイケアセンターへ

ピアノを弾きに行きました。

両日ともが降る珍しいケースでした。

 

通常はピアノ技術管理上の都合で

なるべく日程を分散させるようにしているのですが

9月はシルバーウィークがあるため活動できる日が減り、

どうしてもこういうスケジュールになってしまいます。

 

演奏曲数も対象の方も変わるので、前のことを引きずらないように

それぞれの雰囲気や季節をイメージしながら選曲作業をします。

 

たった数日の差にもかかわらず、

病院ではからにかけての『少年時代』を入れ、

デイケアセンターでは秋も深まる『小さな木の実』を・・・などと

時間がかかるけれど、なかなかやりがいのある工程です。

大雨による川の氾濫があったため、川にまつわる曲は外したりも・・・。

 

そして、共通して選曲したのは雨の音楽

『雨にぬれても』、『雨に歌えば』は6月以来の登場でした。

 

どちらの場所でも、季節の音楽を楽しみにしている方たちが待っていて

音楽も喜んでいることと思います。

 

10月は3回演奏の機会があります。

季節を追いかけているうちに、今年も終わってしまいそうな気がしてきました。(^^ゞ

| | コメント (0)

2015年9月 7日 (月)

ビールも秋の装い

今日の午前中はドイツ語会話教室、午後は病院でのピアノ演奏でした。

蒸し暑い日でしたが、9月なので秋らしい音楽を選びました。

 

そして、帰りには重大ミッション、”ビールを購入”を実行せねばなりません。

私としたことが、家のビールの在庫を切らしてしまい、

ようこ夫か私が買いに行かない限り、ビール無しの夕食となってしまいます。

 

理詰めのようこ夫は、昨日のうちに

「仕事の帰りにビールを買いに行ったら帰宅が10分遅くなって

晩御飯がその分遅くなる」

と、買い物を拒否

 

そんな訳で、病院の帰りに楽譜を担いでビールを買うつもりでしたが

あまりにも荷物が重くて出直すことにしました。

 

雨の降る中、近所のコンビニに行くと

ビールコーナーも秋の装いとなっていました。

急に楽しくなって、

ついつい予算オーバーのロング缶4本を手にしてしまい・・・。(^^ゞ

 

ムシムシする日にはスーパードライですっきり!

(中味はいつもの銀色缶のスーパードライです)

Img_9618 

 

毎年、秋味が登場すると秋だなぁと思います。

プレモルもオレンジ色の缶ですねぇ。

Img_9612_2 

 

さてさて、今夜はどのビールにしましょうか。

乾杯が待たれます☆
 

| | コメント (0)

2015年9月 3日 (木)

ゆるキャラに会いました

新宿を歩いていたら、長野県のイベントが開かれていて

ちょうど、ゆるキャラ(R)が来ていました。

 

アルクマ(長野県PRキャラクター)

Img_95902 

りんごのかぶりものをしたアルクマ。

写真には写っていませんが、

トレードマークの赤いリュックも背負っていました。

 

こまかっぱ(駒ヶ根市PRキャラクター)

Img_9594 

こまかっぱは、急に跳んだり、写真撮影の時にうつむいたり、

ちょっと子供っぽいキャラクターのようでした。(^^)

駒ヶ根には学生時代に行ったことがあり、懐かしかったです。

 

念のため、ゆるキャラグランプリのサイトを調べてみると

なんと、お二方とも出場中でした。(2015年11月16日まで)

 

ゆるキャラといえば、一度お会いしてみたい方がいます。

それは、

浜松市マスコットキャラクター「出世大名家康くん」

 

”くんづけ”にも驚きましたが、鍵盤柄の服に度肝を抜かれ、

よく見ると、紋付きには輪切りのみかん、ちょんまげはうなぎ、

という豪華な盛りっぷりには、参りました!!

 

ゆるキャラグランプリには、

他にも土地柄をよく表したかわいいキャラクター達が大集合。

こちらも、こういう気持ち(^-^)で投票の行方を見守っています。

| | コメント (2)

2015年9月 1日 (火)

地下道に野菜出現!

試験対策をしているうちに、あっという間に9月がやってきました。

久々にのんびりした気持ちで過ごしています。

 

今日は、新宿駅西口と東口を結ぶ地下道で野菜を見ました。

Img_96092 

野菜の日(8月31日)にちなんだJA全中のイベントだそうで

ごく普通の柱が、リアルな野菜に変身っ≡3

 

野菜の表面には凹凸があります。

Img_9598 

 

葉っぱつき大根

Img_96002 

 

紫色がリアルなさつまいも

Img_96072 

 

一番人気は、ひげ付とうもろこしです~。

皆さん、とうもろこしのつぶつぶをじっくりと見ていくので

この写真を撮るために、少々待ちました。

Img_96042 

 

粒は固めのクッションのように弾力がありました。

Img_9606 

 

この地下道では、映像などを使った新製品の宣伝がよく行われていて

流行最先端のイメージがありましたが

野菜たちのおかげで、ほんわかした雰囲気になっていました。

 

イベントは9月6日(日)まで。

お近くにお越しの際は、ぜひとうもろこしに触ってみてください。(^-^) 

| | コメント (14)

« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »