« 草津よいとこ一日目その1(湯畑) | トップページ | 草津よいとこ一日目その3(夕食) »

2014年4月22日 (火)

草津よいとこ一日目その2(草津に歩みし百人)

草津温泉の湯畑の周りには、

草津を訪問した有名人の名前が刻まれています。

 

歴史の教科書に出てくるような人名もあり、

見ているとついつい写真を撮りたくなります。

8枚の写真をアップします。

 

木曽義仲(平安時代)

Img_7381  

 

蓮如上人(室町時代)

平成25年の通訳案内士試験に出題されました。

Img_7380_2  

 

佐久間象山(江戸時代)

科学者としても有名ですね。

Img_7376  

 

ベルツ博士(明治時代)

草津を世界に広めたドイツ人医師です。

今回の旅行では、ベルツ記念館にも行きました。

Img_7395  

 

ナウマン博士(明治時代)

フォッサマグナやナウマン象で有名なドイツ人の学者です。

Img_7396  

 

野口雨情(昭和時代)

♪七つの子、♪赤い靴 などの詩を書きました。

茨城県の記念館に行ったことがあります。

Img_7388  

 

菊池寛(昭和時代)

小説家。

そういえば、草津では作家の先生が泊まりそうな旅館をいくつも見かけました。

Img_7386  

 

ブルーノ・タウト(昭和時代)

桂離宮を広めたことでも知られている、ドイツ人の建築家です。

Img_7384  

 

以上です。

案の定、ドイツ人の割合が多くなりました。

人によっていろいろなセレクトがあって面白そうです。(^m^)

|

« 草津よいとこ一日目その1(湯畑) | トップページ | 草津よいとこ一日目その3(夕食) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 草津よいとこ一日目その1(湯畑) | トップページ | 草津よいとこ一日目その3(夕食) »