« スイスの旅2日目その4(氷河特急のランチ) | トップページ | スイスの旅3日目その1(乗車証明書) »

2014年10月 9日 (木)

スイスの旅2日目その5(地元の方との会話)

ランチの配膳であわただしかった車内に

一段落した空気が流れ始めました。

 

まったり。

Img_8113


通路をはさんだ席の

地元の方と思われる赤ちゃん連れのご夫婦がシャッターを押してくれたりして

なんとなくお近づきになりました。

 

どうやら、ランチのワインの注文などで私がドイツ語を話しているのに気づき、

会話のチャンスをうかがっていたようです。

 

スイスのどこへ行きますか? に始まり、おすすめの街のこと、

どこでドイツ語を習ったのか? 日本のどこから来たのかも聞かれました。

 

こちらからも、スイスに住んでいるのですか?

(イタリアに近いスイスに住んでいるそうなので)イタリア語も話すのですか?

などと聞いてみます。

 

なかなか話を止める気配がないので

日本に来たことはありますか?」

と尋ねると、待ってました!とばかりに

「ヤア!」(Ja ドイツ語で”はい”)

聞くのが遅くなって申し訳ない!

 

なんと、東京、京都の他に高野山道後温泉にも行ったとのこと。

高野山といえば金剛峯寺。

真言宗の空海について語る力量を持ち合わせていなかったのが悔やまれます。

 

また、アジア風な赤ちゃんの名前について、感想を聞かれたりも。

たまたま後輩の奥さんと同じ名前だったので、とっさにその話をしました。

 

ツェルマットよりも手前の駅で降りるそうなので

記念に、手持ちの日本製キャンディを差し上げました。

奥さんが、うれしそうに目をくるっとさせて

その場でいちご飴を食べてくれたのが、今も思い出されます。

 

「ありがとう、さようなら。

いつかまた、日本に来てくださいね」

 

そんな挨拶をして、お別れしました。

旅は、”いちご”一会

 

 

標高1620mのツェルマット駅も近そうな風景です。

Img_8128
 

 

 

Img_8133


 

目的地に着くと、もう午後5時になっていました。

所定の窓口に行くと、氷河特急の記念乗車証明書をもらえるそうですが

この日は窓口の場所が分からず、翌日に持ち越すことにします。

 

そうそう、Fast Baggageで別送したスーツケースも受け取りを忘れずに。

 

駅前のホテルにチェックインし、ホテルの部屋で軽ーい夕食。

いよいよ翌日は、山を見に行きます。

 

(次は、記念乗車証明書)

|

« スイスの旅2日目その4(氷河特急のランチ) | トップページ | スイスの旅3日目その1(乗車証明書) »

コメント

「いちご一会」うまいっ!

私はダンナさんがいつ値切り交渉を始めるのか、
手に汗を握りつつ読んでいるのですが、まだのようですね。
今後の展開に期待しています。

私も空海についてはよく知らないのですが、
いろいろなエピソードを聞く限り、
日本史上5本の指に入るであろう大天才、
スーパースターでしょうね。
その当時のアジアの仏教事情なども説明しないと
いけないでしょうから、西洋の方には難しい部分が
あるのかなと思います。

投稿: けいいち | 2014年10月10日 (金) 12:37

>けいいちくん
ダジャレにお付き合い、ありがとうございます。

インドネシアでの値切り交渉の話は、今でも話題に出ます。
アメ横などでも技を披露してほしいものです。

空海や四国88ヶ所巡りなどは、ガイドクラスでも勉強しました。
”スーパースター空海”が中国に勉強しに行って・・・と
氷河特急がツェルマットに着いても説明が終わりそうにありません。
まあ、とっさにそのような説明が出来る訳もなく
今後の課題として課題表に載せておきました。(^^;;

投稿: ようこ | 2014年10月10日 (金) 21:10

私もいちご飴もって出かけようかなheart01
外国のかたの方が日本の事をよく知っていますよね。語学もさることながらいろんな日本についての知識も勉強しないといけないなと思うこのごろです。

投稿: naooba | 2014年10月10日 (金) 23:54

>naoobaさん
何か日本の物を・・・とあわててバッグの中を探しました。<いちご飴

私は高野山も道後温泉も行ったことがなく、
今まで頭の中でぼんやりと思っていた
「日本のことを勉強しないと・・・」に対して
リアルな例に遭遇できたのは貴重な経験でした。

投稿: ようこ | 2014年10月12日 (日) 00:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« スイスの旅2日目その4(氷河特急のランチ) | トップページ | スイスの旅3日目その1(乗車証明書) »