« スイスの旅4日目その2(スネガパラダイスへ) | トップページ | スイスの旅4日目その4(ルピアを出したら) »

2014年10月26日 (日)

スイスの旅4日目その3(ロートホルンパラダイス)

いよいよ、マッターホルン展望ツアーも終わりに近づいてきました。

 

スネガパラダイスからブラウヘルトまでは、写真の乗り物で移動します。 

Img_8336 

 

ブラウヘルトからロートホルンまでは、大人数用の乗り物で。 

Img_8353 

着きました。

さすがに、ここまで来る観光客はまばら・・・。

 

3103mのロートホルンパラダイスからの景色です。

 

マッターホルン 

Img_83382 

 

アイスクリームの山(ブライトホルン)

Img_8341

 

連なる山々

Img_8347

 

氷河

Img_8354
 

山ごとに登山の名言の標識?が立っていました。

山で採れたと思われる石も飾られています。(写真下中央)

Img_8342 

  

名言は、ドイツ語、英語、フランス語、日本語で書かれています。

いろいろ読んでいて印象に残ったのはこちらです。

Img_83452 

”頂上に登った時が登山の半分”

当たり前なようでいて、何だか奥の深い言葉だなぁ・・・と思いました。

 

私と一緒に登ったミッフィーリュック(テント柄)が、

マッターホルンを見ながら名残を惜しんでいます。
Img_8351

 

展望台のレストランで注文した温かいカプチーノを飲みながら。

遠くまでよく見えました。雑念がどこかに消えていきますね。

Img_8358 

もっとこの景色を見ていたかったけれど、

旅人は次の目的地 ベルンに行かなければなりません。

 

さようなら、青い空とマッターホルン、ブライトホルン、そして美しい山々。

 

帰りのツェルマット行きのケーブルカーでは、

山小屋巡りをする、若い日本人ご夫婦と会い、

数分間だけ旅の話をして、寂しい気分を終わらせました。

 

(次は、ルピアを出したら)

|

« スイスの旅4日目その2(スネガパラダイスへ) | トップページ | スイスの旅4日目その4(ルピアを出したら) »

コメント

わ~lovelyこちらも素敵~shine
またまたうっとりしながらお写真を暫し眺めました~eye
ワタクシ高い所が好きなのでこのようなロープウェイやリフトは
結構進んで乗る方ですwink

同じ山でも別の場所から撮ると少し趣変わってまた良いですね~up
ワタクシもこういうのを見るとテンション上がってバシャバシャと
撮りまくりそうですcamera

雪をかぶった山々も良いし氷河も迫力あって凄いなぁ~snow
「頂上に登った時が登山の半分」確かにflair
頂上に到達すると達成感がありますが、下山しなくてはなりませんねsweat01

それから最後のcafeと共に写したこちらも気に入りましたnote
こんなに素晴らしい山々を眺めながら頂くcafeとても優雅な
ひと時だと思いますnotes

ワタクシも益々行きたくなった日記で楽しめましたhappy02

投稿: くらげちゃん | 2014年10月28日 (火) 01:24

>くらげちゃん
写真を楽しんで見てもらえたようで、よかったです~fuji
山の観光は、風景はもちろん、いろいろな種類の乗り物も面白かったです。

展望台もどこも同じなのかと思ったら、それぞれ個性があり、
見える角度もさまざまで、ツェルマット2泊にした甲斐があります。

こういった景色を眺めながらのcafeは格別でした。
人も少なく、気分をリフレッシュできました。

今後はベルン編になります。引き続きお付き合いくださいませ~。

投稿: ようこ | 2014年10月28日 (火) 21:41

日本のことわざに「船頭多くして船山に登る」という
のがありますが、どんなに船頭が多くても
マッターホルンに登るのは難しいでしょう。

カプチーノは格別だったでしょうね。
(不思議なことにカフェモカやエスプレッソでは
旅先のリラックス気分が出ません。)

ところでフォントのHelveticaはスイスの書体と
言われます。このシリーズの看板はHelveticaだらけ
だったように思います。これについてもご教示下さい。

投稿: けいいち | 2014年10月29日 (水) 00:49

>けいいちくん
プロジェクトにありがちな「船頭多くして・・・」では
マッターホルンのふもとのあたりでいきなり滑りそうです。

展望台でのカプチーノ。
せかせかする日本人・・・と言われがちな日本人ですが
さすがにこの景色だと、飲んで帰りたくなります。(^^)
リラックスできました。

けいいちくんのコメントで看板を見直してみると
丸っこくて読みやすいフォント"Helvetica"が使われていますね。
特にツェルマットがHelveticaで統一といった話は聞いていませんが
チューリッヒやベルンでは他のフォントが使われていました。
面白い視点をありがとう!

投稿: ようこ | 2014年11月 1日 (土) 17:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« スイスの旅4日目その2(スネガパラダイスへ) | トップページ | スイスの旅4日目その4(ルピアを出したら) »