« 気温と指の動きについて | トップページ | 『Kyogen Lounge 2013 夏祭り』(2013.7.18 セルリアン能楽堂) »

2013年7月16日 (火)

銀座駅の自動改札にて

所用で銀座に行き、自動改札を出ようとした時の話です。

 

目の前にいた数人の外国人ご婦人グループが、

自動改札のところで立ち往生していました。

どうやら、切符を入れて改札を出ようとしたら扉が閉まり、

キンコンキンコン鳴ってうろたえている、という状況のよう。

 

勝手ながら、自動改札に表示されているエラーメッセージをのぞきこむと

”のりこし×”

と出ていました。

うーーん、これでは日本語の分からない外国人は読めないですよねぇ・・・。

  

そこで私、差し出がましいとは思ったのですが、

あるご婦人の後ろから、とっさに思いついた英語

"You have to pay more money."

と、大きめの声で呼びかけました。

 

ようやく、自動改札を通過できない理由が分かったようで

そのご婦人は、グループの他の方にフランス語で伝えていました。

私には何度も何度も

「メルスィー、メルスィー」(ありがとう)

と言っていたので、こちらも「メルスィー、メルスィー」。(^^ゞ

 

銀座駅は外国人旅行客が多い割に、

表記は住宅地の駅と同じ日本語のみの場合が多く、

以前も、地図の前で立ちつくしている方に声をかけたことがあります。

 

そういえば、外国語=英語 と思いがちですが

こういった感じで話しかけた中で最も多かったのが

実はフランス語圏の方。

 

ということで、フランス語圏を旅するたびに覚えようとして挫折した

このフレーズを今度こそ言えるようにしようと思います。(^o^)

「どういたしまして」 =Je vous en prie.

|

« 気温と指の動きについて | トップページ | 『Kyogen Lounge 2013 夏祭り』(2013.7.18 セルリアン能楽堂) »

コメント

私は、一部の専門用語などのほかは、方向つまり100メートル先を右に曲がって、さらに左に曲がり50メートル先が駅正面です。 という様事を

この程度4カ国使えるだけなので
翻訳アプリばかり使いますが

たとえば、


Tickets für Sie, Sie können nicht mehr als den Abstand , so da Gebühren waren nicht ausreichend , und das Tor öffnete sich nicht , in dieser Maschine , fügen Sie bitte den Preis für fehlt.

などとアプリで翻訳し、相手に伝えますが、間違っていたり、相手に取っては失礼な言葉を使っていたりしても、わからいので、いつも不安です。


投稿: La liebre de Inaba | 2013年7月18日 (木) 01:43

>La liebre de Inaba さん
素晴らしい、道を教える基本パターンが4ヶ国語も分かるとは!

ドイツ語バージョンも読みました。
言いたいことは何となく分かりますが、
道の説明のようにもっと短く伝えた方がスマートでしょうねぇ。
翻訳アプリは、読めない外国語の文章を日本語か英語に訳す時の方が
失礼がないといった意味で安心して使える気がしています。

投稿: ようこ | 2013年7月19日 (金) 01:27

翻訳とアブリとともに、20カ国のキーボードがあるので、母国語で入力してもらい翻訳すると、やはり言いたい事は言葉が前後したり( ̄Д ̄;;

以前は意思を伝えてもらう為の絵カードを作って持ち歩いていました。
カードですと見て指差しで何とか伝えてもらえますが、足りなかったりしましたし、時間もかかりますが

bullettrainとか、bus等とか、hospitalに頭痛や腹痛の絵の絵、toiletなど

実際に読み書きを含めて学ぶとなると、日本語の方が難しいのかもしれませんが、頭は何とかついて行けても言葉が、つまり発音や英語で言うRとLというような舌使いなどの部分がついて行かないのです。

そんなことでアプリだよりになりましたが、ミシュランに載った名所が近くにあり外国の方も増えましたが、富士山の方が有名ですから、利用する機会は少なくなるかもしれません。

投稿: La liebre de Inaba | 2013年7月19日 (金) 05:31

>La liebre de Inaba さん
いろいろ工夫していたのですねー。
私は、外国人とのコミュニケーションで一番必要なのは
流暢な発音などではなく、伝えたいという熱意だと思っています。
富士山に行く外国人も増えそうですが、また機会があったら
地元でもやりとりできるといいですね。

投稿: ようこ | 2013年7月20日 (土) 14:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 気温と指の動きについて | トップページ | 『Kyogen Lounge 2013 夏祭り』(2013.7.18 セルリアン能楽堂) »