« インドネシア旅行記4日目その3(英語の通じるレストラン) | トップページ | インドネシア旅行記4日目その5(ケチャ) »

2013年11月 2日 (土)

インドネシア旅行記4日目その4(ウブド散策)

世界文化遺産を中心に観光するインドネシアの旅も

残りわずかとなりました。

 

バリ島では

「バリ州の文化的景観 : トリ・ヒタ・カラナの哲学を表現したスバック・システム」

として登録されている寺院と山々、湖を訪ねました。

 

ヒンズーの哲学に基づいた

神と人との調和人と人との調和人と自然の調和

そういった考え方によって造られてきた景観を

晴れた空の下、見ることができました。

 

立派な建造物系の世界文化遺産も見応えがある一方で

私はこういった”富士山”系(登録名:「富士山-信仰の対象と芸術の源泉」)の

世界遺産も、景観を見ながら抽象的なことを考えられるという点で

心ひかれるものがあります。

 

ここから先は、世界遺産とは離れ、バリ島でも人気のスポットを巡ります。

 

まずは、キンタマーニ高原と、ホテルのあるヌサドゥア地区の間にある

ウブドという活気あるエリアを散策しました。

 

第一印象は、人口密度が高っ!

観光客と地元の大人や子供たちでごった返していました。

また、芸術の村とも言われている地区にふさわしく、

絵画ショップなどが多く立ち並びます。

 

ウブド王宮

今も王家の方が住んでいるそうです。

Img_6594  

Img_65952_3  

市場

Img_6597  

芸術の村、というだけあって、店先もカラフルです。

Img_6598  

Img_66032_3  

 

この市場でも少しばかり買い物をしました。

例によって、私が「ミンタ ディスコン」(安くしてください を棒読みで)、

ようこ夫が、今までの経験をもとに会心の値引き交渉(本人談)をしました。

 

夜になると、バリ伝統のダンスなどを見ることができます。

しかし、私たちはバリ島南端ヌサドゥア地区に戻らねばなりません。

いつかまた、ウブドもゆっくりと観光したいと思いました。

 

(次は、ケチャ)

|

« インドネシア旅行記4日目その3(英語の通じるレストラン) | トップページ | インドネシア旅行記4日目その5(ケチャ) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« インドネシア旅行記4日目その3(英語の通じるレストラン) | トップページ | インドネシア旅行記4日目その5(ケチャ) »