« スーパーで聞くアルフィー | トップページ | 年度末 »

2014年3月30日 (日)

『ちぬの誓い』(2014.3.30 マチネ 東京芸術劇場)

雨の中、池袋の東京芸術劇場へミュージカルを観に行きました。

十数年前の『レ・ミゼラブル』の頃から応援している戸井勝海さんが出演する

日本の新作オリジナル『ちぬの誓い』(演出・振付 謝珠栄)です。

  

平清盛の頃、日宋貿易をするために

大輪田泊(現在の神戸港)を築こうとする若者たちの物語です。

荒れるちぬの海(現在の大阪湾)を鎮めるために取った作戦とは・・・。

 

なんと、出演者は全員男性。(私が観たミュージカルでは初めて)

ダンスの上手な若手たちとベテラン2名の構成でした。

 

第一幕は、背景の説明などが多めで

休憩後の第二幕からは話がどんどん展開して、目が離せなくなりました。

 

若者の一人、不動丸(東山義久)がキリリとストーリーを進め、

達若(良知真次)の細やかな動きで流れにメリハリがつき、

品の良い存在感の松王丸(相葉裕樹)には、最後に見せ場があります。

会場からは、すすり泣きも・・・。

  

ベテランは、かつて『レ・ミゼラブル』で

アンジョルラスを演じた今拓哉とマリウスだった戸井勝海。

この二人の思いもよらないキャスティングが絶妙で、

納得納得、と上演中に何度もうなずいてしまいました。

 

濃いぃメイクをした陰陽師(今拓哉)の怪演ぶりが

舞台に楽しい空気を醸し出し、

渡来人七代目の役の戸井さんは、

歌の高音部分がよりクリアになったような気がしました。

若者たちを導く重みも出ていてよかったです。*^^*

 

ところで、若者たちは集団で舞台に登場することが多く、

(見やすくする意図なのかどうかは?ですが)

衣装の色を工夫していたのと、名前を何度となく呼びかける点は

観客に親切な演出だと思いました。

 

東京公演の後、兵庫公演もあるそうです。

地元の方が観ると、また感慨深いものがありそうな作品でした。

|

« スーパーで聞くアルフィー | トップページ | 年度末 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« スーパーで聞くアルフィー | トップページ | 年度末 »