« 福井のおいしいもの | トップページ | ドイツ語のニュース »

2014年1月28日 (火)

お江戸日本橋亭の『落語でGO!』

月曜日の夜は、落語を聴きに行きました。

落&Pでおなじみの三遊亭遊史郎師匠の『落語でGO!』という会です。

 

まず午前中、ドイツ語会話教室に出席し、

一旦帰宅して、座ることなく家のあれこれを片付けました。

(この集中力が勉強にあったらどんなにか・・・)

 

再び電車に乗り、お江戸日本橋亭のある三越前駅へ。

落語を聴く前に寄りたいのは、

コレド室町にある、にんべんの”日本橋だし場” です。

ここでスタンドカフェの感覚で、合わせだしを飲むのが楽しみです。

気分も江戸時代にタイムスリップできますよ~。

 

さて、お江戸日本橋亭の前にはこちらの看板が出ていました。

Rakugo 

鏡味味千代さんは、太神楽曲芸という芸で登場しました。

あごの上に棒を立て、その上に板を置いて湯呑を乗せる・・・といった

集中力と練習が必要そうな芸で、ただ見ているだけで面白いです。

 

柳家蝠丸師匠、昔昔亭桃太郎師匠は、

軽妙な中にベテランの貫録たっぷりで

一つの落語会でお二人の落語が聴けてお得な気分。

 

遊史郎師匠は、前半に「ふぐ鍋」、後半のトリに「ねずみ」を演じました。

「ふぐ鍋」は、ふぐのが心配だった頃の噺をユーモアたっぷりに、

親孝行な息子の出てくる「ねずみ」は、温かい雰囲気に包まれます。

その声質や構成の整った感じから、

クラシック音楽を聴いているような気持ちになります。(^^)

 

こういった落語会に足を運ぶと、普段使わない頭や心の部分が刺激されますね。

今年も時間を作って、落語を聴きに行こうと思います。

|

« 福井のおいしいもの | トップページ | ドイツ語のニュース »

コメント

落語は確かに頭が柔軟になるかもしれませんね。
笑いは心の栄養です。
「日本橋だし場」行ってみますheart02
体の栄養も楽しみですheart04

投稿: naooba | 2014年1月28日 (火) 22:13

>naoobaさん
落語を聴くと頭の中で場面を想像するからでしょうか、
会の後には頭が柔軟になった気がします。

「日本橋だし場」ぜひお出かけください!
私はおやつの時間でしたので、だしせんのセットにしました。

投稿: ようこ | 2014年1月29日 (水) 18:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 福井のおいしいもの | トップページ | ドイツ語のニュース »