« 『10 MILLION MILES』(2013.8.30 新国立劇場 小劇場) | トップページ | 世界一おいしいごはんの食べ方 »

2013年9月14日 (土)

ESqUISSEにて。

昨日は、恒例となったくらげちゃんとの豪華ランチのため、

銀座にあるESqUISSE(エスキス)に出かけました。

 

知る人ぞ知る、といった立地にあるリッチなレストランで

お店のフロアに着くと、

「くらげさま!いらっしゃいませ、いつもありがとうございます」

と、そのなじみぶりが伝わってきます。

 

白い家のようなくつろげる雰囲気のインテリアの中、

窓際の席に案内されました。

 

ランチは、”料理はシェフの創作によるコース料理”とのこと。

エスキス(素描:デッサン)という名の通り、絵のような料理に出合いました。

 

秋らしいアミューズの後に、前菜一品目。

チーズやイベリコ豚が使われていました。

Img_6109_2  

このようなレストランに来る機会はなかなかないので、

私はグラスの白ワインを注文しました。

 

前菜二品目は、ムール貝、かぼちゃのスープ仕立て。

最初にカボスの香りがして、後からバナナの味が現れました。

Img_6114  

 

魚料理は、イトヨリ鯛です。

海ぶどうや銀杏の飾りがついています。

塩を少しつけると、旨みが増しました。

Img_6115  

 

メインディッシュの肉料理として、スパイスの効いた子羊のグリル。

お店の方おすすめの赤ワインを追加しました。

 

右上のかぶのような野菜は、オクラの花なのだそうです。

色は白いのに、たしかにオクラのような味がするんですよ。

Img_6118  

 

プレデセール(デザートの前のデザート)。

花びらが見えます。

Img_6121  

 

とうもろこしがテーマのデセール。

深い甘みがありました。

Img_6124  

 

食後もくらげちゃんとおしゃべりしていると、

外国人のシェフとソムリエが席までご挨拶に!

 

私のような庶民が・・・と恐縮しましたが、

肉料理についてなどの感想をお伝えすると

日本人ソムリエがフランス語に通訳してくださいました。

 

こちらからも、知っている数少ないフランス語のフレーズ、

「せてとれぼん、めるしーぼーくー」(とてもおいしいです、ありがとう)

とお礼を言ったところ、通じたようで、シェフがさらに笑顔になりました。

 

豪華なのだけれども、静かでおだやかな時間を過ごしました。

こういった年に数回の豪華ランチも、私の明日への活力となっています。

くらげちゃん、どうもありがとう。(^v^)

|

« 『10 MILLION MILES』(2013.8.30 新国立劇場 小劇場) | トップページ | 世界一おいしいごはんの食べ方 »

コメント

「くらげさま!」ワタクシくらげさま~lovely

…コホンこれは失礼sweat01
なんとなーく南仏か何処かのおうちのような雰囲気のお店ですねhouse
ようこさんがお皿がパレットのようと言われてたように、
パレット使ってデッサンを描くような感じで、ソースや付け合わせ食材で
綺麗にもりつけてありましたよねrestaurant

前菜2品目はムール貝にかぼちゃスープ、加えてカボスやバナナの味まで
次々と味わえる楽しい一品でしたnote
最後のデザートまで絵を描いたような上品で美味しいお料理の数々、
充実してました~happy01

シェフは毎回一組ずつ挨拶に周られていて、とても律義で丁寧な方のようです。
エルメスのご紹介のおかげでワタクシとしても、また是非行きたくなる、
というお店が一つ増えて良かったと思っていますconfident

ようこさんは相変わらず観察力が優れてますねup
紹介のし甲斐があります。またご紹介しますねwink

投稿: くらげちゃん | 2013年9月15日 (日) 02:05

 こんばんは。こちら関西は台風の影響なのでしょう。
 一日中雨です。

 このようなレストランに行ったという話ができないのですが、皿が大きい事に気が付きますね。
 最初は「不必要に大きいのではないか?」と感じるのですが、意外とたくさんのソース類が載っていたり、ナイフやフォーク類が置き易いなど、必然性があるのでしょう(本当は解ってないのですが)。
 しっかし、各プレートとも、篠沢教授の成績のように上品ですね。

 あ、東京と言えば一つ思い出しました。
 2年前の11月に上京し新宿で呑んだ翌日、乃木坂・新国立美術館3階のブラッセリ-でランチを食しました。野口英世2人で非常に満足したことを覚えています。「リエット」というものをはじめて知りました。旨かったです。

 もう一つ、レストランに行った時に味わえる楽しい事がこの記事には書いてあるのですが、今言ってしまうとコチラの計画上モンダイがあるので、それは後ほど(何のこっちゃ)

投稿: シブ | 2013年9月15日 (日) 18:07

>くらげちゃん
今回も素敵なお店のご紹介をありがとうribbon
お店の方に迎えられたくらげちゃんは、
落ち着いた風格が感じられましたよ!

初めて目にするあれこれが、心にスッと入ってきたので
そのままブログにまとめさせてもらいました。(^o^)

それにしても、あらためて写真を見ていると絵のようですね。
味の設計だけでなく、デザインもきっと、
緻密に考えられているのだろうなぁと思いました。

また季節が変わった頃、豪華ランチができたらうれしいです。shine

投稿: ようこ | 2013年9月16日 (月) 02:03

>シブさん
こちらは近づく台風に身構えているところです。
(外に出してあるものをしまっただけですが(^^;)

こういった料理は、絵だと思ってまず鑑賞したのち、
ナイフやフォークで食べ始めることになりますねぇ。
なんだか勿体ない気がすごくするのですが、
その感情を乗り越えました。(笑)

あの飲み会の翌日は国立新美術館だったのですね。
3階のお店にも行きたいと思いつつ、
いつもバタバタして六本木ミッドタウンでジュース一杯といった具合です。
そのうち昼食の時間も予定して、3階訪問を実現させます!

レストランでの楽しいこと、そのうち種あかししてくださいね。

投稿: ようこ | 2013年9月16日 (月) 02:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 『10 MILLION MILES』(2013.8.30 新国立劇場 小劇場) | トップページ | 世界一おいしいごはんの食べ方 »