« 小休止(^-^) | トップページ | さまざまな人生 »

2015年2月26日 (木)

外国人思いの英語

昨夜、ドイツ語ガイド教室の帰りに乗ったバスでの出来事です。

 

とある停留所で待っていた外国人のお客さんが

英語で運転手さんに

「○○へ行きますか?」

と尋ねました。

 

○○は、他の系統のバスの停留所なので

運転手さんは英語で、系統の番号を伝えました。

ごちゃごちゃ行き先の地名などを出したりせず、シンプルでとても分かりやすい。

 

そこで話が終わるかと思いきや、

「○○まで歩いて行けるか?」

という、おそらく想定外の質問が出ました。

 

車内は聞き耳を立てる人たちで静まり返っています。

 

真っ直ぐ行って、幹線道路を左折する、といった答えになりますが、

”幹線道路”をどう説明するかが難しいと思いながら聞いていました。

□□通り、などと答えても、

外国人には道路だと理解できないかもしれないから・・・。

 

運転手さんは一瞬考え、

「ゴー ストレイト、ビッグロード、ゴー レフト!」

と回答。

 

停留所の外国人も理解し、車内はほっとした雰囲気に包まれ、

何事もなかったようにバスは走り出しました。

 

外国語を勉強していると、人が話す言葉もついつい気になってしまいます。

今回の外国人目線に立った分かりやすい英語は、

ガイドの勉強をしている私にも、とても印象深いものとなりました。

|

« 小休止(^-^) | トップページ | さまざまな人生 »

コメント

Good evening,
this way of driver is very interested. I feel, many people from overseas visit to Tokyo, so people in Tokyo metropolis like this driver think to meet people speaking English or other language.

I have sealed off German from the beginning of this year.
Because my new target now is to be able to educate our clients(for example from Asia) technology and safe working methods in English.
In April I will go to the UK and participate in a technical training course "Electrical maintenance skills" that is conducted in English. I would like to learn how to communicate with clients using English and make friends.
Now, I prepare for it. Most critical problem is of course my poor English. I have two hours' English lesson every Saturday in Kobe("Ber...."). It is tough. I sometimes say "Jaja," or "Ach," in the lesson and my instructor points out "This is German. not English."

Oh, it's so long comment.
Sorry.

投稿: シブ | 2015年2月26日 (木) 22:50

>シブさん
読みやすい英語のコメントをありがとうございます。
(・・・と堂々と日本語で返事を書く私:笑)

東京は今日もたくさんの外国人でにぎわっていました。
デパ地下のパン屋さんで、
パンの対面販売の方法が分からないアジアの方に
お店の人が
「こちらにお並びになってください」
と言っていたけれど、通じるわけが・・・。sweat01
ついつい出しゃばって、
”You have to wait.”
と言ってしまいました。

普段はこんな感じなので、やはりバスの運転手さんはすごかったです。

4月はUKですか!語学教室も通い出すと結構大変ですよね(笑)
英会話のCMに惑わされず、
シブさんらしい、分かりやすい論理的な英語で
海外生活をお過ごしください。

投稿: ようこ | 2015年2月26日 (木) 23:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 小休止(^-^) | トップページ | さまざまな人生 »