« 5のつく日 | トップページ | ドイツ語と向き合う限り、風化しない。 »

2015年3月 8日 (日)

映画『THE ALFEE 40th Anniversary Film THE LAST GENESIS ~40年の軌跡と奇跡~』

先日、THE ALFEEのドキュメンタリー映画を観ました。

『THE ALFEE 40th Anniversary Film THE LAST GENESIS ~40年の軌跡と奇跡~』

 

上映期間が短く、一日の上映回数も少ないため、

あちこちの映画館の上映スケジュールを比較検討して

結局、普段の行動半径内にある新宿バルト9という無難な選択をしました。

 

40年間、休止期間なく活動し続けるバンドのドキュメンタリーなので

過去のコンサートを振り返るだけでも、なかなかの分量!

 

幅広い著名人からのコメントも、

いろいろな視点からTHE ALFEEを分析していて興味深かったです。

ちょっとうらやましそうだったりする人もいて・・・。(^^ゞ

 

私は1983年9月頃からのファンで

何万人も集まるコンサートに行っても、席が遠かったとしても

お客さんが10人ぐらいのライブハウスのような近さを感じます。

 

THE ALFEEは、私にとって続けるお手本でもあります。

メンバー、スタッフという素晴らしい仲間がいて

どんなに忙しくても応援し続ける根気強いファンがいて

周囲にいちいち振り回されることなく、私たちに姿を見せてくれる・・・。

 

THE ALFEEを通して

”続けること”を具体的にイメージ出来るおかげで

私も、あれもこれも続けていられるのではないかな~と思っています。

 

全員無事に還暦を迎え、

これからも体力に見合ったほどよい活動量で楽しませてもらえたら、

ファンとして本当にうれしい限りです。

|

« 5のつく日 | トップページ | ドイツ語と向き合う限り、風化しない。 »

コメント

>これからも体力に見合ったほどよい活動量で楽しませてもらえたら

そこが大事なんだけど、地方在住で、遠征も殆どできない身としては
やはり今までのようなライブ回数を期待してしまうんですよね。
メンバーもみんな還暦を過ぎて、いくら筋トレをしても
昔のように体力がついていかなくなるのは分かってるのに。
それでも他の還暦メンバーがいるバンドに比べれば、はるかに精力的なのにね。
一回一回のライブが本当に貴重です。
いつまで見られるんだろうってすごく思うから。

ところで先週、ぎっくり腰気味で動けない一週間を過ごし
結局わずか2週間しかないうちに見ることができずに終わってしまいました。
これDVDにでもならないかーと思うところです。

投稿: lilac | 2015年3月 9日 (月) 10:39

>lilacさん
ぎっくり腰気味だったとは、映画鑑賞には辛い状況だったのですね。
公開期間の短い映画だけに、残念だったことと思います。
どうぞお大事にしてください。
DVDになることを願っています。

>>一回一回のライブが本当に貴重です。
>>いつまで見られるんだろうってすごく思うから。

私の中でも、アルフィーが30代、40代の頃よりも
そういう気持ちが強くなっています。

私は関東の平日開催のコンサートには行かれないことも多く、
土日に増やしてほしい、などと勝手なことを思ったりもしますが
やはり、まずは息長く続けてもらいたいと思い直したり、と
ふとした時に葛藤してしまいます。

投稿: ようこ | 2015年3月 9日 (月) 22:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 5のつく日 | トップページ | ドイツ語と向き合う限り、風化しない。 »