« 久しぶりの吉祥寺 | トップページ | 一種の時差ボケか? »

2014年7月13日 (日)

『キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン』(2014.7.12 マチネ シアタークリエ)

土曜日のお昼、ようこ夫と一緒に

ミュージカル『キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン』を観に行きました。

応援している戸井勝海さんが出演する作品です。(^^)

 

この日は、なんと前から3列目の中央ブロックの席でした。

あらーー、出演者から見えるかも~~、なんて。(^^ゞ

ダンスの勢いなども間近で感じられます。

 

さて、ストーリーは、FBI捜査官が天才詐欺師を追う1960年代の捕物帳

私たち夫婦は、日本では2003年に公開された映画も観ました。

 

詐欺師(松岡充)が、歌やセリフに乗せていろいろな人をだます様子に

最初は「私は引っかからないぞ!」と思ったものの、

あのいたずらっぽい目線に、だんだん引き込まれていきます。

 

どっしりとした風格のFBI捜査官(今井清隆)とその部下3人組

ミュージカルならではの楽しさがあり、3人組の登場を待っている自分がいました。

 

マドンナ的役割のブレンダ(菊地美香:Wキャスト)は、

小柄ながらも、パワーのある歌声を聴かせてくれます。

 

戸井さんは、詐欺師の父親役でした。

温かみのある父親から、人生投げやりになる過程が

とても丁寧に演じられていました。

 

今回、出演者の都合でキャスト変更があり、

FBI捜査官、詐欺師の父親、ブレンダの父親役が変わりましたが

変更があったとは思えない、適役という感じがしました。

役者さんってすごいんですねぇ・・・。

 

東京公演は千穐楽を迎え、次は名古屋(←追記しました)、大阪公演へ≡3

生バンドの演奏付きのパワフルで楽しい舞台です。

|

« 久しぶりの吉祥寺 | トップページ | 一種の時差ボケか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 久しぶりの吉祥寺 | トップページ | 一種の時差ボケか? »