« スイスの旅6日目その1(チューリッヒ湖遊覧) | トップページ | スイスの旅6日目その3(駅の中にビアガーデン) »

2014年11月17日 (月)

スイスの旅6日目その2(チューリッヒの大聖堂と聖母教会)

チューリッヒには、街のモニュメント的にそびえる建物があります。

どちらもプロテスタントに属しています。

 

大聖堂

Img_8554 

 

ドイツ語では、グロース・ミュンスターといいます。

1937年から文化財として保護されているようです。

Img_85572 

 

対岸の聖母教会

Img_85592 

教会の中には、有名画家 シャガールによるステンドグラスがあります。

http://www.fraumuenster.ch/das-fraumunster/fenster/

青空のおかげで光も透過し、美しいステンドグラスを観賞することができました。

ここでは時々コンサートも開かれているようです。

 

聖母教会とひしめく建物、そしてトラムの写った一枚は、

チューリッヒらしくて気に入っています。 

Img_85602_2 

(次は、駅の中にビアガーデン)
 

|

« スイスの旅6日目その1(チューリッヒ湖遊覧) | トップページ | スイスの旅6日目その3(駅の中にビアガーデン) »

コメント

ヨーロッパはやはり教会がシンボル的存在ですよねwink
淡いグリーンのとんがり屋根に時計もついていて、街の人はこの教会に
礼拝に行ったり時間を確認したり、教会を目印にして行動したり…
外観も素敵で教会は必要不可欠な存在なんでしょうね~shine

最後の景色、良く撮れてますね~note
遠くからでも教会の存在はよく分かり、その教会を引き立てている
統一感のある建物も綺麗だなぁと思いますconfident

投稿: くらげちゃん | 2014年11月18日 (火) 22:12

>くらげちゃん
写真で見ると、教会の屋根のとんがりっぷりがより分かりやすいですねー。
大聖堂とともに高い建物なので、川をはさんで撮影するのがコツみたいです。

聖母教会は、くらげちゃんのコメントの通り、街になじんでいる感じがしました。
時間が合えば、コンサートにも行ってみたかったですnotes

最後の一枚の景色についてもありがとう~。
茶色い屋根の白いビルの一階にはレストランがあり、
人々でにぎわっていました。

投稿: ようこ | 2014年11月19日 (水) 18:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« スイスの旅6日目その1(チューリッヒ湖遊覧) | トップページ | スイスの旅6日目その3(駅の中にビアガーデン) »