« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年3月31日 (日)

【年度末報告】そうだ、お米、食べようプロジェクト

我が家で今年の1月から実施中の”そうだ、お米、食べようプロジェクト”

年度末ギリギリになりましたが、途中経過を報告します。

 

帰省先でもらう福島のお米の消費量を増やそう、という試みで、

今は2012年夏のお米を食べているところです。

 

ただお米さえ炊けばいいのかと思いきや、

取り巻くあれこれにも影響が出て

ライフスタイル本や雑誌を見ながら、食事の準備方法を見直しました。

 

例えば、このような変化がありました・・・。

 

■炊飯

1.25合ずつ、その都度炊いていた。

炊きたてへのこだわりと、その都度炊く面倒くささとの兼ね合いで

2.5合ずつ土鍋でまとめて炊き、小分け。

炊きたて、常温保存、冷凍 を1セットずつ作るようにしました。

 

■だし

みそ汁を作る機会が増えることに気づき、だしのとり方も変えました。

 

300mlぐらい?、その都度、昆布とかつおぶしでだしをとっていた。

1リットルのミネラルウォーターでまとめてだしをとる。

3分の1でみそ汁を作り、残りはホーロー製の密閉容器に入れて冷蔵。

 

だしを常備することで、みそ汁を作るおっくうさが解消されました。(^o^)

まとめて作ると、味も良くなった気がします。

 

■肉・魚

プロジェクト前にどうしていたのかは、記憶なし。(^^ゞ

肉や魚の消費量が増え、生協の冷凍食品(鮭の寒風干しが美味)を注文したり、

肉の特売日にまとめ買いしたりして、たんぱく質を切らさないようにしました。

 

■調味料

私がすぐに飽きてしまいそうなので、同じ素材でも味が変わるように

味噌を2種類用意したり、ぬか床、塩麹、オリーブオイル、酢、ぽん酢などを

意識的に使うようにしました。

 

このような形で保存しています。

Img_5495  

右上:蒸し鶏、左上:だし、右下:八海山酒造の塩こうじ、左下:豚肉の塩麹漬け

 

本日の夕食

Img_5500  

蒸し鶏の梅和え(水菜添え)、中玉トマトのオリーブオイルがけ、

自家製ニンジンのぬか漬け、炊きたてご飯、豆腐とキャベツのみそ汁

(ご飯とみそ汁以外は2人分)

 

このような感じでプロジェクトを進めた結果、

次回の精米から、2012年秋のお米を使うことになりました。(^o^)

 

来年度も、おいしいお米ライフを楽しもうと思います。

| | コメント (0)

2013年3月29日 (金)

年度末ですねぇ。

花粉と戦っているうちに、3月末となりました。

 

昨日、今年度のハケンの仕事が無事に終了。

勤務日数が少ない分、急に休んだりしないのが目標で

今年度も目標達成!となりました。(^o^)

 

もちろん、来月以降も同じペースで仕事をしますが

やはり、年度末という区切りを迎えるとほっとします。

 

先日は仕事先の送別会にも参加し、おいしい焼肉をたらふくいただきました。

ほぼ禁酒状態も解禁して、生ビールも6杯ほど。

楽しいおしゃべりもたっぷりとできました。

(人間ドックの二日前というラッキーさ☆ 前日だったら無理だ・・・)

 

会社にいると当たり前にも感じてくる、”送別会”という言葉ですら、

普段、デイケアセンターや病院へピアノを弾きに行く生活を送る私には、

まぶしく輝くのです。

 

来年度も、しっかり集中して仕事に取り組み、

会社の行事にも参加したいなぁと思っています。

| | コメント (0)

2013年3月27日 (水)

人生初胃カメラ!

冷たい雨の降る中、朝から人間ドックを受診しました。

 

今年度内に受けるべき人間ドックで、

経験したことのない胃カメラがコースに含まれています。

このことに怖気(おじけ)づいてしまい、

申し込みの電話を年明けまで先延ばしにしてしまいました。

 

そして予約できたのが、なんと3月末

但し、鼻経由の胃カメラとのことで、口経由よりは受けやすいという話も聞きます。

 

複雑な気持ちで受診日を待ち、いくつかの項目を済ませた後、検査の部屋へ。

美しい先生の問診を受けてから、台に横になりました。

 

鼻経由でラクに終わらせよう・・・と思ったものの、

時は3月。スギ花粉がバッサバッサ飛散する季節です。

アレルギーでむくんだ私の鼻は、カメラを通せんぼしてしまいました。>_<

 

というわけで、多くの人が経験した、あの口経由の胃カメラに変更~。

咽頭反射の関係でで、胃カメラがノドの奥を通る時が辛いのです。

 

麻酔をかけてから、体の力を抜いて呼吸に集中するのがコツだそうですが

最初は恐怖のあまり、どんどん体が硬くなり・・・。

看護師さんに背中をさすられながらの検査となりました。

大人なのに・・・。トホホ。(^^ゞ

 

先生の

「はい、もう胃に届きましたよ」

という言葉で安心して、やっと体の力が抜けました。

 

検査後、鮮明な写真を数枚見せてもらいました。

うむ、なかなか”きれ胃な胃”である。

 

やれやれ・・・。

 

検査自体はちょっと大変でしたが、終わってからの回復は早く、

昼食もしっかり食べられました。

 

検査を先延ばしにしたのは自業自得なので、

次回は鼻の調子のよい時に、鼻胃カメラにトライしたいと思います。(^^ゞ

| | コメント (2)

2013年3月24日 (日)

第40回 遊史郎の落&P

昨夜、遊史郎の落&P(らくぴー)を開催いたしました。

2006年5月に始まった会も40回目を数えます。

 

ある時お客様に

「回数を数えると”笑点”のように長続きすると思いますよ」

と声をかけていただき、それをきっかけに会の名前に回数をつけることにしました。

 

今回の電子ピアノは、満開になった桜にちなんで、春のうららの『花』で開始~。

 

また、横浜からご来場のお客様が多かったことへの感謝の気持ちをこめて

『YOKOのYOKOHAMAメドレー』を演奏しました。

一番ウケたのは、一発芸の ♪きーーーよぉおけんっ のメロディでしょうか。

 

落語「権助芝居」の前の一曲では、

劇中劇ならぬ”落語の中の劇”がメインとなるストーリーにちなみ、

シューマンの『劇場からの響き』という1ページの短い曲を選びました。

 

そしていよいよ、落語芸術協会 真打の三遊亭遊史郎師匠の登場です。

高座に上がる際には、私がアレンジした出囃子を演奏しています。

このオリジナル出囃子も、お客さまからの要望で2007年1月から使っています。(^o^)

 

休憩をはさみ、後半一曲目はピアノのボランティアでも人気の曲を弾きました。

お客様より、映画でも使われている・・・という話を伺いました。

 

そして、落語「宿屋の富」にちなみ、、

あの胡散臭い宿屋が印象的な『レ・ミゼラブル』より選曲。

 

落語は、(本当は貧乏なのに)お金持ちだと見栄を張る宿泊客のセコさに笑い、

富くじ(宝くじのようなもの)の当落を見守り、

江戸時代にタイムスリップした気持ちになった方も多かったようです。

 

このような雰囲気で、会は進んでいきました。

 

「落語とピアノ?何が起こるんだろう?」というドキドキの中、

延べ500名近くにものぼるお客様には、感謝の気持ちでいっぱいです。

 

さらにパワーアップして、50回、60回・・・を目指していくつもりですので

今後ともよろしくお願いいたします。

 

Special Thanks:ダイニングでん助

| | コメント (4)

2013年3月20日 (水)

休日ランチ

水曜日が祝日となるのは久しぶりですねぇ。

 

少し寝坊して、ようこ夫と一緒にインドカレーのランチをしました。

Curry_r1  

大きなナンの下には、サフラン色(黄色)をしたライスもついています。

スパイスの効いたインドカレー、大好き~。(^o^)

 

このランチのおかげで、土曜日の落&Pの準備もはかどりました。

ピアノの練習だけでなく、楽譜作り、

MCの内容を整理して話す練習などなど、やること沢山です。

 

皆さんに楽しんでもらうため、ギリギリまでがんばります!

| | コメント (0)

2013年3月18日 (月)

デフォルト予約時間

美容院に行って、をすっきりさせてきました。

月に一度、ヘナ(カラー)やカットで約2時間半ほどかかります。

 

時間が長いこともあり、事前に予約を入れるのですが

自分の中に、デフォルト予約時間というのがあって

まずは、「14時」でお願いできるかどうかを尋ねています。

(という事実に気づいたのはヘナの最中)

 

そういえば、歯医者の予約も、第一希望は14時です。

 

カラーを定着させている間は暇なので、理由を考察してみました。

 

・予約時間を毎回変えると、覚えるのが大変

・予約時間を決める時に、いちいち悩まなくてよい

・午前中、優先度の高い家事や用事を片付けられる

・昼食後、少し休息してから行くと体がラク

・終了後、食材を買って帰る時間帯はお店が空いている

 

といったところでしょうか。

 

いずれにしても、この予約時間は私のライフスタイルに合っているのだと思います。

今も私の手帳には、いくつかの14:00からの予定が書き込まれています。

| | コメント (2)

2013年3月15日 (金)

春が来た♪

今日は月に一度のデイケアセンターでのピアノ演奏。

80代前後の方たちの前で、電子ピアノによる一時間のプログラムです。

いやはや、ついこの前行ったと思ったのに、季節がどんどん過ぎていく~。

 

3月も折り返し地点、暖かい一日だったこともあり、を意識して曲を選びました。

(曲は前日深夜、天気予報なども参考にして決めます)

 

定番『春が来た』の他、エキゾチックな香りのする『蘇州夜曲』、

卒業をイメージする『仰げば尊し』、『贈る言葉』などなど・・・。

それぞれの曲を聴いた頃を思い出し、涙する人もいました。

 

一方で、

「いつまでも(この世から)卒業できませーーん!」

と元気よく言う常連さんがいたので

来年もまた卒業の曲を弾きまーす。ぜひここで聴いてください!」

と返すと、一同大笑い。

 

泣いたり笑ったり、音楽の力はすごいですね。

 

変わりばえのしない日常に、新しいインプットが入ると

話題が増えて良いという話も聞きました。

それはこちらも同じで、与えるだけでないのがこの活動の面白いところです。

 

さてさて、来月は何を弾きましょうかねぇ。(^-^)

| | コメント (3)

2013年3月13日 (水)

前列デビュー

仕事が休みの水曜日は、ペルヴィス(骨盤運動)のクラスに出席してから

ドイツ語教室に通っています。

ある日突然ひらめいたこの行動パターンも、いつの間にか定着してくれました。

 

今日もギリギリまでドイツ語の準備をしてしゅっぱ~つ!

 

いつもよりも数分遅く会場に到着すると、横長に2列取れるスタジオには

”柱の陰の2列目”という、私にぴったりな場所に先客がいました。

うろたえて周りを見回すものの、後列は全部埋まっています。

後列に割り込む勇気もなく、おそるおそる前列に陣取りました。

うわーー、前列デビューだ!

 

今まで前列の人の動きを見ながら体を動かしていたものだから、

景色の変わりようにはビクビクもの。

緊張したけれど、自分のために体を動かす楽しさも感じられてきたところです。

 

うむ、でも今度はドイツ語の予習を早めに済ませて

少し家を早く出て後列を取りたい・・・とも思うのでした。(^^ゞ

 

運動のある生活、まだまだ続きますように~。

| | コメント (0)

2013年3月10日 (日)

ほぼ禁酒生活中

今週の関東地方は、花粉が大量に飛散したり、

煙霧という空が黄色くなる現象が起きたり、普段よりも落ち着かない一週間でした。

 

私は今週、珍しく耳鼻科歯科に行きました。

耳鼻科は、昨年突然発症した花粉アレルギーの診察のため、

歯科は、根っこが折れてしまった歯を抜くためです。

 

花粉の方は、大量飛散前に服薬を始めたので

目がかゆくならずにすんでいます。

 

電車の中で、目玉を外さんばかりの人をよく見かけます。

一回、かゆいスイッチが入ると、本当に辛いんですよね・・・。

 

抜歯も、麻酔が効いた後、ものの2分もかからずに終了。

感染防止の抗生物質等も飲み終わり、順調に回復しています。(^o^)

 

服薬と抜歯の関係で、ほぼ禁酒生活をしなければならないのが残念ですが、

たまには例外の日を作って、お酒解禁の日を待とうと思います。

| | コメント (5)

2013年3月 7日 (木)

映画『レ・ミゼラブル』(新宿ピカデリー)

遅ればせながら、映画『レ・ミゼラブル』を観に行きました。

上映時間159分という大作です。

 

10年以上前、日本版のミュージカルを何度か観劇したことがあります。

歌詞やキャスティングに、こだわりのようなものをもっていて

俳優たちが歌う英語版の映画を観るまでに少し時間がかかってしまいました。

 

でも、行って良かったです。

 

岩谷時子さんの訳詞を参考にした上での歌詞が字幕で表示される分、

むしろ心にしっかりと入ってきました。

また、なぜこういう経緯になったのか?といういくつかのポイントが

この映画でより理解できました。

 

キャスティングも、ふむふむなるほど、と思いながら楽しめます。

マリウスは、ちょっと気弱そうなイケメンでないと~。*^^*

怪しげな宿屋の夫婦も注目していて、特に奥さんの方がイメージ通り!

エキゾチックな雰囲気のエポニーヌも新鮮でした。

 

今年のアカデミー賞助演女優賞受賞のアン・ハサウェイ

音符通りに歌うというよりは、で表現するという感じで

その立場の苦しさがじわじわと伝わってきます。

 

映画を観て改めて思ったのは、

多くの人が死んでゆく、とても悲しい物語を最後まで惹きつけるのは、

やはりあの名曲ぞろいの音楽の力も大きいのだろう・・・ということです。

 

ラストシーンも感動を誘う光景で、救われた気がします。

気がつくと、あっという間に3時間弱が過ぎていました。

| | コメント (0)

2013年3月 5日 (火)

伝えることも大切

病院に行って春の音楽を弾いてきました。

月に一度出かけているので、

2月から3月にかけての時間の過ぎる早さを実感します。

すぐに連休がやってきそうな気がする・・・。

 

こういう活動をしていると、なかなか出会う機会のない方と

話をすることが出来るのもまた面白いものです。

今回は、病院に勤める専門職の方と話す機会がありました。

 

1、2曲弾いた後、人を安心させる飾り気のない笑顔で

病院向けに優しい弾き方をしているように思います」

という言葉をいただきました。

 

(優しいかどうかはともかく)私なりに演奏の回数を重ね、

なるべく病院の雰囲気に合うように工夫してきたつもりだったので

そのことに気づき、伝えてもらえたことは、ありがたいことでした。

 

他にも、練習のこと、楽譜のことなど、

こちらの立場を思いやった的確なコメントがいくつも登場!

 

その専門職がどんな業務内容なのかは私もよく知らないのですが

きっと、患者さんやご家族側からの視点をもち、

正確な状況把握と前向きな言葉で、励ましてきたのだろうと思います。

 

私も、この活動を通して、お金が欲しいと思ったことは一度もありません。

でも、やはり「分かっていますよ」というシグナルがあるとうれしいもので

また次回もがんばろう、という気持ちになります。(^v^)

| | コメント (0)

2013年3月 3日 (日)

ひな祭りに岩国寿司

3月3日のひな祭りは、家でちらし寿司を作ろうと思って

材料を買いに新宿のデパートに出かけました。

 

しかし、ようこ夫のリクエストで”うまいもの”を集めた物産展に行ってみると、

とても珍しいお寿司がありました。

 

山口県の岩国寿司

Img_54672  

押し寿司の一種で、れんこんやしいたけなどが入っています。

 

お店の方の話を聞き、じーーーっと見ていると

わざわざ自分でちらし寿司を作るのもなぁ・・・という気持ちになり、

「大人だと2人前」という、3段重ねを購入しました。

 

桜モチーフの器に盛り付けると・・・。

Img_5470_2 

気取らない素朴な味わい。

見た目もきれいで、お腹もいっぱいになる夕食となりました。

 

それにしても驚いたのは、

”岩国寿司”で検索すると、山のようにヒットしたこと!

郷土料理を守ろうという意気込みが伝わってきました。(^-^)

| | コメント (4)

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »