« お江戸日本橋亭の『落語でGO!』 | トップページ | 海鮮恵方巻 »

2014年1月31日 (金)

ドイツ語のニュース

最近話題のSTAP細胞について、ドイツ語のニュースサイトの記事を読みました。

旬に記事を読むと、単語や動詞、前置詞の使い方が印象に残るのです。

 

Img_70812 

研究内容の簡潔な説明と、

ケルンの研究者の慎重な感じのコメントが載っていました。

こういった外国目線の記事も興味深いものがあります。

 

ところで、ようやくネイティブ用の記事が(もちろん辞書あり)

読めるようになってきたのはうれしいことです。

 

しかし、もうちょっとスピードアップしないと試験には受からないので

今年はなるべくドイツ語の記事を読む努力をしようと思っています。

|

« お江戸日本橋亭の『落語でGO!』 | トップページ | 海鮮恵方巻 »

コメント

こんばんは。食いつきたいところだがドイツ語が解らんので回避(>_<)

投稿: シブ | 2014年1月31日 (金) 22:21

>シブさん
アハハ、私もかなり無理をしていますが・・・。(笑)
記事を読んだ後に理研のホームページで内容を確認しました。
ちなみに、頻出単語”幹細胞”は、ドイツ語でStammzellen(pl)といいます。
そのままですねー。

投稿: ようこ | 2014年2月 1日 (土) 17:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« お江戸日本橋亭の『落語でGO!』 | トップページ | 海鮮恵方巻 »