« 今週も大雪 | トップページ | ホテルについての発表 »

2014年2月16日 (日)

3日連続ソチ時間

週末の予定が空き、ソチオリンピック観戦三昧しております。

結果が出ていない生中継が一番、などと言って、

真夜中、リビングに一人陣取り、3日連続でこちらの中継を観ていました。

 

フィギュアスケート 男子SP

フィギュアスケート 男子FS

ジャンプ ラージヒル男子個人・決勝

 

フィギュアスケート 男子SPでは、

高橋大輔選手の『ヴァイオリンのためのソナチネ』を初めて聴きました。

 

作曲者は報道されている通りですが、

まるで1800年代のクラシック音楽のようです。

音楽と振付がよく合っていて、演技が終わった時には

一人で静かに拍手していました。

 

翌日の男子FS、SPで首位に立った羽生結弦選手が登場です。

ソチから緊張が伝わってきて、こちらも緊張してしまいました。(^^ゞ

 

使われた音楽は、ニーノ・ロータの『ロミオとジュリエット』

(バンクーバーオリンピックで高橋大輔選手がFSで使用した

『ジェルソミーナ』も同じ作曲家の作品です)

 

『ロミオとジュリエット』は、私がポピュラーピアノに種目変更して

2曲目か3曲目に習った曲です。

この世にこのような美しい音楽があり、

そういう曲を弾くことができるなんて・・・と、当時の記憶をたどりながら、

若いスケーターを応援していました。

金メダル、おめでとう☆

 

そして、日曜日の午前2時半からはジャンプ!

41歳の葛西紀明選手が出場します。

強風のため、開始時間が15分遅れ、この時間帯の15分はツライと思いつつ、

原田さんの軽妙な解説と、次々と飛ぶテンポのよさで

1回目のジャンプはすべて観ました。

 

葛西選手の力強いジャンプを見届け、

おそらくメダルを手にする2回目も観たかったのですが、

連日の夜更かしで断念。>_<

昼近くに起きた時に、銀メダルのニュースを知りました。

 

日頃、年齢を理由に挑戦しないのは残念なことだ、と思う私も

このチャレンジには、驚くばかりです。

 

4年後、金メダルを目指して、再びジャンプ台に登場することを願っています。

 

さて、明日からは日本時間に戻って生活しなければなりません。

でも、残りのオリンピックを出来る範囲で楽しみたいと思います。

|

« 今週も大雪 | トップページ | ホテルについての発表 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今週も大雪 | トップページ | ホテルについての発表 »