« ドイツ語でお祭りクイズ | トップページ | 『6月中席』(2013.6.18 国立演芸場) »

2013年6月16日 (日)

音楽の虫干し

雨が降ったりやんだりの天気、湿度もなかなか高いですねぇ。

そんな気候の中、毎月行っているデイケアセンターで

ピアノを弾いてきました。

 

ところで、私にとって選曲が圧倒的にラクな月が年に2回あり、

雨にまつわる名曲の多い今月は、まさにその月なのです。

(ちなみにもう1回は、クリスマスソングの宝庫である12月!)

 

歌だと、『かたつむり』、蛇の目でお迎えする『雨ふり』、『雨降りお月』。

曲では、映画音楽『雨にぬれても』、『雨だれのプレリュード』などなど。

 

例えば、ショパンの『雨だれのプレリュード』は、

音や構成が複雑な分、聴く人の心にもズシンとくるものがあるそうです。

 

”音楽の虫干し”というのもなんですが、

梅雨のこの時期にこそ、雨の音楽を棚から出して、空気を通すようにしています。

|

« ドイツ語でお祭りクイズ | トップページ | 『6月中席』(2013.6.18 国立演芸場) »

コメント

メッセージのお返事、ありがとうございました。
染みました~(o^-^o)

ようこさんの日常には音楽の「衣替え」もあるのが楽しいですね♪
以前、ファッション業界で物作りをしていたとき、いつも半年先のものを開発していたもので、季節とは逆のものを常に頭に置かなければならなかったのは妙な感じでした。
私のピアノも・・・
季節にタイムリーに弾くには数ヶ月前から練習をしなければ、間に合わず。。
今年も弾きたいクリスマス曲がタイムリーに弾けるように秋ごろから練習しま~す♪

投稿: まろーね | 2013年6月16日 (日) 18:11

>まろーねさん
どういたしまして。(^^)

以前、やはり季節を先取りして企画する仕事の話を聞いたことがあります。
暑い時sunにバレンタインのことを考えるような感じだそうですね。

私はピアノを弾きに行く前に、天気予報(天気と気温)を
真面目に見るようにしています。
雨かオー・ソレ・ミオか~みたいな。(笑)

まろーねさんは、とても難しい曲に挑戦しているので
弾きこなすのには相応の時間がかかることと思います。
クリスマスは名曲が多いので、ぜひぜひ秋から準備して
12月には、季節の音楽を楽しんでくださいませ!

投稿: ようこ | 2013年6月17日 (月) 22:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ドイツ語でお祭りクイズ | トップページ | 『6月中席』(2013.6.18 国立演芸場) »