« 横浜開港旅日記(二日目 その3 中華街、元町のサンバ) | トップページ | 2020年、私は何をしているのだろう? »

2013年9月 5日 (木)

『Takamiy Legend of Fantasia 2013 雷神-raizin-』(2013.8.24 パシフィコ横浜)

8月24日(土)にパシフィコ横浜のコンサートに参加しました。

THE ALFEEの高見沢さん(Takamiy)の第2期Takamiyソロプロジェクトで、

有名ギタリストたちとヘビメタを演奏します。

 

先に旅行記をアップした通り、コンサート翌日に試験を控え、

カンヅメのために横浜に前泊しての会場入りです。

いつもはギリギリに到着する私ですが、珍しく早めに着いて

会場の近くのカフェで休憩していたら、lilacさんからのメールが届きました。

 

なんと、会場に来ているとのこと!

大急ぎでアイスティーを飲んで、ロビーへ向かいました。

以前もコンサート会場でお会いしたことがあるlilacさんとは

数年ぶりの再会となりました。

 

・・・といっても、ブログでコメントのやりとりをしていると

久しぶりという感じがそれほどしないのが不思議ですねぇ。

 

短い時間でしたが、やはり泊まりがけで参加したlilacさんと

パパパーっと話し、ハイタッチしてそれぞれの席に移動しました。

こういう連絡をもらえるのは、私にとって、とてもうれしいことです。

ありがとうございました。(^-^)

 

さて、私は、ころぼっくるさんたちと3人で参加です。

席を探したら、前から3列目のど真ん中

「なるほど、坂崎さんの前なんだなー」

と思うこと10秒。

この日はTakamiyのソロコンサートだから・・・と考えたら、

ひっくり返りそうになりました。

 

コンサートは、Takamiyの他にルーク篁、ANCHANG、KOJIがほぼ全曲、

途中であのマーティ・フリードマンが登場するという豪華版でした。

さらに、ベース、キーボード、ドラムも加わって厚みがますます増します。

 

Takamiyは、来年60歳になるとは思えない派手な衣装と

パワフルな演奏で、かなーり楽しそうにしていました。

同年代感満載のANCHANGは、コンサートを拝見するたびに

とても親しみがわきます。(演奏は超カッコイイ)

 

マーティ・フリードマンのギターは、まるで人が歌っているように聴こえます。

とにかくあまりにもすごくて、この時ばかりは、

ギターの手元やマーティの表情をしっかりと見ておきました。@_@

 

これだけでも盛りだくさんなところ、アンコールではウルトラマンゼロが出てきて、

ステージ上で相当動き回っていました。

それだけでなく、ウルトラマンゼロの声優 宮野真守さんがゲスト出演。

Takamiyとのコラボレーションで主題歌を歌っています。

なんと、THE ALFEEの『メリーアン』が発売された頃に生まれたそうです。

ほぉーーー。

 

背が高いー、顔ちっちゃー、歯並びきれいー、

そして、高くて通る少し太い感じの声で、

ウルトラマンゼロの動きに声を合わせる実演もありました。

 

この調子で日記を書いていると、

いつまでも終わらなくなるのでそろそろ締めたいと思います。(^^ゞ

いろいろな方たちのおかげでパワーをたくさんもらうことができ、

参加して本当に良かったです。

 

私が参加した翌日(25日)のパシフィコ横浜のコンサートをもって

2014年のTHE ALFEEデビュー40周年に邁進するため、

第2期Takamiyソロプロジェクトは終了とのこと。

 

私はずっとファンをやっているので、またそのうち、いつかどこかで

プロがこのために集まって作り上げる、

力強いステージも観られたらいいな、と思いました。

|

« 横浜開港旅日記(二日目 その3 中華街、元町のサンバ) | トップページ | 2020年、私は何をしているのだろう? »

コメント

こんにちは!
4年ぶりにお会いできて、とても嬉しかったです(^^)b
内容の濃密なライブでしたね~
ソロは私はこれが最初でラスト。
あれだけのハードな演奏とボーカルをこなし
3人でのライブと違って、ひとりでMCのリードも取らなきゃならないのは
大変だっただろうと思うんですよ。
たかみーは考えて考えて、話をふっている様子がひしひし伺えたよね^^
第2期がこれをもって終了というのが納得できたかな。
それにふさわしい内容のライブだったな、と本当に思いました。
できれば綾小路さんも出てきてFantastic Loveなんて
やってほしかったな、なんて考えてたんだけど、それは叶わずでしたね。


一般発売で、しかもかなり遅い時刻にやっとチケット入手できた私は
2階の最後列という遠い遠い位置だったんです。゜゜(´□`。)
°゜。
でも真ん中だったのが救いかなぁ。
地方から参加となると、本当にギリギリの時期まで悩んでしまうので
先行予約ができないのがつらいところです。
こんな状況ですがこれからもよろしくね!
またいつか、横浜で食事もご一緒して楽しみましょう!!

投稿: lilac | 2013年9月 6日 (金) 10:15

>lilacさん
こちらこそ、ご連絡ありがとうございました。
予定していたのではなく、サプライズな感じもいいものでした。(^^)

そうですか、lilacさんは2階最後列だったのですね。
でも、チケットを無駄にしないようにぎりぎりまで待って
あのハードな空間に最後の最後に参加できてよかったですね!

それにしても、高見沢さん中心のMCや”コント無し”というのは
ソロコンサートならではですよね~。

またこちら方面のコンサートに参加するときはご連絡ください。
試験前のバタバタがなければ(笑)、お茶かご飯をご一緒しましょう。

投稿: ようこ | 2013年9月 7日 (土) 01:26

マーティ・フリードマンはハロプロ好きの間では
「ハロプロ好きの変な外人」扱いだったのですが、
さすがメガデスにいただけあって、ギター上手いんですね。
聴いてみたかったなぁ。

投稿: けいいち | 2013年9月13日 (金) 10:23

>けいいちくん
マーティが日本好きだとは聞いていましたが(漢字も詳しい)、
ハロプロ好きだったとは!!!

マーティのギターが鳴り出すと、会場の空気がガラッと変わります。
Takamiyソロコンサート第2期は終わってしまいましたので
次聴けるのはいつかなぁと、私も名残りを惜しんでいます。

投稿: ようこ | 2013年9月14日 (土) 13:09

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%BB%E3%83%95%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%9E%E3%83%B3
に書いてありますが、「好きな日本人女性アーティスト」
で松浦亜弥が2位に入っています。

そして週刊アスキーでの対談でもつんく♂を天才って
言ってました。うろおぼえですが、たくさんの曲を作って
いるのにどの曲にもつんくテイストがちゃんと入っていて、
なおかつ「ちょっとイラっとさせるところがある」とか
言ってました。

投稿: けいいち | 2013年9月15日 (日) 19:13

>けいいちくん
Wikipedia、ついついほぼ全部読んでしまいました。
好きな日本人女性アーティストの幅もずいぶん広いですねぇ。

松浦亜弥さんといえば、横浜アリーナで
多くのタレントが集合するコンサートがあって
一曲だけ聴いたことがあります。
手足が長かったのが印象的でした。

マーティは、週刊アスキーにも連載しているのですか!
並々ならぬ才能を持っている方なんですね。(驚)

投稿: ようこ | 2013年9月16日 (月) 02:21

ごめんなさい。マーティは対談のゲストでした。
通信教育で日本語を勉強したというのは笑いましたね。

マーティ・フリードマンとは (マーティフリードマンとは) [単語記事] - ニコニコ大百科
http://dic.nicovideo.jp/a/%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%BB%E3%83%95%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%9E%E3%83%B3

投稿: けいいち | 2013年9月20日 (金) 12:57

>けいいちくん
すみません、私の早合点でした。<連載の件

MCで、「禁断」の”断”のことを「判断の”断”?」と言っていたので
通信教育の効果がしっかり出ているようですね。

投稿: ようこ | 2013年9月20日 (金) 17:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 横浜開港旅日記(二日目 その3 中華街、元町のサンバ) | トップページ | 2020年、私は何をしているのだろう? »