« なぜ試験を受けるのだろう? | トップページ | 古書街めぐり »

2012年11月13日 (火)

豚汁

最近、ようこ夫の帰宅がとても遅い日が続いています。

夜中に少量の夕食を摂る関係で、

いろいろな野菜の入っている煮込み料理を選ぶ機会が増えました。

 

今日は私も仕事のある日で、定時で帰ってきた勢いで豚汁を作りました。

いやはや、どれだけ野菜を切ったことか!

 

試食用の少ない盛りつけ。しめじが大きく見えますねぇ。

Img_5092 

これでしばらくは、夜中の食事にもなんとか対応できそうです。

 

ところで、朝食レポートをひっそりとお休みしております。

朝食はいつも通りに作っているのですが、編集する余裕がなく(^^ゞ

また落ち着いたら、そーーっと復活させる予定ですので

その時にはよろしくお願いいたします。

|

« なぜ試験を受けるのだろう? | トップページ | 古書街めぐり »

コメント

ご主人様お忙しいのですね。
種類が多めで量の調整ができるから、確かに豚汁はこれから寒くなる
時期だし大活躍しそうですねsmile

ワタクシ前の冬シーズンは豚汁を作りそびれてしまったので、この冬こそは
作ろうかと思っていますnoodle

野菜切るのって確かに大変ですよねsweat01だから少し種類は
減らして好きな物中心、里芋とこんにゃく、ごぼうは必須ですconfident
あ、勿論豚汁なので豚肉も…pig

ようこさんはお鍋に沢山作って何度かに分けるって感じかしら?
お椀にして何杯位の量を作っていますか?

投稿: くらげちゃん | 2012年11月13日 (火) 23:06

>くらげちゃん
夫の帰宅が遅くなって数週間になりますかねぇ。

豚汁や肉じゃがのような具の種類の多い煮物料理だと、
くらげちゃんのコメントの通り、量の調節もしやすくて
こういう時に重宝します。
もちろん、以前いただいたキティちゃんの七味を使っています。scissors

>>野菜切るのって確かに大変ですよねだから少し種類は
>>減らして好きな物中心、里芋とこんにゃく、ごぼうは必須です

今回、こんにゃくを買ったのに入れ忘れてしまいました。sweat01
ごぼうは私も使いました!ダシみたいな味が出て私も好きです。

我が家はレシピの2倍から3倍の量を作っているので
普通に盛って6人前ぐらいでしょうかね?
だんだん味がしみてくるのもまたいいものです。

投稿: ようこ | 2012年11月15日 (木) 09:30

私は子供のころは家で豚汁を食べたことがなかったです。
でもけんちん汁はよく食べていました。たぶん母が祖母の好みに合わせて、豚肉を使わなかったからかと思います。

「家で豚汁を食べたことがない、あれは河原でアウトドア料理として作るものでしょ。」と会社での雑談で話したら、かわいそうな生い立ちの子を見る目で見られてしまいました。

いや、まあ、いいんですけど……。

投稿: けいいち | 2012年11月16日 (金) 17:50

>けいいちくん
河原で火を起こしてご飯を炊いて、豚汁作って・・・。
なるほどなるほど。(笑)

以前、福島出身の人に肉じゃが(牛肉)を出したら、
「肉じゃがって豚肉じゃないんですか?」
とものすごく驚かれたことがあります。

食文化とは、地域や家庭の考え方次第で何通りもあって
たまに新しい発見があります。
(海外旅行でも、肉料理のあり方は必ずチェックしております)

投稿: ようこ | 2012年11月16日 (金) 21:32

ようこちゃん、こんばんは。
相変わらず、旦那様のお帰りは遅いのかしら?
大変だね。
あたたかい豚汁があると、なんだか
ホッとして、ぐっすり眠れそう~night
 
最近、土鍋炊飯デビューされたブロ友さんと
ぬか漬けデビューされたマイミクさんがいらして、
朝食レポを、勝手にご案内させていただきました(笑)
ようこちゃんの知らないところで、ひそかに
読者さんを増やしてしまい、すみませ~んhappy01note

投稿: うさちゃん | 2012年12月 1日 (土) 02:02

>うさちゃん
一時期ほどではないけれど、帰宅が真夜中nightになることもしばしばで・・・。
根菜をクタクタ煮たものがいいかなーと思って用意しました。

それはそうと、お友達へのご紹介をどうもありがとう。
朝食レポートはお休み中だけれど、
過去のものからご飯や漬け物の写真を探していただければ。eye
ぬか漬けも朝食の一品になる便利な調理法?なので重宝しています。
ブロ友さんとマイミクさんにどうぞよろしくお伝えください。clover

投稿: ようこ | 2012年12月 2日 (日) 01:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« なぜ試験を受けるのだろう? | トップページ | 古書街めぐり »