« テーブルウェア・フェスティバル2015 | トップページ | TORAYA TOKYO »

2015年2月 7日 (土)

「マスクを着けてもいいですか?」

昨日は、ドイツ人旅行者のお供で浅草に出かけました。

 

スギ花粉のせいでマスクを着用しなければならないこの季節、

欧米の皆さんにとっては、このマスク姿が

伝染病を連想させる・・・とも言われています。

 

といって、マスクをしなければアレルギー反応が出る可能性がある。

うーん、困った。

 

でも、これは今の日本を伝える良い機会だと考え、

「ドイツにもある干し草アレルギー(Heuschnupfen)のようなもので

私はスギ花粉に対するアレルギーを持っています。

今、ここでは多くのスギ花粉が飛んでいます。

そのため、マスクをしている人がいます」

といった説明をしました。

 

まぁ、厳密に言えば寒さよけでマスクをしている人もいるし、

風邪をひいている人、顔を隠したい人・・・いろいろですが

端的に説明することもまた重要なので、

今回は花粉症についてのみ、触れました。

 

やはり、ドイツ人にとっても、

日本にマスク姿の人が多いのは謎だったようで

「ああ、そういうことだったのか~」

というリアクションでした。

 

ドイツ語には、許可を得る便利な助動詞(dürfen)があり、

説明の後に

「マスクを着けてもいいですか?(Darf ich einen Mundschutz tragen?)」

と聞いたところ、快諾してもらえました。(^^)

 

マスクのおかげもあり、無事にご案内終了~。

外国人に説明する内容は、王道にとらわれず、

柔軟に変えていかなければいけないなーと思った一日でした。

|

« テーブルウェア・フェスティバル2015 | トップページ | TORAYA TOKYO »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« テーブルウェア・フェスティバル2015 | トップページ | TORAYA TOKYO »