« 溜池山王のピエール・ガニェールへ | トップページ | 頭の切り替えの多い一日 »

2012年12月11日 (火)

忘年会いろいろ

飲み会好きな私にとって、盆と正月が一緒に来たような

忘年会ウィークを過ごしていました。

 

□その1

職場の方たちとの忘年会。牛タンを食べに行きました。

出かける準備をしようとしたら長い地震があり、

電車が止まったり混んでいることも想定して

とにかくバタバタと支度をして会場に向かいました。

電車は動いていて、結局、一番乗り。(^^ゞ

 

勤務日数が少ないこともあり、

なかなかゆっくり話すことのできない職場の方たちと、

笑いの多い楽しい時間を過ごしました。

 

□その2

ホームパーティーに参加。ちゃんこ鍋をごちそうになりました。

皆さん10年来の友人だそうで、恒例の忘年会に初めて参加しました。

 

部屋に入った瞬間の温かい雰囲気で、アウェー感ゼロ

最初からすっかり打ち解けて、趣味の話を聞いたり、聞かれたりでした。

 

驚いたのは、初対面の方の話になんだか聞き覚えが・・・と思ったら、

どうやら約20年前にかなり近いところにいたようです。

共通の知り合いもいて、「世間は狭いなぁ」を実体験しました。(^-^)

 

□その3

ようこ夫の学生時代の友人の皆さんたちとの忘年会に参加し、

串焼きをモリモリほおばりました。

 

よく考えると、私は結婚してから仲間に入れてもらっているのに

おしゃべり時間ランキングでは上位にいるような気がして

後から「あああああ、今回もしゃべってしまった」

と、冷や汗をかいています。

 

とはいえ、今回の第一位は、仕事先でよく顔を合わせる

”ようこ夫の学生時代のお友達さん”で間違いないでしょう。

いちぢさん、もちこさんにも会えてうれしかったです。(^^)

 

□その4

ドイツ語会話教室の方たちと本格インドカレーランチ。

授業の後にはいつもすぐに次の予定に向かうので

この日は、食事をしながらドイツ語やインドにまつわる話ができてよかったです。

 

・・・ということで、私の忘年会ウィークは無事におひらきとなりました。

皆さん、一年間お世話になり、ありがとうございます。

 

これからの時間は、ピアノの練習

溜めに溜めたドイツ語の復習ノート作りに取り組む予定です。

 

 

ホームパーティーでごちそうになったケーキ

飲み過ぎ食べ過ぎに気をつけてね!って言っているのかな?

Cake_r1

|

« 溜池山王のピエール・ガニェールへ | トップページ | 頭の切り替えの多い一日 »

コメント

この短期間に、多数の忘年会! 驚きです。

あ、ホームパーティお疲れさまでした。
また機会を作りたいと思います。

投稿: ヲバラ | 2012年12月11日 (火) 23:46

いいなぁ、忘年会。
私は今年は忘年会なしで終わりそうです。
お誘いもしたのですが、人は集らず。

私は忘年会は大好きですが、新年会は嫌いです。
これから年度末まで忙しいのに酒を飲んでいられるか! って思います。
まあ今の私は年度末はあまり関係ないんですが。

投稿: けいいち | 2012年12月12日 (水) 10:11

忘年会と新年会。
雰囲気にどっぷり浸って楽しめるのは忘年会の方でしょうか。
飲み会は好きだけど、参加できることもまずないし
かつて勤めてた会社も忘年会はあっても新年会はなかったからなぁ。

それにしても数をこなしてきましたね!

投稿: lilac | 2012年12月12日 (水) 15:30

>ヲバラさん
ホームパーティーの準備等、お疲れさまでした。paper
皆さんに温かく迎えてもらえてうれしかったです!

それにしても、今年はたまたま忘年会続きになりました。
一つ一つの忘年会に対する集中力は、発表会以上です(笑)

>けいいちくん
>>お誘いもしたのですが、人は集らず。

そうなんです、企画した方の身にもなると
時間が空いている限り、参加しようと思ってしまいます。

1月から3月はあっという間に過ぎそうです。
やはり忘年会の方が一年のまとめ的に落ち着きますが
新年会があったらあったで、結局参加している自分が想像できます。sweat01

投稿: ようこ | 2012年12月13日 (木) 08:41

>lilacさん
正社員の頃のように、身分証明書的所属があるわけではないので
ハケンの仕事でも趣味つながりでも、交流の場だと思って
なるべく都合をつけるようにしています。

そうそう、ドタキャンにならないよう、
いつも以上に(笑)体調管理には万全を期しました。

投稿: ようこ | 2012年12月13日 (木) 08:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 溜池山王のピエール・ガニェールへ | トップページ | 頭の切り替えの多い一日 »