« スイスの旅2日目その5(地元の方との会話) | トップページ | スイスの旅3日目その2(登山鉄道) »

2014年10月11日 (土)

スイスの旅3日目その1(乗車証明書)

旅行3日目は、ツェルマットで朝を迎えました。

ここでもう一泊してから、首都ベルンに移動する予定です。

 

ホテルの窓からは、スイスらしい景色が見えます。

Img_8138
 

Img_81412 

 

マクドナルドもあります。 
Img_81432

 

まずは、すぐ近くのツェルマット駅に行って

前日に乗った氷河特急の乗車証明書をもらうことにしました。

 

おっしゃー、ドイツ語を話すチャンス!

 

でもちょっと待てよ・・・。

ガイドブックで見た”乗車証明書”をそのままドイツ語にすると、

公的証明書と思われて提出先などを聞かれるかもしれない。

ドイツ語でいろいろ質問されると答えられないので

必ず通じる言い方を考えなければなりません。

 

検討の結果、"Andenkenkarte"(記念カード)という言葉を作り、

旅行者用の窓口に行きました。

 

指定席券を見せつつ、前日に氷河特急に乗ったことと

記念カードをもらえると聞いたことを伝えると、

窓口のイケメンお兄さんは、氷河特急の写真入りの台紙を取り出し、

日付印を前日に合わせて、押印してくれました。

 

Img_8610 

窓口の性質上、英語やフランス語、イタリア語での対応も多いのでしょうか。

アジアな顔をした私がドイツ語で話したのが喜ばれたのか、

なんと、ユングフラウ鉄道の2015年カレンダーをいただいてしまいました。

 

窓口の方のドイツ語が早口で、実はあまりよく聞き取れなかったのですが

ご自由にどうぞ~的に置いてあったカレンダーを指し示し、

「ぜひ持って行ってよ、ああ、ケースもあげるから」

・・・というようなことを言っていたのかなぁと推定しております。

聞き取りは今後の課題ということで。

 

とても大きなカレンダーだったため、

半分にゆるく折り曲げて、ようこ夫のスーツケースに入れて持ち帰りました。

Img_8606 

(大きさを表すため、わんこと一緒に撮影。

わんこは缶ビールより少し大きいぐらい)

 

スイスの方たちの温かい気持ちを受け取った出来事でした。(^-^)

 

このように、ドイツ語はどうにかボロを出さずに来ているのですが

この後、何度も通じない場面に遭遇します。>_<

 

(次は、ゴルナーグラート鉄道)

|

« スイスの旅2日目その5(地元の方との会話) | トップページ | スイスの旅3日目その2(登山鉄道) »

コメント

ああ~、この統一感のある建物が良いですよね~house
窓のところにお花が綺麗に飾られていて、近くで見ても遠くから眺めても
絵になる景色だと思いますtulip

ドイツ語の実践は試行錯誤しながらもこれまでの実力が
発揮されてますねup

わんこちゃんdogお久しぶり~heart04
無料にしては中々の大きさの立派なカレンダーのようですねnote
今度実物も見せてくださ~いeye

投稿: くらげちゃん | 2014年10月12日 (日) 00:04

>くらげちゃん
茶色い家と赤い小さな花を見ると、スイスに来たなーと思います。
マクドナルドもスイス風。(^^)

カレンダー、大きいでしょう?
売り物を宣伝するための展示品だったようです。
来年は家のどこかに飾る予定なので、ぜひ見てくださいね。

ドイツ語の冒険はまだまだ続きま~すrun

投稿: ようこ | 2014年10月13日 (月) 16:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« スイスの旅2日目その5(地元の方との会話) | トップページ | スイスの旅3日目その2(登山鉄道) »