« インドネシア旅行記2日目その11(ヌサドゥアのホテル) | トップページ | インドネシア旅行記3日目その2(スバック博物館) »

2013年10月17日 (木)

インドネシア旅行記3日目その1(タマン・アユン寺院)

バリ島は日本人にも人気が高く、至る所で見かけました。

私の友人知人も10人以上が旅したことがあるそうで

遅ればせながら、私たち夫婦もバリ初観光となります。

 

旅行3日目、4日目は世界文化遺産の構成資産を訪ねます。

この世界文化遺産は、

「バリ州の文化的景観 : トリ・ヒタ・カラナの哲学を表現したスバック・システム」

という名前で、2012年に登録されました。

 

なんとも抽象的でアカデミックな香りがしますね~。

私は富士山(登録名:「富士山-信仰の対象と芸術の源泉」)を連想し、

わくわく。

 

最初にタマン・アユン寺院へ行きました。

ホテルのあるヌサドゥア地区から、休憩を含めて車で約2時間かかりました。

バリ島には鉄道がなく、移動手段は車かバイクがメインなのだそうです。

 

寺院前の売店。トロピカルな感じがします。

Img_6357

 

世界遺産見学の前に、バリ島の宗教について。

国としてはイスラム教徒が約90%ですが、

バリ島は90%以上がヒンズー教とのことです。

 

”トリ・ヒタ・カラナの哲学”は、ヒンズー教によるもので

神と人との調和人と人との調和人と自然の調和

が重視されています。

 

割れ門~神様が通る道~

Img_6362

 

Img_6369_2 

 

寺院の周りにお堀があります。

Img_6371_2 

 

11重のメル

Img_6382_2 

 

見事な彫刻

Img_63782_2 

 

水に浮かぶ蓮の花が、おだやかな気持ちにさせます。

まさに人と自然の調和・・・でしょうか。(^-^)

Img_6383 

 

鳥かごもあって、公園のような趣(おもむき)も感じられました。

Img_6386

(次は、スバック博物館)
 

|

« インドネシア旅行記2日目その11(ヌサドゥアのホテル) | トップページ | インドネシア旅行記3日目その2(スバック博物館) »

コメント

下から2番目の写真はいいですね!
パソコンの壁紙にさせていただきました。
しばらく楽しませてもらいます。

投稿: けいいち | 2013年10月19日 (土) 05:40

>けいいちくん
気に入ってもらえてうれしいです。
バリ島らしい風景かもしれませんね。
(壁紙・・・個人で楽しむ範囲ならOKです)

投稿: ようこ | 2013年10月19日 (土) 18:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« インドネシア旅行記2日目その11(ヌサドゥアのホテル) | トップページ | インドネシア旅行記3日目その2(スバック博物館) »