« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

2013年2月28日 (木)

湘南・鎌倉野菜

今日はスカイツリーのふもと、東京ソラマチに寄り道しました。

 

食品売場のフロアーで気になっていたお店があり、

ここで初めて買い物をしました。

 

湘南・鎌倉野菜の小売店、おおのやさんです。

店頭の雰囲気が、いかにも私が好きそうな感じです。

 

ピクルスにする野菜を買おうかな~と店内を見ていたら、

カット野菜を勧められました。

Img_5459  

きゅうり、ニンジン、大根系の薄切りが入っています。

生でかじった大根やニンジンは、甘みがあってとても美味!

 

酸や塩に強いホーロー製の容器に材料(酢、砂糖、塩)を加えて冷蔵庫へ。

Img_5460  

数日後には、おいしいピクルスが出来上がりそうです。(^v^)

| | コメント (2)

2013年2月25日 (月)

今年も厄除けのお参りに。

毎年2月になると、厄除けのお願いをするために

堀之内妙法寺へお参りしています。

 

最初は一人でしたが、いつの間にかようこ夫も加わっています。

今回は、日曜日のピアノのレッスン後に待ち合わせて昼食、

その後、お寺に向かいました。

 

実は私、前日にようこ夫とお参りに行く約束をしたのを忘れてしまい、

「よーーし、ランチビールを飲もう!」

などと言ってしまいました。(^^ゞ

「なんでわすれたの!」とようこ夫はプンプン。

 

そんなドタバタを経て、お寺に到着~~。

Tempel_r1  

 

いつもと同じ厄除けを申し込みました。

 

肩の荷が下りた気がして、

帰りにお寺近くのおでん屋さんに寄ろうとしたら、なんと定休日

あらーー残念。

 

おでんをあきらめ、その向かいの地元名物、揚げまんじゅう屋さん

つぶあんを一つずつ買いました。

 

少し待つけれど、サクサクの衣をその場で食べられます。

Manjuu  

 

近いうちにもう一度、お札を受け取りに来ます。

今度はおでん屋さんの営業日にしよう、などと思いながら、

これからの一年が、(食に満ちあふれた?)おだやかなものであることを願いました。

| | コメント (0)

2013年2月23日 (土)

映画『命をつなぐバイオリン』

有楽町イトシアにある映画館にて、

ドイツ映画『命をつなぐバイオリン』(←注:音が出ます)を観ました。

原題は、"Wunderkinder"(ヴンダーキンダー:神童)。

あらすじや映画の予告編は公式サイトをご覧ください。

 

1941年のウクライナを舞台に、

2人のユダヤ人神童(バイオリンとピアノ)とドイツ人少女の友情、

そしてウクライナの人々がソ連とドイツの戦争に巻き込まれていく様子を

3人の子供を中心に描いています。

 

”命をつなぐ”というタイトルは日本的な婉曲表現

実際は、ドイツ軍の配慮のもと、子供ながらに”命を賭けて”

バイオリンとピアノを演奏する事態になってしまいます。

 

バイオリンが奏でるメロディーが美しい分、戦争の酷(むご)さが伝わります。

60~70代の多い客席では、多くの方がすすり泣きをしていました。

 

私がドイツ映画を観る目的は、本を読む代わりに

今、ドイツに生きる人々が背負っているものを知っておきたいからです。

この映画を観て、また一歩、その目的に近づけた気がします。

 

| | コメント (0)

2013年2月21日 (木)

生協からの贈り物

生協 パルシステムの配達日に、うれしい贈り物が届きました。

なんと、生協の配達をお願いしてから10年経ったのだそうです。

 

こちらは注文した商品の一部。

Img_5447  

 

贈り物は、ミニバラでした。

牛乳パックのサイズから、大きさがイメージできるでしょうか?

Img_54532  

 

つぼみも見られます。(^o^)

Img_5456  

会社の同期の家に遊びに行き、生協のことを教えてもらったのがきっかけでした。

あれから10年経ったということは、

あの頃小さかったお子さんは、プラス10歳か~~。

 

1kgの重曹は月に2回ほど注文、

形は不ぞろいだけれど甘みがあって新鮮な果物、

ミネラルウォーター、有機野菜などなど、毎週とてもお世話になっています。

 

次の10年もあっという間にやってくるのでしょうかねぇ。

ミニバラも次の節目に向けて、大事に育てたいです。

| | コメント (0)

2013年2月18日 (月)

包丁研ぎ

先日、結婚以来ずっと使っている包丁をプロの方に研(と)いでいただきました。

 

包丁を研ぐタイミングがよく分からないのと

こういう物を持って電車に乗ってもいいものか?と思ったのとで

グズグズしていたら、15年も経ってしまいました・・・。

 

ちょうど、近所のスーパーに包丁研ぎの方が出張してくるとのことで

マイ包丁をタオルでくるんで徒歩で持参しました。

 

砥石か何かで手が泥だらけになった職人さんに一旦預けて帰宅、

2時間後に取りに行くと出来上がっていました。

15年間、一度も研いでいないとは言えなかった・・・。

 

いやーーー、切れ味のよいことよいこと。

つながりやすい油揚げ、ネギの斜め切り、

豆腐パックを開ける時などに成果が実感できます。

 

うーーん、こんなことならもっと早くにお願いすればよかった。

 

この出張包丁研ぎには、次から次へと主婦たちが訪れていたので

きっとみなさん、効果のほどをご存じなのでしょうねぇ。

 

次はいつお願いするべきか、今から心配になっていますが、

それは、刃と相談しようと思います。(^o^)

| | コメント (4)

2013年2月17日 (日)

要抜歯、でも、なるようになるさ。

土曜日の午後は、月に一度のデイケアセンターでのピアノ演奏でした。

今回は一時間の演奏の他、2月生まれの方たちの誕生日もお祝いしました。

年齢は特に明かされませんが、おそらく90歳前後なのかなーと思います。

 

一曲目に弾いた『ケ・セラ・セラ』の評判がよく、曲を選んだ私もホッ。

 

実は前日の金曜日、歯医者に行って

怪しい動きをする奥歯を診察してもらいました。

その結果、歯の根が割れていることが判明し、存続不可能。

重苦しい空気が流れる中、要抜歯の診断が下りました。

いつも元気な私も、さすがにしょんぼりとして帰宅・・・。

 

そういった状況での曲目選びだったので、いつものような調子が出ません。

特に、大事な一曲目のアイディアが出ずに困っていたときに

ふと、♪ケーセラーセラーー というメロディが浮かびました。

 

うむ、「なるようになるさ」のこの曲は今の心境にぴったりかもしれない。

・・・ということで、オルガンの音で出来るだけ軽やかに弾いたのでした。

 

誕生日のお祝いとして、『ハッピーバースデイ』を人数分弾いた後、

私もパウンドケーキをごちそうになりました。

 

誕生日を迎えた利用者さんの一人が、

(加齢とともに歯は失われていたけれど)心から幸せそうな笑顔を浮かべていて

こちらも、

「歯歯歯、人生なるようになるさっ」

という気持ちになりました。(^^)

 

こういう時は、人生の先輩方のいる場所に行くと安心しますね。

私も歯をしっかりと治療して、90歳になっても元気でいられたら・・・と思いました。

| | コメント (2)

2013年2月14日 (木)

水回りの修理

今朝、かねてから調子の悪かった水回りを修理してもらいました。

 

ある条件になると、水が止まらなくなるトラブルで

その条件にならないように気をつけて使っていましたが、どうにも落ち着かず、

メーカーのメンテナンス部門に電話して、修理を依頼しました。

 

実は、ホームページを参考に自分で直そうと試みたものの、

なんだかかえって状況を悪化させてしまったようで

ここはひとつ、プロにお願いしよう!となった次第です。

条件を見つけるのは得意だが、実際に直すのは苦手なタイプ・・・なのが丸見えですね。(^^ゞ

 

まぁ、わざわざ来ていただくほどのこともなかった感じですが、

「少し触った形跡がありました」

と言われドキッ。

 

念のため、13年前から使っている部品を一つ交換してもらいました。

時を経て、この部品も改良されたそうです。

 

気になる料金は、部品代含めて高級アイス20個分といったところでしょうか。

 

でも、あっという間に直ったので、今日も一日有効利用できそうです。(^-^)

| | コメント (2)

2013年2月12日 (火)

東京ディズニーランドへ小旅行(その3:ディズニーリゾートライン)

TDL近くのホテルに泊まり、

朝、窓の外にはディズニーリゾートラインがよく見えました。

 

2001年にオープンしたモノレールです。今はSuicaが使えます。

Img_54292 

 

ホテル最寄りのベイサイド・ステーションに到着~。

Img_5432  

 

さて、私たちもチェックアウトして舞浜駅近くのイクスピアリに移動しましょう。

 

駅の看板もかわいい感じでした。

 

Img_5436  

 

初めて、ミッキーマウス型のを近くで見ましたよ~。

Img_5439  

 

泊まったホテルはこちら。ドラマのロケ地としても有名です。

Img_5437  

 

イクスピアリではバンドの演奏を聴いたりした後、

地ビールのお店に立ち寄り昼食。

 

ようこ夫と2人で地ビールセットを飲み干しました。

Img_5443  

 

一泊二日の小旅行は、このような感じであっという間に過ぎていきました。

次はいつになるか分からないけれど、

たまには非日常の世界を味わうのもいいものだと思いました。(^-^)

| | コメント (2)

2013年2月11日 (月)

東京ディズニーランドへ小旅行(その2)

久しぶりの東京ディズニーランド、15時40分からのレストランでのショーを前に

前回来た時にはなかった、ミッキーのフィルハーマジックなどを楽しみました。

 

シンデレラ城も空もとてもきれい。

Img_5368  

 

いよいよ、ポリネシアンテラス・レストランでのショーが始まります。

Img_53712  

題して、”リロのルアウ&ファン”

事前予約が必要で、ようこ夫がインターネットで予約しました。

 

ポリネシア風の料理を楽しみながら、舞台のショーを観たり、

ミッキーマウス、ミニーマウス、リロ、スティッチ、チップ&デールが

各テーブルを周って写真撮影に応じてくれます。

 

最初はどうしたらよいやら?でしたが、だんだんとこの世界に入り、

「アローハーーー♪」

と言いながら、キャラクターたちとハイタッチしました。(^o^)

 

ショーの後は、夜のパレードまで少し時間があったので

人気アトラクション、ピーターパン空の旅の列に並んだつもりが・・・?

 

ピーターパンにしては、待ち時間が短い気がしていたら

ようこ夫が小声で

「ここって、白雪姫じゃない?」

と指摘。

 

ピーターパンと場所が近いから、間違えたみたい・・・。>_<

 

・・・ということで、白雪姫と七人のこびとで遊びました。

 

さあ、そうこうするうちに、夜のパレードが始まります。

運よくベンチに座って待つことができました。

 

カラフルな山車がいくつもやってきました。

Img_5393  

 

パレードが終わると、お土産を買いにお菓子のお店に入り、

その種類の豊富さに驚きながら、

夢の国の魔法にかかったかのように、いくつか購入しました。

 

ホテルへは、ディズニーリゾートラインを利用。

電車の様子は次回レポートします。

 

TDL内の写真は、私が撮影したものを旅の思い出の一部として公開しています。

無断転載、コピー等はご遠慮ください。

| | コメント (2)

2013年2月10日 (日)

東京ディズニーランドへ小旅行(その1)

ようこ夫が昨年9月以来、平日に休みが取れることになり、

舞浜で初の一泊、東京ディズニーランド(TDL)とイクスピアリに遊びに行きました。

 

TDLはいつ以来だ???と調べてみると、

プーさんのハニーハントがオープンした直後だったと思うので

なんと、約12年ぶりの入園となりました。

”久しぶり”や初めてづくしの旅、右往左往ぶりもお楽しみください。

 

一日目、電車で舞浜駅に行き、駅の近くのウェルカムセンター

ホテルのチェックインと荷物を預けました。

身軽に遊べるだけでなく、荷物をホテルに運んでもらえます。

へーー、便利なんだぁ。

 

さて、久しぶりのTDL、どこから見たらよいやら?で

ゆっくり座れるウエスタンリバー鉄道に乗りました。

 

鉄道に揺られながらMAPを開き、

ファストパスのある人気のアトラクションに乗り、

昼のパレード、ポリネシアのレストランでショーを見て、

ピーターパンの空を飛ぶアトラクション、

夜のパレード、お土産購入といった計画にしました。

 

海外旅行に来たみたいですねぇ。

Img_5344 

 

スイスファミリー・ツリーハウス

Img_53482  

このアトラクションは、子供の頃から好きでした。

木の上に居間や書斎がある世界は、何度来てもワクワクします。

 

ビッグサンダー・マウンテンのファストパスを取り、

(このパスが指定する時間に行くと、ほとんど待たずに乗れる)

イッツ・ア・スモール・ワールドへ。

 

続いて、トゥーンタウン訪問。

40分待ちで、ロジャーラビットのカートゥーンスピンに乗りました。

 

ふにゃっとした町並みがかわいいです。

Img_5356  

Img_5357_3  

 

ビッグサンダー・マウンテンで右に左に遠心力を感じ、

ヘロヘロになった後は、目の前にあったいかだに直行!

 

トムソーヤ島に向かういかだの上で、ようこ夫が一言。

お昼のパレードを見る予定だったのに・・・」

 

ビッグサンダーショックですっかり忘れていた・・・。>_<

 

というわけで、お昼のパレードの代わりに撮影した一枚です。

トムソーヤ島から、ビッグサンダー・マウンテンを望んでいます。

Img_53622  

 

(つづく)

| | コメント (2)

2013年2月 7日 (木)

バスを乗り過ごした

昨日、バスを乗り過ごしました。(多分初めて)

 

ドイツ語の夜のクラスが終わった後、

いつものバスに乗り、いつもの停留所で降りるはずが・・・。

 

降りる停留所の3つ前ぐらいまでは、

何度か、前方の電光掲示板で現在地を認識していました。

 

その後も、寝ていたわけでもなく、ケータイを見たりしているうちに

「それにしても、なかなか着かないなぁ」

と、さすがに妙な感じがして電光掲示板を見ると

 

(この間、15秒)

 

・・・・2停留所、乗り過ごしていることに気づきました。

へーーー、行き過ぎたんだーーー。

 

(この間、30秒)

 

・・・降車ボタンプッシュ

 

 

いやーー、予定外のことが起きると、次の行動が頭に浮かばないものですね。

 

家のあたりのバス路線だと、

被害?が大きくならないうちに降り、徒歩で戻るのがよいと思いますが

あやうく、ボタンを押し遅れて3停留所も乗り過ごすところでした。

 

ちなみに、遠回りとなった帰り道、頭の中にぐるぐる回ったのは

「あーーもーーーー、缶ビールを飲むタイミングが遅くなる~~」

でした。

 

こういう時に、正直な気持ちが出るもんだなーと

帰宅後すぐに、プシュッといったのでした。(^^ゞ

| | コメント (4)

2013年2月 4日 (月)

何の本を読みますか?

久しぶりのドイツ語学習についての日記です。

おかげさまで、会話クラスは8年目、ガイドクラスは2年目に入りました。

楽しみながら・・・と言うには、ずいぶん難しくなってきているものの、

まだまだ続ける気力まんまんです。

 

さて、今日のドイツ語会話クラスでは、読書について習いました。

 

"Was lesen Sie gern?"(あなたは何を読むのが好きですか?)

という第一の質問に対して

"Ich lese gern Krimis."(私は推理小説を読むのが好きです)

と答えようと思いましたが、よく考えたら、

最近は2時間サスペンスの再放送や1時間刑事ドラマの録画を見ただけで

本は読んでいなかったのでした。(^^ゞ

 

クラスメートたちの回答は、

historische Romane(歴史小説)や

akademische Essays über Kunst(芸術についてのアカデミックなエッセイ)など。

 

うーーん、困った。

 

そこでハタと思い出したのが、このブログの左側にリンクした本たちです。

Sachbücher(実用書)のジャンルでしょうか。

 

ここで元気を取り戻し、続いての質問、

"Was lesen Sie gerade?"(あなたは何を読んでいますか?)

について

"Ich lese ein Sachbuch vom Lebensstil um Kochen von japanischen Autorin."

私は日本人の女性著者による

料理にまつわるライフスタイルの実用書を読んでいます

となります。

 

『オリーブオイルと玄米のおいしい暮らし』(有元葉子 著)

のことで、今回初めてドイツ語での表現を知りました。(^^)

 

今年は、言いたいことをドイツ語で自由に作文できるようになるのが目標です。

でも、たまには日本語のも読まないと!と思った授業でした。

| | コメント (4)

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »