« 横浜開港旅日記(二日目 その1 ジャック) | トップページ | 横浜開港旅日記(二日目 その3 中華街、元町のサンバ) »

2013年8月30日 (金)

横浜開港旅日記(二日目 その2 カスタム君、横浜開港資料館、シルク博物館)

横浜を散策していると、驚くほど博物館が多いことに気づきます。

テーマが絞られているため、興味のあるところに入れるのもよいですね。

 

この日記では3つの博物館をご紹介します。

 

・横浜税関 クイーンのひろば

建物は、色白のクイーン。

撮影する角度によっても、いろいろな表情を見せます。

Img_6034

 

 
Img_6035 

 

クイーンのひろば(資料室)の入口には、カスタム君がいます。

お腹周りに親しみを感じますねぇ。
 

Img_6027 

税関ならではの、水際で止めたいあれこれが展示された

シュールな資料室でした。

偽ブランド品を見破るコーナーもなかなか興味深かったです。

 

ちなみに、キング(神奈川県庁本庁舎)は帝冠様式の威厳ある建物です。

木々のすき間から少しだけ・・・。

 

Img_6037


 

・横浜開港資料館

洋館の中に、開港当時の貴重な資料が緻密に展示されていました。

Img_60422 
 

Img_60452

 

ちょうど、関東大震災の特別展もあり、説明を少しだけ聞きました。

横浜に甚大な被害があったことを

写真や当時の子供たちの作文などで知りました。

Img_6041

 

日米和親条約締結の地。

この場に来られて光栄です。

Img_6039 

 

・シルク博物館

横浜は、生糸の輸出が盛んだったことを体感できる博物館です。

動くがいるので、ちょっとびっくりしますが

世界各国のシルクの服、日本の各時代の服装などの展示は

百聞は一見にしかず、圧巻でした。

 

以上、2日間で5つの博物館を見学しました。

この後は食事をしたり、コンサートに備えて過ごしたいと思います。

 

何度も見かけた”あかいくつ”

Img_6030

|

« 横浜開港旅日記(二日目 その1 ジャック) | トップページ | 横浜開港旅日記(二日目 その3 中華街、元町のサンバ) »

コメント

> 横浜を散策していていると、驚くほど博物館が多いことに気づきます。

元横浜市民としては「関内のあたりだけはそうです」という注釈付きで肯定させていただきます。
横浜駅の近辺でも博物館はありません。かろうじてそごう美術館がありますが。
戸塚育ちとして言わせてもらえば、戸塚のあたりに博物館なんかありません。悲しい現実です。

大人になると横浜の博物館の良さが、ようこさんのようにわかるのではないかと思います。
でも子供のころは秋葉原の交通博物館、大手町の逓信総合博物館、上野の国立科学博物館のような博物館が好きでした。「東京はいいなあ」と思っていました。

横浜はイメージ先行の街だと思います。ようこさんにこのようにほめてもらって恐縮ですが、実際に住んでみるとさほどよいところではありません。

投稿: けいいち | 2013年9月 1日 (日) 11:59

>けいいちくん
うん、横浜市は範囲が広いですもんねー。
私もよく「東京っていいですねー」と言われるけれど
やはり、あのエリアとこのエリアだけはねぇ・・・と思ってしまいます。
旅の楽しさは、”隣りの芝の青さ”を見に行くことかも?(笑)

とはいえ、上野の博物館群はやはりすごいです。
今日、まもなく上野で開催の興福寺仏頭展の前売券を買ってきました。

投稿: ようこ | 2013年9月 1日 (日) 16:51

こうして博物館巡りをしていると、すっかり観光地を訪ねている気分になれますね~
「あかいくつ号」とか乗ると、名所を効率よく回れるのかしら・・・
こんど、母を誘って行ってみたくなりました。
母はずっと横浜から出た事がないという、生粋の浜っ子ですけど、きっと名所巡りとかしたことないんじゃないかしら・・と思いました。
シルク博物館は私は仕事柄、やはり研修なので何度か訪ねましたよ。
でもいつも、あの動く蚕にはギョッとしました~こ、コワイ。。。
昔はシルクの街、横浜でしたが、今ではずいぶんと染色業界もここ横浜で職人が減り工場も閉鎖され衰退気味なのは残念なことです。
私がお勤めしていた会社もスカーフ、ハンカチ部門は十数年前に撤退してしまったのは寂びしかったですよ。。。

投稿: まろーね | 2013年9月 2日 (月) 11:19

>まろーねさん
「あかいくつ号」は、観光名所のあちこちで見かけました~。
乗り方が分かれば乗ってみたかったです。

お母様は浜っ子なんですね。
観光客と一緒に、小回りのきく「あかいくつ号」に乗ると
横浜が新鮮に見えるかもしれませんね。

シルク博物館も中に入ると思ったより広くて内容が多かったです。
売店のシルクのスカーフもきれいで、
ちょっとだけ胸に当てて鏡に映してみたりしました。(^o^)

投稿: ようこ | 2013年9月 3日 (火) 21:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 横浜開港旅日記(二日目 その1 ジャック) | トップページ | 横浜開港旅日記(二日目 その3 中華街、元町のサンバ) »