« インドネシア旅行記2日目その4(ボロブドゥールのストゥーパ) | トップページ | インドネシア旅行記2日目その6(ムンドゥット寺院) »

2013年10月 7日 (月)

インドネシア旅行記2日目その5(ドイツ語)

世界文化遺産 ボロブドゥール寺院に名残を惜しみながら

ガイドさん、ようこ夫、私の3人で歩いていました。

 

すると、後ろからこれ以上ない絶妙なタイミングで

「ヴンダバーー!ゼア シェーン!」(素晴らしい!とてもきれい!)

というドイツ語が聞こえてくるではありませんか!

 

旅は一期一会

このチャンスを逃してはならん!と思った私は、誰の了解も得ず、

「こんにちは。私はドイツ語を話します。日本から来ました」

と、私よりは年上と思われる女性2人組に話しかけました。

 

向こうは、私がドイツ語を話すことにはそれほど驚かずに

「まあ!私たちは日本には行ったことがないのよー」

と、こちらの話を受け、ほんの短い間でしたが、会話が弾みました。

 

私も行ったことのあるケルンから来たそうで、私からは

2020年のオリンピックにはぜひ日本に来てください」

と言いましたよ~。*^-^*

 

本当はもっともっとボロブドゥールについても話せればよかったのですが

その時に日本語で感想を言うのすら難しく、

「きれいですねー」

ぐらいしか言えなかったのが残念!

 

でも、あのケルン大聖堂のある場所から来た方たちと

お互いの異国の地で、ドイツ語で感動を共有できたことは

本当にうれしい出来事でした。

 

結局、今回の旅で、

明らかにドイツ語を話している方に会ったのはこの時だけ・・・。

2020年には、もっともっと複雑なことを話せるようにがんばります!と

ボロブドゥール寺院で誓いを新たにしたのでした。

 

Img_6228   

(次は、ガジュマルの樹)

|

« インドネシア旅行記2日目その4(ボロブドゥールのストゥーパ) | トップページ | インドネシア旅行記2日目その6(ムンドゥット寺院) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« インドネシア旅行記2日目その4(ボロブドゥールのストゥーパ) | トップページ | インドネシア旅行記2日目その6(ムンドゥット寺院) »