2014年12月 1日 (月)

大阪一人旅(二日目)

一人旅二日目は、梅田の駅でモーニングをいただきました。

一度、モーニング体験をしてみたかったのです。(^v^)

サンドイッチ、ゆで玉子、コーヒーがついて400円ぐらいでした。

 

続いて、ガイド教室でも話題になった梅田スカイビルへ。

大阪駅から撮影しました。

角度的に分かりにくいですが、凱旋門のような形をしています。

Img_8673 

 

敷地内では、ドイツのクリスマスマーケットが開催されていました。

撮影しようとすると、次々次々次々とスーツ姿の若者が通ります。

どうやら、ビルのどこかでセミナーか研修があったようです。 

Img_8676 

 

最もかわいかったお店(ようこ選) 
Img_86922 

ワインなどが売られていましたが、

この後、お昼から飲み放題に行く予定があるため、見るだけにしました。

 

聖書の一場面でしょうか?

Img_8686 

 

さらに、空中庭園という名の展望台にのぼりました。

丸い部分が展望台になっています。

Img_8684  

外国人に大人気という話を聞いていた通り、展望台はほぼ外国人でした。

 

今、星型の紙に願いごとを書いて吊るせる企画があり、

私は真っ先に

血圧が下がりますように」

と書くつもりでいたら、全く同じ文面を見つけました。(^^ゞ

お顔も名前も存じ上げませんが、お互い血圧を下げましょう!

 

景色はこのような感じ

Img_8704 

ようこ夫は晴れ男だけれど、私は微妙な曇り女です・・・。

 

さて、二日目のメインイベントに向かう時間です。

大阪在住の20年来の友人かつライバルと、4年ぶりの再会です。

 

和食のお店で、ビール、日本酒などを飲みながら積もる話をしました。

今、2人とも派遣社員になっているとは予想できなかったけれど

こういう働き方のメリットをいろいろ話せてよかった!(^^)

 

一日目の東京駅一分前乗車を再現しないよう、

余裕を持って新大阪へ移動しました。

ぎりぎりまで話をし、満席の新幹線に無事に乗車。

 

この日の夕食は、東京駅で駅弁を買って帰りました。

 

---

大阪一人旅は、思ったよりもずっとずっと充実したものとなりました。

また日常が始まったけれど、リフレッシュできてよかったです。

関係の皆様、ありがとうございました。

| | コメント (0)

大阪一人旅(一日目)

先にブログにアップした通り、フィギュアスケート観戦を含めて

11月28日から一泊で、大阪一人旅をしてきました。

 

事前に指定席を取り、東京駅でのぞみ発車一分前に乗車。

たまたま新幹線改札から近いホームで、

たまたま乗りたい車両が階段の近くだったから間に合ったものの、

もっと余裕をもって行動しなければ・・・と反省。(^^ゞ

 

新大阪駅で土佐料理のお店”yanaken”に入り、昼食を摂りました。

おかずはもちろん、白米がおいしくておかわりしましたよー。(^-^)

 

地下鉄に乗り、大阪城近くのホテルへ移動。

荷物を預かってもらい、NHK大阪放送局経由大阪城公園を観光です。

この日は天気がよく、気温も高めでした。

 

しかし、私の格好はスケートリンク対応・・・。

タートルネックに温かいセーター、ダウンジャケットを羽織り、

足元もタイツで温めてあります。

その状態で、大阪城天守閣を見学しました。

自分がゆで玉子になるかと思った。

 

Img_8652 

最上階から生駒山を望む

Img_8660 

 

歴史に関する盛りだくさんな展示を得意の画像認識で見て回り、

森ノ宮駅へ急ぎました。

 

地下鉄の長堀鶴見緑地線に乗り、終点の門真南駅を目指します。

一つ手前の鶴見緑地駅、聞いたことがあるなーと思ったら、

1990年の国際花と緑の博覧会の会場があった場所だそうです。

 

いやーーー、懐かしい!

博覧会のテーマソングを歌うアルフィーのオープニングライブを観るため、

0泊2日のバスツアーに参加したのでした。

あの頃から、フリルのついたキラキラした衣装が好みだったようです。

 

そんなことを考えているうちに、終点に到着。

車内には、ダウンジャケットを手に持ったお客さんばかりでした。

 

フィギュアスケート会場のなみはやドームは駅前にあり、とても便利です。

観戦レポはこちら

 

試合終了後は、ホテル近くのうどん屋さんで軽い夕食を摂りました。

ホテルの部屋でスポーツニュースのハシゴをしたのち、就寝。

どうしてものんびりできない性格のようです。

 

(二日目に続く)

| | コメント (2)

2014年11月21日 (金)

スイスの旅 ★目次★

スイスの旅の目次を作りました。どうぞご利用ください。

(コメント欄はありません)

 

1日目その1(出発) ※スイス全体の手書きの地図を載せました。

1日目その2(チューリッヒを散歩♪)

1日目その3(夕食)

1日目その4(冷蔵庫)

 

2日目その1(チューリッヒ駅にて)

2日目その2(クールへ)

2日目その3(レーティッシュ博物館)

2日目その4(氷河特急のランチ)

2日目その5(地元の方との会話)

 

3日目その1(乗車証明書)

3日目その2(登山鉄道) ※展望台までの手書きの地図を載せました。

3日目その3(ゴルナーグラート展望台)

3日目その4(ハイキング)

3日目その5(靴と昼食)

3日目その6(マッターホルングレイシャーパラダイス)

3日目その7(展望台にて)

3日目その8(マッターホルン博物館)

 

4日目その1(オブリガーダ)

4日目その2(スネガパラダイスへ)

4日目その3(ロートホルンパラダイス)

4日目その4(ルピアを出したら)

4日目その5(ベルンへ)

4日目その6(ベルンを散歩♪)

4日目その7(熊公園とインフォメーションセンター)

4日目その8(連邦議事堂、そして中華料理)

 

5日目その1(大聖堂)

5日目その2(売店にて)

5日目その3(スイス山岳博物館)

5日目その4(歴史博物館)

5日目その5(スイスの郷土料理)

5日目その6(グルテン山)

 

6日目その1(チューリッヒ湖遊覧)

6日目その2(チューリッヒの大聖堂と聖母教会)

6日目その3(駅の中にビアガーデン)

6日目その4(インドネシア料理)

 

7日目~8日(最終回、チューリッヒ空港にて)

|

スイスの旅7日目~8日目(最終回、チューリッヒ空港にて)

6泊8日のスイスの旅、いよいよ最後の報告となりました。

 

朝、チューリッヒ駅から電車で空港に向かいます。

 

スタイリッシュなスイス国鉄の時計

Img_8593 

家で使えるサイズの時計も市販されていて

買うかどうかさんざん悩んだ末、写真に収めることにしました。(^^ゞ

 

空港にはオメガの時計がありました。

チューリヒ駅から空港は近くて便利です。

Img_8597 

 

出国手続きをした後、ビールで乾杯。

Img_8598 

注文の際、ドイツ語で

「地元のビールとハイネケンがあります」

と言われたので、地元のビールを選びました。

 

この後、ようこ夫が時計の免税店を見ている間、

あとは飛行機に乗るばかりだろう、とスイスフランでお茶などを購入。

これで財布もすっきりです。

 

しかし、そういう時に限って

チョコレートの名店、Lindt(リンツ)のお店を見つけ、

アイスクリームの対面販売(その場ですくってもらえる)があったりするのです。

 

がーーーーーん。

もうスイスフランを持っていないのだが・・・。

クレジットカードを使うには、額が小さすぎるし・・・。

 

悲しそうな顔をして、ガラス越しにアイスクリームを見ていたら、

お店の方にドイツ語で話しかけられ、試食を勧められました。

おいしーーーい。(^o^)

 

「私は本当はこのアイスを食べたいのです。

でも今、日本円しか持っていません」

とドイツ語で残念そうに言うと、レジに確認してくれました。

 

その結果、免税店などでもよく見かける、

”日本円のお札で支払い、スイスフランのお釣り”

で良ければOKとのこと。

千円札で500円ほどのアイスを買うことができました。

 

お店の奥のバーカウンターのようなところに案内され、

座ってゆっくり食べられました。

水とチョコレートのサービス付き♪

Img_86012 

 

いよいよ、チューリッヒを旅立つ時間が迫ってきます。

12時間のフライトを終え、成田に着く頃には8日目になります。

Img_8602 

Img_8604

親切にしてくださったスイスの皆さん、ありがとうございました。

今回の旅では、山と鉄道、アカデミックな博物館、清潔さなどが印象に残りました。

またいつか訪問する日まで、ますますドイツ語を勉強したい気持ちになっています。

 

(スイスの旅 完)

---

ブログ読者の皆様へ

2ヶ月間、全36回の旅行記をご愛読ありがとうございました。

ツェルマット、ベルン、チューリッヒの様子が

少しでも伝わったのでしたらうれしいです。

24日頃、通常のブログを再開いたしますので、引き続きよろしくお願いいたします。

                                               ようこ

| | コメント (4)

2014年11月20日 (木)

スイスの旅6日目その4(インドネシア料理)

駅の中でビールを飲んだら、

ようやくホテルにチェックインできる時間となりました。

それとともに、スイスでの滞在時間もどんどんカウントダウンされていきます。

 

部屋で休む間もなく国立博物館などを見学し、

スイスの旅、最後の夕食は、wagamamaという名前の日本料理店に決めました。

 

Img_85892
 

どんな料理があるのかなー?とメニューを見ると

日本料理というよりは、

昨年のインドネシア旅行で食べたことのある料理が出ています。

 

この時、店内に日本人はおらず、地元の人ばかりでした。

店員さんは、”ワガママ”と書いたTシャツを着て接客中!

 

サテ アヤム(インドネシア語で焼き鳥)

Img_8583 

 

みそ汁付きのナシゴレン 

うどん用の丼ぶりでした。(^^ゞ

Img_8586 

 

ミーゴレン風 
Img_8588 

あーー、やっぱりインドネシア料理は口に合うわーー。(^o^)

 

地元のビール

ラベルも面白い!

Img_8579 

Img_8581 

よく冷えていて、さっぱりおいしくいただきました。

缶のアサヒスーパードライを飲んでいる若者もいて、ちょっとうれしかったです。

 

そういえば、私がドイツ語で注文したら、黒髪の店員さんが

「・・・観光客・・・ですか?」

と聞いてきました。

仕事でスイスに住んでいるのかどうかを知りたかったようです。

 

---

これにて、スイスの旅のすべての予定を終えました。

7日目は飛行機に乗って帰国します。

9月の下旬でしたが、チューリッヒは夜になるとぐっと冷えて冬の気配がしました。

 

(次は、いよいよ最終回、チューリッヒ空港にて)

| | コメント (0)

2014年11月18日 (火)

スイスの旅6日目その3(駅の中にビアガーデン)

街の散策を終え、チューリッヒ駅へ。

 

駅とトラム

Img_8525

 

お目当ては、駅の中に現れたビアガーデンです!

旅行初日に来た時にはロックコンサートが開かれていました。

いろいろなイベントがこのスペースで行われるようです。

Img_8575 

 

私たちは、このERDINGERと書いてあるエリアに着席。

地元の方が、新聞を読みながらゆったりと過ごしていました。

Img_8576 

 

ドイツ語のメニューを解読して頼んだソーセージとパン 

Img_8569


ソーセージが美味で、もう一皿注文しました。

丸くて大きなフランスパン?がついてきました。

Img_8573 

ビールは写っていませんが、もちろんおいしくいただきました≡3

 

(次は、インドネシア料理)
 

| | コメント (2)

2014年11月17日 (月)

スイスの旅6日目その2(チューリッヒの大聖堂と聖母教会)

チューリッヒには、街のモニュメント的にそびえる建物があります。

どちらもプロテスタントに属しています。

 

大聖堂

Img_8554 

 

ドイツ語では、グロース・ミュンスターといいます。

1937年から文化財として保護されているようです。

Img_85572 

 

対岸の聖母教会

Img_85592 

教会の中には、有名画家 シャガールによるステンドグラスがあります。

http://www.fraumuenster.ch/das-fraumunster/fenster/

青空のおかげで光も透過し、美しいステンドグラスを観賞することができました。

ここでは時々コンサートも開かれているようです。

 

聖母教会とひしめく建物、そしてトラムの写った一枚は、

チューリッヒらしくて気に入っています。 

Img_85602_2 

(次は、駅の中にビアガーデン)
 

| | コメント (2)

2014年11月16日 (日)

スイスの旅6日目その1(チューリッヒ湖遊覧)

旅行6日目の朝、列車でベルンからチューリッヒに移動しました。

到着日に泊まった街ですが、

ツェルマット、ベルンの後に来てみると、ものすごく大都会に感じられます。

初日と同じホテルにスーツケースを預け、チューリッヒ湖方面を散策しました。

 

チューリッヒ湖遊覧船乗り場には、3分後に出港する船がいました。

曇っていることもあり、晴れ間の出そうな次の便に乗るつもりでチケットを買ったら、

今の船に乗るように、という強い指示があったので、その勢いに圧倒されて乗船。

 

乗ってからパンフレットを確かめると、一時間半のクルージングだそうです。

船内の売店で、地元のビールを購入しました。

Img_8532_2 

 

いくつかのStation(シュタツィオーン)に寄りながら、進みます。 

Img_8535 

 

ボート置き場

Img_8537 

 

花のきれいなStationでした。

Img_8538 

 

船には大きなスイス国旗が掲げられています。

Img_8541 

 

乗り場に戻りまーす。

写真左に緑色の聖母教会、右に2つの塔の大聖堂が見えます。Img_8545 

大都会にちょっとびっくりの私たちは、船で心を落ち着けることができました。

青空だったら、湖畔の景色がもっときれいに見えたことでしょう。

 

乗り場近くに、白鳥さんたちがいました。

Img_85492

 

(次は、チューリッヒの大聖堂と聖母教会)

| | コメント (2)

2014年11月14日 (金)

スイスの旅5日目その6(グルテン山)

昼食後、ベルン最後の訪問地としてグルテン山に向かいました。

ベルン駅からトラムに乗ってケーブルカー乗り場へ。

Img_8489


地元の家族連れの憩いの場のようで、

もちろん忙しく旅行する日本人の姿はありません。

Img_8508 

東京でいうと、山の上に昭和記念公園があるような感じでしょうか。

 

ツェルマットのゴルナーグラート鉄道も運行中。

Img_85053 

木製の展望台

Img_8502

 

覚悟を決めてのぼったら、こういう景色が見えました。

奥の方に、連なる旧市街があります。

Img_84942

 

いよいよ、14年間の思いをこめて訪れたベルンからの卒業です。

ありがとーーーー。さようならーーーーーー。

と、展望台の中心からお礼を(心の中で)叫びました。

 

夜は、川べりのイタリア料理レストランへ。

6日目の朝、チューリッヒに旅立ちます。

 

(次は、チューリッヒ湖遊覧)

| | コメント (2)

2014年11月13日 (木)

スイスの旅5日目その5(スイスの郷土料理)

14年ぶりの歴史博物館訪問を終えたら、お腹が空いてきました。

お昼はオープンエアのレストランで、スイスの郷土料理を味わいましょう。

 

ラクレット

Img_8486 

ジャガイモを切り、溶かしたチーズや刻み玉ねぎなどをつけます。

チーズの苦手な私でも、おいしくいただきました。

カルシウムたっぷり~。

 

ロォェシュティ

Img_84882  

ハッシュドポテトを炒めた料理。

こちらのレストランでは、付け合わせやソースの組み合わせが多数あり、

デミグラスソースをお願いしました。

ビールが進みますよ~。

 

地元のグルテンビール

Img_8483 

ベルンらしく、熊の絵がついています。

さわやかな天気の中、散歩をした後のビールは格別です。

 
 

グルテンとは何だろう?と思ったら、ベルン郊外にグルテン山があるようです。

6日目はチューリッヒに移動するため、

ベルン最後の訪問地をグルテン山に決めました。

 
 

(次は、グルテン山)

| | コメント (2)

より以前の記事一覧