« 『Best Hit Alfee 2015 ONE NIGHT CIRCLE』(2015.7.26 さいたまスーパーアリーナ) | トップページ | おだる »

2015年7月31日 (金)

真夏の読書

暑い夏の日、家でぐったりしていたいところですが

8月末に試験を受ける関係で、ドイツ語や日本史を勉強中です。

 

その一環で買った本をご紹介します。

日本橋 木屋 ごはんと暮らしの道具 

 

1792年に創業した 日本橋 木屋 が監修した本です。

刃物のお店としても有名ですね。

 

月ごとに6つの道具が写真入りで紹介され、

その歴史やエピソードが一ページに端的に書かれています。

 

江戸時代の百科事典『和漢三才図会』等の内容も含まれていて

ライフスタイル本というよりは、粋な文化史のテキスト風です。

先人の工夫や歴史の古さに驚いたりも・・・。

 

木屋といえば、私は木曽さわらのお櫃(ひつ)を愛用していますが

この本を読んでいると、あれもこれも欲しくなってしまいました。

 

例えば、六月の物相型。ひょうたんなどの形にご飯をくりぬきます。

お茶の葉を焙じる道具、茶焙じも使ってみたいなぁ・・・。

煮魚の調理の際に使用する敷き笊(ざる)もあったら便利そうです。

 

さぁて、一段落したら、本の内容を復習しながら

お店に実物を見に行くことにしましょう。(^-^)

|

« 『Best Hit Alfee 2015 ONE NIGHT CIRCLE』(2015.7.26 さいたまスーパーアリーナ) | トップページ | おだる »

コメント

日本橋木屋といえば包丁、知ってますpaper

創業からもう200年以上も経過してるとは、まさに老舗ですねshine
包丁のことしか知りませんでしたが色々な調理器具を作ってるそうで…
歴史もあるから確かにこの本で日本史の勉強もできそうねbook

おひつお持ちでしたね。確か1度見せて貰ったような…木屋のでしたかflair
ひょうたん型にくり抜く道具、和のお弁当に混ぜご飯をそのような形に
盛り付けてるようなのがありますが、そういうイメージなのかな?

ちょっとした道具が色々販売されてるようですが、何かか買われるようなら、
今度見せて下さいね~eyewink

投稿: くらげちゃん | 2015年8月 1日 (土) 02:11

>くらげちゃん
やはり、木屋の包丁は有名なのですねー。

ひょうたん型にくり抜く道具は、
はい、高そうなお弁当に入っているあのご飯です。

新宿の小田急に木屋コーナーがあるのを思い出して
(というか、おひつはそこで買ったのでした!)
今日、行ってみました。

本に出ていた道具がいろいろあって、大きさや値段を確認しました。
価格的に買えなくはない品物も意外と多く、
もう少し収納と考えを整理してから(笑)買いに行こうと思います。
買ったらぜひ実物を見てくださいねーeye

投稿: ようこ | 2015年8月 2日 (日) 18:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 『Best Hit Alfee 2015 ONE NIGHT CIRCLE』(2015.7.26 さいたまスーパーアリーナ) | トップページ | おだる »