« 『成人の日コンサート 2013』(2013.1.14 サントリーホール) | トップページ | 映画『東ベルリンから来た女』(ル・シネマ) »

2013年1月19日 (土)

白隠展

渋谷のBunkamura ザ・ミュージアムで開かれている、白隠展に行きました。

 

江戸時代の禅僧、白隠慧鶴(はくいん えかく)の作品展です。

達磨によって開かれた禅宗は、臨済宗や曹洞宗などでも知られ、

白隠は臨済宗の中興の祖と言われているそうです。

 

実は、ドイツ語ガイド教室で禅について習ったばかりで

その内容を忘れぬうちに、展覧会に出かけたのでした。

 

そのようなすごい方が描いた絵が、どんなとっつきにくいものかと思ったら、

なんとも親しみやすい絵(イラストレーション)ではありませんか!

 

柔らかい曲線から描かれるコミカルな表情。

墨をベースにした中に、アクセントとなる朱色の使用。

ウィットに富んだ戯画。

絵だけでなく、豪快な筆さばきの書。

 

人の身長の2倍もあるような、大きな書もあり、

一体どうやって書いたのだろう?と作品の前で考えてしまうことも・・・。

また、気のせいでしょうか、作品から墨の香りがしてくるようでした。

 

作品の横に掲示されている説明文も面白かったです。

どの展覧会に行っても、私は説明文を全部読むようにしていますが

今回は特に、研究者が身近に感じられる内容でした。

 

書道の好きな方にもおすすめしたい展覧会です。

Hakuin  

|

« 『成人の日コンサート 2013』(2013.1.14 サントリーホール) | トップページ | 映画『東ベルリンから来た女』(ル・シネマ) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 『成人の日コンサート 2013』(2013.1.14 サントリーホール) | トップページ | 映画『東ベルリンから来た女』(ル・シネマ) »