« 第48回いわき帰省その1(浜風商店街) | トップページ | 第48回いわき帰省その3(あくび教室) »

2014年1月 5日 (日)

第48回いわき帰省その2(道の駅よつくら港にて)

帰省の土産話2つめは、大晦日の道の駅での話です。

 

大震災の際、津波による大きな被害があり、

建物の枠だけになっていたのが、今はこのように修復されました。

2階にはフードコートがあり、ラーメン、そば、釜めし、海鮮丼などが食べられます。

Img_6981 

 

道の駅の海側には、消波ブロックが無数に置かれていました。

Img_6975 

 

ようこ夫と私は、フードコートで待望の海鮮丼をいただきます。

Img_6979 

 

すると、斜め向かいのテーブルの方が

「よぉ、○○坊!」

と、子供の頃からのあだ名でようこ夫に声をかけてきました。

 

偶然にも、高校の同級生一家と両家のお母様たちが

年越しそばを食べに来ていたのです。

 

お互い顔が分かりにくい位置だったのですが、

この同級生の奥様が

年賀状で見たことのある人がいる!」

と気づいたのだそうです。

 

毎年、私たちは年賀状に海外旅行の写真を載せています。

 

年賀状を見るだけでなく、

その場でを思い出してくださったという、なんともありがたいお話で・・・。

年賀状も面倒くさがらずに出してみるものだなぁと思ったのでした。

 

2014年も、インドネシアバージョンの年賀状が届いているはずです。

あの時の海鮮丼の人だなぁと、思い出してもらえたらうれしいです。(^v^)

|

« 第48回いわき帰省その1(浜風商店街) | トップページ | 第48回いわき帰省その3(あくび教室) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 第48回いわき帰省その1(浜風商店街) | トップページ | 第48回いわき帰省その3(あくび教室) »