« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

2013年8月30日 (金)

横浜開港旅日記(二日目 その2 カスタム君、横浜開港資料館、シルク博物館)

横浜を散策していると、驚くほど博物館が多いことに気づきます。

テーマが絞られているため、興味のあるところに入れるのもよいですね。

 

この日記では3つの博物館をご紹介します。

 

・横浜税関 クイーンのひろば

建物は、色白のクイーン。

撮影する角度によっても、いろいろな表情を見せます。

Img_6034

 

 
Img_6035 

 

クイーンのひろば(資料室)の入口には、カスタム君がいます。

お腹周りに親しみを感じますねぇ。
 

Img_6027 

税関ならではの、水際で止めたいあれこれが展示された

シュールな資料室でした。

偽ブランド品を見破るコーナーもなかなか興味深かったです。

 

ちなみに、キング(神奈川県庁本庁舎)は帝冠様式の威厳ある建物です。

木々のすき間から少しだけ・・・。

 

Img_6037


 

・横浜開港資料館

洋館の中に、開港当時の貴重な資料が緻密に展示されていました。

Img_60422 
 

Img_60452

 

ちょうど、関東大震災の特別展もあり、説明を少しだけ聞きました。

横浜に甚大な被害があったことを

写真や当時の子供たちの作文などで知りました。

Img_6041

 

日米和親条約締結の地。

この場に来られて光栄です。

Img_6039 

 

・シルク博物館

横浜は、生糸の輸出が盛んだったことを体感できる博物館です。

動くがいるので、ちょっとびっくりしますが

世界各国のシルクの服、日本の各時代の服装などの展示は

百聞は一見にしかず、圧巻でした。

 

以上、2日間で5つの博物館を見学しました。

この後は食事をしたり、コンサートに備えて過ごしたいと思います。

 

何度も見かけた”あかいくつ”

Img_6030

| | コメント (4)

2013年8月29日 (木)

横浜開港旅日記(二日目 その1 ジャック)

横浜の旅、二日目の夜はTakamiyソロコンサートです。

しかし、浮かれている場合ではありません。

昼間は多くのことを学ばなければなりません。

 

時間切れに注意して、博物館をめぐることにします。

さて、どんな一日になるでしょうか。

 

最初は、みなとみらい線日本大通り駅を出てすぐの”ジャック”

横浜には、その建物の雰囲気から名付けられた、

キング、クイーン、ジャック、と呼ばれる三塔があります。

Img_6011


現在は、横浜市開港記念会館という名の公会堂です。

 

入口でキョロキョロしていると、ボランティアガイドの方が声をかけてくださり、

約一時間、館内の説明を聴くことができました。

 

横浜らしいステンドグラスがありました。

 

『呉越同舟』。

座っているのは、開港後に通訳として活躍した中国人だそうです。

Img_6013

 

『箱根越え』。

洋装の外国人が駕籠(かご)に乗っている様子。
 

Img_6016

『鳳凰』、中央には横浜市のき章。

Img_6018

 

『ポーハタン号』。

外の光を受けて、きれいに輝いていました。
 

 
Img_6019


 

実はこの会館、もともとは商館だったのだそうです。

そこで生まれたのが、美術に大きな足跡を残した岡倉天心です。

生きた英語を聴いて育ったというのがよく分かる立地でした。

 

Img_60242

 

(次は、横浜税関と横浜開港記念館)
  

 

| | コメント (2)

2013年8月28日 (水)

横浜開港旅日記(一日目 その2 受験生のように)

博物館で歴史に触れ、ホテルに戻りました。

 

女性専用フロアのフローリング部屋です。

狭いとはいえ、自分の空間が出来てなんだかうれしい~。(^o^)

Img_5997  

しかも、ベイビューの部屋にしてもらえました!

コスモクロックやインターコンチネンタルホテル、

そして、翌日の最終目的地、パシフィコ横浜もちらっと見えます。

Img_5999  

 

ホテルのレストランで夕食を摂り(飲み物はミニビール♪)、

部屋でノートを広げて勉強しました。

なんだか、遠方で試験を受ける高校生みたいですねぇ。

私はそういう経験がないので、新鮮でした。

| | コメント (4)

2013年8月27日 (火)

横浜開港旅日記(一日目 その1 きっかけ、神奈川県立歴史博物館)

8月23日(金)から一泊で、横浜一人旅をしました。

この旅の発端は、私のスケジューリングミスです。

 

24日(土)はパシフィコ横浜でのTakamiyソロコンサート、

25日(日)は試験、しかも会場は千葉県。

どうしようどうしよう・・・。

 

普通ならコンサートをあきらめるところですが、

しばし考えを巡らせたところ、!名案!が浮かびました。

 

23日(金)~24日(土)は横浜に泊まり、博物館を巡って歴史を学ぶ。

アミューズメント系の場所に行ってはいけない。

夜も飲みに出てはならぬ。ホテルのレストランで夕食を摂ること。

コンサートが終わったら速やかに帰宅し、心は試験に切り替えること。

・・・などと自分で約束事を決め、勉強道具を持って出かけました。

 

ホテルの最寄り、みなとみらい線馬車道駅を出ると

早速、学びにふさわしい碑がありました。

Img_59752  

Img_5972  

他にもあちこちに発祥の碑があり、

横浜の港から、様々な概念が入ってきたことを実感しました。

 

ホテルにチェックインし、荷物を置いたらすぐに神奈川県立歴史博物館へ。

閉館まで残り50分ほど。アセります。

 

特別展を見学する時間がなかったので、

神奈川県の歴史が時代順に展示されている常設展のみのチケットを買いました。

Img_5979  

入館料300円から想像していた規模とは異なり、

その広さと内容の充実ぶりにビックリ!

 

縄文時代の土器をじっくり観察し、

鎌倉時代のコーナーでは、他の方に説明中のボランティアガイドさんがいて

便乗して理解を深めていたら、またまた時間が経過・・・。

 

肝心の江戸時代の終わり、ペリー来航のあたりで閉館10分前のアナウンスが!

ここで、通信の仕事をしていた私にとって、どうしても見ておきたい品がありました。

ペリーが持ってきた”エンボッシング・モールス電信機”です。

レプリカのようですが、「おおおーーー!」と感動したところで

時間切れとなりました。

 

しかし、私の中でぼんやりしていた鎌倉時代が、

すごく具体的なイメージとなったのが収穫でした。(^-^)

 

外観は、洋風の厳かな建物です。

Yokohamashokin  

Img_5984 

 

もともと横浜正金銀行として使われていた建物だそうです。

Img_5980 

| | コメント (2)

2013年8月26日 (月)

通訳案内士試験終了~今年のテーマは日本歴史~

昨日、平成25年度の通訳案内士試験の筆記試験を受験しました。

会場は京葉線の新浦安駅近く。

お隣の駅に遊びに行く方たちで激混みな電車で向かいました。

 

外国語、地理、日本歴史、一般常識の4科目に合格すると

二次試験に進むことができます。

合格するには、それなりの時間がかかります・・・。>_<

 

私は今年3回目で、ドイツ語と日本歴史を受けました。

今年のテーマは、目指せ、日本歴史の合格!

 

・・・だったのですが、解答速報等で自己採点した結果、

ギリギリで厳しい状況にある、といった感じです。

 

試験直後にありがちな、

「こう答えれば良かった!」的タラレバは、山ほどありますが

終わってしまったものは仕方がありません。(^^ゞ

 

ちなみに、この勉強を通して一番興味を持ったのは

1853年にペリーが浦賀に来航し、開国するあたりでした。

 

というわけで、突然ではございますが、

試験直前に一泊で訪れた、横浜開港旅日記

明日以降、アップする予定です。お楽しみに~。

| | コメント (5)

2013年8月23日 (金)

『能 観世流 邯鄲 盤渉』(2013.8.22 国立能楽堂)

千駄ヶ谷にある国立能楽堂にて、観世流の能を鑑賞しました。

 

今、私はドイツ語で日本文化を勉強していて

ドイツ語のテキストを読んだ後に、なるべく実際に観に行くようにしています。

 

国立能楽堂に入るのは初めてで、

国立競技場や東京体育館のある千駄ヶ谷をスポーツの街だと思っていた私は、

日本文化の拠点があることにも驚きました。

 

この日の演目は、働く貴方に贈る と題された企画公演です。

八塩圭子(フリーアナウンサー)×林望(作家)の対談で客席をほぐした後、

観世流の能『邯鄲 盤渉』(シテ:梅若紀彰)が演じられました。

 

邯鄲(かんたん)という言葉を知らなくても、

”一炊の夢”ならご存知かもしれません。

旅人が旅館に着き、特別な枕に頭をのせて粟ご飯を炊く間に見た夢の話で、

夢から覚めた後に栄枯盛衰のはかなさを悟ります。

 

今回、能に詳しい方のアドバイスで、事前にセリフを予習していきました。

また、当日の対談であらすじの解説もあり、

椅子の背にも飛行機のように小さな画面があり、字幕が出る仕組みだったので

ストーリーが分からなくなることはありません。

 

また、笛や太鼓の生演奏も迫力あり、

舞や地謡もふんだんに取り入れられた作品で、

音楽好きな初心者の私にも見応えがありました。

 

終演後は、心地よい疲れが・・・。

たまにはこうした生の舞台を観るのもいいものだと思いました。

| | コメント (0)

2013年8月22日 (木)

第47回鬼怒川~いわき帰省(3日目 文学歴史館)

帰省3日目、久しぶりにエアコンなしで眠ることができました。

前日夜、お墓参りにも出かけたので、この日は温泉につかって帰るのみです。

まずは、勿来関方面へ・・・。

明るい雰囲気の地図がありました。

Img_59542 

ちょうど、「ゲゲゲの女房」と水木しげるの世界展が開かれている

勿来関文学歴史館に立ち寄りました。

Img_5955 

規模は小さくても、東京のようにごった返していないので

一つ一つの展示を近くでゆっくり見られました。

充実していたお土産コーナーで、絵葉書を買いましたよー。

『妖怪道五十三次 戸塚』です。

歌川広重の元の絵を知っていると、より面白いです。

興味のある方は、”東海道五十三次 戸塚”で検索してみてください。

Img_5971 

有名な日本橋と京都は売り切れでした。

この後、温泉に寄ってゆったりと太平洋を眺め、

茨城県のICから高速道路に乗って帰りました。

行ったら行ったでバタバタとしますが、

息子の帰りを待つようこ夫の両親、

東京からやってくる叔母と遊ぶのを楽しみにしている姪たち、

そしていつも温かく迎えてくれる全員の顔が浮かぶと

「また帰省すっぺ」

と思うのでした。(^v^)

 

(完)

| | コメント (2)

2013年8月20日 (火)

第47回鬼怒川~いわき帰省(2日目その2 那須アウトレット)

千本松牧場で昼食を食べた後、那須ガーデンアウトレットへ向かいました。

 

やはり姪2人が車の後ろに乗っています。

しりとり大会を開催し(ドライバーのようこ夫は免除)、

姪たちは、

「ようちゃんに同じ字が当たるようにしよう!」

と大張りきりです。

”わ”で始まる言葉をどれだけ答えたことか・・・。

 

アウトレットに着くと、

買い物に興味のないようこ夫の父は車の中で休憩

ようこ夫の母と姉は女同士でショッピング。

姪一家は子供服中心に、私たちはアイスクリーム目指して解散しました。

こういう点、あっさりしていて面倒くさくない一家なのです。

Img_5941 

有名アイスクリームのお店には大行列が出来ていたため、断念。

 

私はNew Yorkerで横縞のシャツを買いました。

Img_5965


かき氷ののぼりに気づいたのは、出発直前!

あー残念~。

Img_59432 

 

再びいわきに向かって山道を走り、夕方到着。

 

ようこ夫の実家で食事の用意が出来るまで、姪2人と

デジカメを使って遠近法を利用したトリック写真を撮って遊びました。

(いもうと姪が小さくなったおねえちゃん姪をなでたりする写真)

 

その後は、お寿司などをつまみながら飲みました。

姪たちとのしりとり大会も再開です。

 

その一方で、2歳になったばかりののんのん姪もこちらをジーーーッ。

「わからなーい」

という言葉を覚えたそうで、

「だーれだ?」

と聞くと、斜めの向きになりながら

「わからなーい」

と恥ずかしそうに答えていました。

 

でも、ハイタッチが出来るようになり、

何度か手を合わせてコミュニケーションをとりました。(^o^)

 

早いもので、3日目は東京に帰ります。

| | コメント (4)

2013年8月19日 (月)

第47回鬼怒川~いわき帰省(1日目その2 定額ホテル、2日目その1 そば)

鬼怒川のホテルにチェックインすると、

いわきに住むようこ夫の両親、姉、兄一家(姪含む)はすでに到着していました。

 

ところで、今回の宿は知る人ぞ知るホテルグループの一つで、

365日同一料金、1泊2食付き(バイキング)、というのが特徴なのだそうです。

姪ファミリーが時々利用しているそうです。

 

仲居さんが部屋まで揚げたての天ぷらを運んで・・・という形ではありませんが

旅慣れた感じの家族連れが多く、

子供たちが器用にバイキングの料理を取っているのに驚きました。

白いご飯がおいしくて、何度かおかわりしました。(^o^)

 

翌日は、車2台で鬼怒川(栃木県)から福島県いわき市へ移動します。

中学生になり、健康的に日焼けしたおねえちゃん姪と

おしゃれ大好きな小学生のいもうと姪が私たちの車に同乗し、

ぱっとシートベルトを装着したら、おしゃべり開始!

 

彼女たちは車での移動に慣れているため、

山道だろうがなんだろうがまったく平気でした。

こっちがぐったりしないように頑張っちゃいましたよー。(^^ゞ

 

どこを走っているのか分からなくなるので、写真を撮っておきました。

Img_59362 

 

千本松牧場のお蕎麦屋さんにて。

大根おろしがさっぱりしておいしい~。

Img_5937  

 

まだまだドライブは続きます。

| | コメント (4)

2013年8月18日 (日)

第47回鬼怒川~いわき帰省(1日目その1 鬼怒川へ)

まだまだ暑い日が続きますが、いかがお過ごしでしょうか?

私は8月14日~16日に、鬼怒川経由でようこ夫の実家、いわきに帰省

17日の夜は私の両親と妹と私たち夫婦で集まり、

焼肉屋さんで暑気払いをしました。

 

さて、普段はいわきに二泊していますが

今回は、皆が鬼怒川に集まり一泊、いわきに一泊という計画です。

 

私たちは東京を出発し、いつもの常磐道ではなく東北道に乗りました。

この辺りを走っている時に・・・。

Img_5921  

外気温40度を記録しました!

Img_59192  

 

大谷パーキングエリアには、スタシナ健太くんがいました。

石に”スタミナ”と彫るべきところを

海外の業者さんが誤って”スタシナ”と彫ってしまったそうです。

Img_59222  

叩いてみたところ、重厚なであることが分かりました。

 

鬼怒川に着いたら、駅まで散歩~。

Img_5931  

 

吊り橋から撮影しました。

Img_59262

このホテルに泊まりました。 

Img_5932  

| | コメント (2)

2013年8月14日 (水)

白身魚の梅茶漬け

先日、30秒ほど滞在した書店で、

ストライクゾーンど真ん中の本に出合いました。

 

『ワンランクアップ!京料理人直伝の薬味術』

 

NHKのEテレで放送されている番組のテキストで

しょうが、青じそなど、8種類の薬味の準備方法と使い方、レシピが出ています。

 

早速、ようこ夫の帰宅が遅い日に、白身魚の梅茶漬けを作りました。

 

青じそを5ミリ角程度に切る、色紙切り

最初に縦半分に切ります。

Img_5905

色紙の形になったら、水にさらします。 

(詳しくはテキストをご参照ください)

Img_5907  

 

白身魚として、さわらを焼いてほぐし、たたいた梅干し、白ごまと和えます。

最後に青じそをのせて、熱いお茶を注ぎます。

Img_5913  

実は、テキストの写真とは程遠い盛りつけとなってしまいましたが(^^ゞ

暑い日にぴったりのさわやかなのど越しで、も出てきてスッキリ。

 

テキストには、まだまだ作ってみたい料理がたくさんあるので

ワンランクアップする食卓が楽しみです。(^-^)

| | コメント (0)

2013年8月12日 (月)

猛暑の中、ピアノを弾きに。

先週金曜日は、デイケアセンター、今日は病院へ、

それぞれ月に一度のピアノ演奏のために出かけました。

 

どちらも、午後のひとときを楽しんでいただくために

形態は少し変えていますが、1時間のプログラムを組んでいます。

こういう暑い日は、時間帯的に行きも帰りも大変です。

 

先月、暑さのあまり腕と手がうまくコントロール出来なかったので

8月は失敗のないよう、涼しいところで体を冷まし、

会場に着いたら、手だけでなく腕の上の方まで水で洗いました。

 

この方法は単純ですが、意外と効果があって

腕がいい具合にヒンヤリしてくるのが分かります。

 

夏をイメージした選曲で、聴いてくださった方から、

が洗われるようでした」

といった感想をいただきました。

なんとか腕をクールダウンできて良かったです。

 

それにしても、気温が高すぎますね。

来月は、もう少し弾きやすい気候になっているといいな~と思います。

| | コメント (0)

2013年8月 8日 (木)

ながら歩き

日頃、日に日に増大する、ながら歩きに憤慨している私が、

先日、自らが失敗してしまいました。

 

その日は、リニューアルしたスカートをはいての出勤でした。

ちょっとした綻び(ほころび)をリフォーム店で直してもらい、

合わせてクリーニングもお願いした、コストのかかったものです。

 

私の”ながら”は、今流行りの画面なでなで系ではなく(←持っていない)

お昼を食べたビルでもらった

”夏だ!美味しいカレーフェア”的なパンフレットを見ながら・・・でした。

 

人気(ひとけ)の少ない駅の階段を3段ほどのぼったところで、

急に私の体が後ろに反りかえります。

どうやら、靴のカカトが階段にうまく載らなかったみたい!?

 

ごく短い時間の中、

「頭から落ちたくない!痛そうだから」

しりもちも絶対イヤだ!スカートを直したばかりだから!」

と思いながら、必死につま先側に重心を移動させ、

割と重いバッグを前方にドスンと置くことにしました。

 

しかし、足元が不安定な状態で反った体を

元に戻すために、それなりの勢いをつけています。

今度は上手な着地が必須です。

 

地面がどんどん近づいてきます。

突き指をしないように、片手を広げて床を思いっきり叩きました。

 

・・・無事着陸。

 

たまたま通りかかったおじさんが、

「だ、大丈夫でしたか?」

と苦笑しながら気遣ってくれました。

 

「いやー、なんとか元に戻りました。ハハハ」

と答えるのが精いっぱい。

 

もーーー、絶対に”ながら”を止めようと思った出来事でした。(^^ゞ

| | コメント (2)

2013年8月 6日 (火)

第42回 遊史郎の落&P

8月3日(土)に、”第42回 遊史郎の落&P”を開催いたしました。

今回も満員御礼、初参加の方が2名いらっしゃいました。(^o^)

 

ピアノは、日本の夏をイメージした選曲で会を進めました。

が慣れたところで、

落語芸術協会 真打 三遊亭遊史郎師匠による落語『ちりとてちん』です。

恒例の落語の前のコラボ曲は、「ちりとてちん」のメインテーマを選びました。

 

腐った豆腐にイカの塩辛や唐辛子を混ぜた変な食べ物

知っているフリをして食べる噺で、仕草がとても面白いのです。

もう、とにかく不味そうとしか言いようのないあの食べっぷり。

予習してきていた小学生のお客さまも、よく理解できたそうです。

 

休憩をはさみ、後半はポリネシアの音楽からスタート♪

 

落語『怪談牡丹灯籠~お札はがし』の前のコラボ曲は、

シューマンの「こわいぞ(Fürchtenmachen)」を選びました。

 

幽霊が2人登場する、約45分の大作です。

途中、幽霊除けのお札をはがすよう頼まれる夫婦のやり取りがコミカルで

怖い部分とクスっと思う部分がある作品でした。

 

幽霊が出てくるシーンでは、照明を落とし、

笛や太鼓の音を録音したテープを流して、怪談らしい雰囲気となりました。

 

終演後は、お客様たちとの歓談。

100回目の頃には、

「(今は小さいが)子供を連れてきたい」

という方が2人もいらして、ますますがんばらねば!と思った次第です。

 

ご来場の皆様、本当にありがとうございました。

今後とも落&Pをよろしくお願いいたします。

| | コメント (0)

2013年8月 2日 (金)

鯛飯弁当

昨夜は、東京スカイツリーのふもと、ソラマチに行きました。

初の”お弁当持ち帰り”をしてみようと思ってフードマルシェを歩いていると

どうやら、雑誌『Hanako』と”ふもとの街をふだん使い”というテーマで

コラボ企画をしているようでした。

 

Solamachi_r1
(こちらの写真は外から撮影)

 

『Hanako』かぁ~。よく吉祥寺に行った頃、買っていたなぁ~。

・・・などと、ひとしきり懐かしさにひたってしまいます。

 

多くのお店に、Hanako編集部が選んだ一品に水色の札がついていて

ちょうどお弁当も選ばれていたので、2つ買って帰りました。

 

 

青山御膳というノシのついた、鯛飯弁当です。

Img_5892

Img_5898 

 

 

種類豊富な惣菜 

Img_5894 

 

さっぱりした鯛飯 

Img_5896

夜遅い夕食となりましたが、疲れを忘れる味わいでした。

 

ただ、温め方を聞き忘れてしまったので

おそるおそる30秒ぐらい電子レンジにかけたりと

食事の前に少々バタバタししてしまいました。

もう少し温めてもよかったかな?

 

雑誌は2013年8月8日発売とのこと。

久しぶりに買おうと思います。(^o^) 

| | コメント (4)

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »