« 映画『東ベルリンから来た女』(ル・シネマ) | トップページ | 笠間焼 »

2013年1月25日 (金)

『シラノ』(2013.1.22 ソワレ 日生劇場)

火曜日の夜は、久しぶりのミュージカルでした。

 

『シラノ』

 

実在した鼻の大きな男の物語で、4年前の初演以来となります。

 

応援している戸井勝海さんが、今回も同じ役で出演するので

S席を奮発しましたよ~。

 

Wキャストが2役あり、私はこちらの組み合わせを選びました。

昨年の『ボニー&クライド』主演のお二人です。

Double_cast2_r1  

クリスチャンは、旬のイケメンポジション。

ロクサーヌは、ミュージカルの雰囲気に大きな影響を与える役です。

 

なるほど、力強いロクサーヌに、シラノ(鹿賀丈史)もたじたじ。(^^ゞ

(と演じているように見えた)

ロクサーヌに想いを寄せるクリスチャンは、

『ボニクラ』の時よりも、歌と演技が体になじんでいる感じがして

透明なかわいらしさが伝わってきました。

 

それにしても、戸井さんのル・ブレ役は、

コミカルなド・ギッシュ伯爵(鈴木綜馬)とともに実によくハマっています。

細かい芝居なども、前から6列目だったおかげでよく見えました。(^^)

 

そして、シーンのところどころでインパクトを残した

ロクサーヌの付き添いなどを演じた岡田静さん。

今でも、ちょこまかした動きを思い出してクスッと笑ってしまいます。

 

今回、全体的におとぎ話というよりは、

”ありそうな話”として感情移入できました。v(^^)v

 

休憩を含めて3時間、シラノの人生を見届けるこちらもパワーが必要です。

カーテンコールでは拍手が鳴りやまず、

最後には自然とスタンディングオベーションとなりました。

 

普遍的な感情を分かりやすく描くミュージカルもいいものですね。

また観に行きたいなぁと思いながら、帰途につきました。

|

« 映画『東ベルリンから来た女』(ル・シネマ) | トップページ | 笠間焼 »

コメント

偶然ですね!
私は最前列の端っこにいました。
濱田さんが大好きで行きました。
とても楽しい時間でしたね!
…時々、ニアミスありますよね(^^)

投稿: Polo | 2013年1月25日 (金) 19:32

>Poloさん
あらーー、同じ舞台を観劇していたのですね!
観劇前にツイッターでつぶやけばよかった。(笑)
私はほぼ真ん中の席にいました。

濱田さんのロクサーヌには元気をもらえる感じがしました。

またどこかでニアミスしそうですね。
今年もよろしくお願いします。

投稿: ようこ | 2013年1月26日 (土) 16:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 映画『東ベルリンから来た女』(ル・シネマ) | トップページ | 笠間焼 »