« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

2012年11月30日 (金)

自家製はちみつレモン

夏にピクルスを漬けるために買ったガラス瓶。

冬眠させるのも勿体ないので、はちみつレモン作りに使っています。

 

漬けた直後

Img_5119 

生協の国産レモンをスライスし、はちみつに漬けて待っていると

あるタイミングから、急に味がなじんできます。

 

このはちみつをスプーン1,2杯をお湯に溶かして飲むと、すごーーく温まります。

冬になると思い出す、子供の頃からの好きな飲み物です。

| | コメント (5)

2012年11月29日 (木)

炊飯について

最近、我が家の炊飯器置き場を整理しました。

Img_5102  

2011年3月以来、土鍋でご飯を炊くようになりました。

ふっくらとしたおいしさに気づき、ずっと右側の1.25合炊きの土鍋を使っています。

先日、左側の鍋料理サイズで炊き込みご飯を炊いたところ、これがまた美味

 

今日は、大きい土鍋で初めて白米を炊きました。

 

まず、30分ほど研いだお米を水にひたします。

Img_5106 

 

♪この間にピアノの練習をすることが多いです♪

 

フタをして強火にかけ、穴から蒸気が出るのを待ちます。

この見極めは慎重に。鍋の中のを聞いたりしています。

Img_5110  

 

蒸気が出たら、弱火にして5分。

さらに火を消して20分ほどそのまま蒸らします。

 

フタを取ると、ペターっとした状態で炊けています。

Img_5111  

 

しゃもじで少し混ぜると、ご飯らしくなります。

Img_5116  

 

ご飯少量をおにぎり風にして食べてみたところ、期待通りのふっくら感

 

土鍋の後片付けも気に入っています。

水を張って重曹を振りかけ、しばらくしてから、

シュロ材質のたわしででんぷんを取り除きます。

しっかり乾かしたら、元の位置へ。

 

なんだか私は人間炊飯タイマーのような役割ですが

実験ぽい点も面白くて、また土鍋を使いたくなるのでした。(^v^)

| | コメント (2)

2012年11月25日 (日)

『ジャン=マルク・ルイサダ ピアノ・リサイタル』(2012.11.24 紀尾井ホール)

ジャン=マルク・ルイサダのリサイタルに行きました。

 

数年前、NHK教育テレビの「スーパーピアノレッスン」で見たことがあり、

一度生演奏を聴きたくて、手帳に名前をメモっておいたのです。

このたび、やっと実現しました。

 

S席は手が出ないので、A席のチケットを買いました。

一階下手(しもて)側に縦に並ぶBL席です。

 

今か今かと開演を待っていると、

会場の紀尾井ホールがゴンッと揺れました。

客席が一瞬どよめきましたが、数分後に開演。

 

テレビで見るよりも恰幅のよいピアニストと譜めくりの方が登場し、

譜面台に楽譜をセット、背もたれに斜めに寄りかかり、

腕をピンと伸ばし気味に演奏を始めました。

(全曲、楽譜を見ての演奏でした)

 

この日は、ショパンとドビュッシーからなるプログラムで、

マズルカや前奏曲など、短めの曲をまとめて聴けました。

どちらかというと、詳しい方向けの選曲だったと思います。

 

初めて生で聴くルイサダのピアノは、音と音のつながりがとても美しくて

ショパンの『スケルツォ 第2番』では、上に下に行ったり来たりする音階が

まるで天の川の星のようでした。

 

ドビュッシーは、不思議な響きが際立って

フランスのどこかの美術館に迷い込んだような気持ちになりました。

 

今回、曲目変更があり、ドビュッシーの『映像 第二集』から、

葉ずえを渡る鐘の音、そして月は廃寺に落ちる、金色の魚

の3曲を聴くことができました。

どれも知らない作品でしたが、情景を頭で想像するのもまた趣があるものです。

 

アンコールはショパンのマズルカOp.24が4曲連続で演奏されました。

 

大学教授のようなう雰囲気も醸し出すルイサダ。

生演奏を聴けてよかった!

今も頭の中で、きれいなフレーズが鳴っています。(^-^)

| | コメント (5)

2012年11月23日 (金)

独検準1級、2回目の受験

勤労感謝の日といえば、独検(ドイツ語検定)の日。

というわけで、今年も受験してきました。

昨年に続いて2回目の準1級です。

 

筆記試験(90分)は、語彙・文法問題が3問、長文問題が4問。

その後、聞き取り試験(約35分)が2問出題されました。

 

正直なところ、手ごたえはよく分からなくて、

時間配分や選択肢を先に読むといった手順的には

昨年に比べて落ち着いて対応できました。

 

この一年間で、単語もずいぶん増えてきました。

でも、安定感がないというか、

まだまだズバッと答えられない問題が多かったです。

 

・・・といった中で、一つうれしいことがありました。

先日紹介したA5のノート作りに関して、

2011年の準1級の問題で分からなかった単語を書き出しておきました。

その中の一つ、das Gehirn(脳)がテーマとなる問題が出たのです。(^-^)

 

まぁ、まだそういう発展途上な感じなのですが、

きっといつかは合格すると信じて

あきらめずに、一つ一つ積み上げていきたいと思います。

| | コメント (2)

2012年11月22日 (木)

『第17回 小遊三の会』(2012.11.19 国立演芸場)

11月29日の月曜日、”第十七回 小遊三の会”に出かけました。

会場は、都心も都心、最高裁の隣りにある国立演芸場です。

Img_5101  

 

三遊亭小遊三師匠が二席、漫才の東京太・ゆめ子さん、

いつも落&Pでお世話になっている三遊亭遊史郎師匠も出演します。

どんな会になるのか、楽しみです。

 

□三遊亭小曲さん(前座)

秋田県大曲の出身だそうで、秋田のイメージ通り、色白でした。

『手紙無筆』という、字の読み書きのできない人々のドタバタでした。

 

□三遊亭遊史郎師匠

落語の前に話すマクラに、私の好きな青山学院大学ネタが出てきました。(^o^)

鏡にまつわるマクラで笑いをとってから、スーッと『松山鏡』につながりました。

 

など見たこともない親孝行な主人公が、

褒美でもらった鏡の中にいる”自分そっくりな父親”に話しかけます。

心温まる雰囲気から、だんだんと笑いの要素が増えてくる噺で

ストーリーを知っている私も、改めて大笑いしてきました。

 

□三遊亭小遊三師匠

エネルギッシュなオーラで登場した小遊三師匠、

政治にまつわるマクラを軽妙に話して、その世界に引き込みます。

 

『崇徳院』という落語は、 

「瀬をはやみ 岩にせかるる・・・」

で始まる百人一首の歌がロマンチックに登場します。

しかし、その歌を取り巻く江戸っ子たちが、どんどん面白くしていきます。

 

人探しの探偵もののような噺、結末はいかに?

江戸時代の町民になった気持ちで聴きました。

 

(仲入り)

 

□東京太・ゆめ子さん(漫才)

「えーー、あーーー」ばかり並べる京太さんと

ベラベラしゃべり続ける明るく元気なゆめ子さんの夫婦漫才

 

いつもほんわかして楽しいのですが、この日はハプニングだったのでしょうか、

ゆめ子さんのベラベラが止まってしまった???

でも、「あーーー」ばかりの京太さんが、途切れさせないように

ゆめ子さんをフォローしまくる!

見ているうちに、これ全体がネタかもしれないとも思えてきました。(^_^)

 

またどこかの寄席で楽しい漫才を楽しみにしています!

 

□三遊亭小遊三師匠

 

トリは、小遊三師匠の『二十四孝』。

中国の親孝行にまつわるいくつかのエピソードをモチーフにした落語です。

 

一つ一つはおかしくて会場が爆笑するのに、

落語の後には、心の奥が温まる作品でした。

 

全体の長さもちょうどよく、温かさが持続する良い会でした。

| | コメント (0)

2012年11月17日 (土)

もう一曲、『シェルブールの雨傘』

強くなったり弱くなったりする雨の中、

月に一度のデイケアセンターへピアノを弾きに行きました。

 

今日は一時間の持ち時間がさくさくと進行し、

一曲追加できそうだったので、手持ちの楽譜をめくりました。

 

ちょうど、映画音楽の名曲『シェルブールの雨傘』が載っていました。

A4一枚のサイズの楽譜を2秒ほど目でスキャン。

伴奏の楽譜がないかわりにコード(和音の名前)が出ていて

弾きにくいコードの有無と曲全体の抑揚を確認してから、

数年ぶりに演奏しました。

 

物悲しいメロディーはにもよく合います。

 

演奏後、

「映画のカトリーヌ・ドヌーヴがきれいだった」

などと、感想を言っている方たちがいて

とっさに一曲追加してよかったと思いました。

 

秋の曲を弾くのは今日でおしまい。

いよいよ、本棚からクリスマスソングの楽譜を出す

衣替えの時期がやってきます。

| | コメント (2)

2012年11月15日 (木)

古書街めぐり

所用のため、神保町に出かけました。

神保町といえば古本屋が立ち並ぶ街として知られています。

 

本の好きそうな人々がじっくり選んでいるのを見てうらやましくなり、

恥ずかしながら、普段ほとんど本を読まない私も

お店の外に並べられた本を見て歩くことにしました。

 

本を読む能力はともかく、

私は100冊ぐらい並んだ本の背表紙すべてを

約3秒ほどで読み取ることができます。

 

立ち止まって3秒、どんな本があるのかを知り、

少し歩いてまた3秒。

 

文学大全集のバラ売り、陶器の歴史全何冊や地名の由来の本など、

お店ごとにカラーもあり、興味深く”読み歩き”ました。

 

さすがに、私が読めそうな本はないだろうなぁと思って

最後の一軒のつもりで、題名を読み取っていたところ、

”図説”、”ドイツ”と書かれた薄い本が目に入りました。

 

手にとって見ると、ドイツの古都の歴史が写真入りで綴られています。

ハイデルベルクやトリアーなど、訪ねたことのある街も出ていました。

辞書的にも使えそう・・・と考えつつ、著者を確認しました。

 

Buch  

著者の谷克二さんは、ドイツや音楽に詳しくて

数年前にエッセイを読んだことがあります。

偶然出合った本が、その方のものだったとは!

 

神保町で本を買うのは初めてで緊張しましたが、

よくよく見ると、古本には味わいがあっていいものですね。

 

購入したのはこちらの書店にて。

大切に活用したいと思います。

Shoten  

 

古本関連サイト:

BOOK TOWN じんぼう

日本の古本屋

| | コメント (4)

2012年11月13日 (火)

豚汁

最近、ようこ夫の帰宅がとても遅い日が続いています。

夜中に少量の夕食を摂る関係で、

いろいろな野菜の入っている煮込み料理を選ぶ機会が増えました。

 

今日は私も仕事のある日で、定時で帰ってきた勢いで豚汁を作りました。

いやはや、どれだけ野菜を切ったことか!

 

試食用の少ない盛りつけ。しめじが大きく見えますねぇ。

Img_5092 

これでしばらくは、夜中の食事にもなんとか対応できそうです。

 

ところで、朝食レポートをひっそりとお休みしております。

朝食はいつも通りに作っているのですが、編集する余裕がなく(^^ゞ

また落ち着いたら、そーーっと復活させる予定ですので

その時にはよろしくお願いいたします。

| | コメント (6)

2012年11月12日 (月)

なぜ試験を受けるのだろう?

8月末に受験した通訳案内士試験の結果が届きました。

今年も自己採点の感触どおり、

4科目中2科目(日本地理、一般常識)の科目合格でした。

外国語と日本歴史合格目指して、また挑戦します。

 

ところで、このたび、私の中で

なぜ試験を受けるのだろう?

という疑問がむくむくと湧いてきました。

 

たしか、初期の頃は知識を整理するために

試験を有効活用していたような気がします。

しかし、だんだん難しくなるにつれ、受かりにくくなってきます。

大好きだった通信や情報系の国家試験も1,2回受けてあきらめたものがいくつか。

 

一つ思い当たるのは、

白黒はっきりした結果が出る点が私の感覚に合うのかもしれません。

公式な尺度で診断してもらった安心感といえばいいでしょうか。

 

今月も懲りずにドイツ語の試験を受けるので、

今回の結果は結果として、次の試験のことを考えていきたいと思っています。

| | コメント (6)

2012年11月11日 (日)

新居訪問&タヒチ旅行報告会

秋晴れの土曜日、ようこ夫と一緒に茅ヶ崎に遊びに行きました。

もちこさんご夫妻の新居訪問&タヒチ旅行報告会です。(^v^)

 

一軒家におじゃますると、心地よい木の香りが迎えてくれます。

リビングも、私が思っている茅ヶ崎のイメージぴったりに、

太陽の光が差し込んで暖か~い。

  

湘南の地ビールで乾杯し、次々登場するもちこさんの手料理に舌鼓を打ちます。

おいしいものだから、すごいスピードで

グラスとお皿を空にしてしまったような気が・・・。

  

お腹がいっぱいになったところで、お約束のお家探検

あちこちにあるこだわりなどを聞いていたら、

ついつい、ビフォーアフターの音楽を口ずさみたくなりました。

のような雰囲気のある、素敵な家ですねぇ。(^^)

 

そして、いよいよタヒチ旅行報告へと会は進んでいきます。

 

数年前、もちこさんご夫妻もタヒチに旅行したことがあり、

旅行前には、パイナップルのおいしさなどを教えてもらっていました。

私たちがタヒチのホテルでもらったワインを飲みながら、写真鑑賞です。

 

旅先でつい買ってしまったDVD、ようこ夫が撮った写真、

さらに、もちこさんたちの今年の旅の写真を見せてもらっているうちに

また旅ゴコロがむくむくとわいてきました。

 

もちこさんは、ダイビングのすごいライセンスを持っているそうで

マリンスポーツのこともいろいろ聞けて、とても面白かったです。

それだけできたら、海のリゾートに行っても文字通り”深く”楽しめそうです。

 

多数の地ビールをごちそうさまでした。

ラベルも凝っていていいですね~。

Img_5076  

これからも末長いお付き合いをよろしくお願いいたします。

また遊びに行きまーす≡3

| | コメント (2)

2012年11月 8日 (木)

生協の野菜が届きました(^o^)

毎週木曜日は生協の配達日です。

我が家はパルシステムを利用して、もう何年にもなります。

 

野菜の調達は、月曜日のドイツ語会話教室の帰りに新宿で買うのと

生協の配達の週2回でなんとか間に合わせています。

 

Img_5071 

新鮮な野菜が届くと、大人なのにちょっと楽しくなります。

 

今週は、このラインナップの他、

木綿豆腐とミネラルウォーター、そして重曹

一週間前に注文しました。

 

先のことは分からない・・・と言う方も多い中、

私は、一週間後に食べたいものを当てるのが得意?なようで

毎回、注文内容を忘れて月曜日に買う野菜と何かがかぶります。

 

今回は大根でした。

煮物を作らないと消費できなさそうですねぇ・・・。

 

注文内容を忘れるだけでなく、

最近は、月一ペースで生協のネット注文自体を忘れてしまっており、

そういう週は、野菜を求めて

仕事帰りにスーパーに寄ったりして少々バタバタします。

 

このブログを書き終えたら、来週の分を注文することにしま~す。

| | コメント (2)

2012年11月 5日 (月)

生演奏をどうぞ。

今日の東京は曇り空で寒い一日となりました。

しかし、今月も元気に病院でのピアノ演奏に行ってきました。

 

こういう日は、枯葉が舞うパリの石畳が思い浮かびます。

秋の空気を伝えるため、フランスの音楽を中心に用意しました。

 

私の活動は、約7年前に自分で考え出したもので

ピアノのある部屋でBGM的にピアノを弾き、

患者さん、ご家族、お見舞いの方が気軽に出入りできる形にしています。

 

通常、季節の音楽やリクエストされた思い出の曲を弾くことが多いのですが

今日は、”ピアノの生演奏”自体に

涙がこぼれるほど懐かしい思い出のある方たちがいらっしゃいました。

 

活動の性質上、こちらから詳しいことを尋ねることはありません。

でも、その様子を見ていて、忘れかけていたが開いたのかな、と思いました。

 

私も、病院でのピアノボランティアをしたくて

お願いに行った日のことが、頭の中で久しぶりによみがえりました。

 

こちらが名乗ることもなく、いらした方の名前を聞くこともなく、

一期一会の覚悟の中、純粋に音楽で心を通わせる活動・・・。

こういう体験ができる場所には感謝しなければなりません。

 

早いもので、来月はいよいよクリスマスソングの季節。

しっかり準備して、一年を締めくくりたいと思っています。

| | コメント (0)

2012年11月 4日 (日)

ノート作り

私は学習用ノートを作るのが子供の頃から大好きで

大人になった今も、ノート作りにパワーを注いでいます。

編集者になったような気分になるのが面白いのかなぁ?

 

今日は、ピアノ教室の帰りに世界堂に寄って、素材を購入しました。

 

ノートの大きさはA5

Img_5054 

 

シールでおめかしして、Pruefung!(ドイツ語で試験という意味)ノートの完成。

Img_5055  

11月にドイツ語の試験を受ける予定で、

過去問に出てきた重要事項をメモろうと思っています。

 

姉妹品として、ドイツ語ガイド教室と会話教室用のノートも持っています。

同じく、どちらもA5サイズです。

授業で出てきたポイントを1回につき、2,3個書き留めるようにしています。

  

Img_5058  

ネタ帳には浮世絵

Das ist mein Heft.(これは私のノートです)には飛行機のシールを貼りました。

 

小さいノートなので、持ち歩きも便利です。

あとは、中味を覚えればバッチリ!

 

さて、覚えられるかどうかはともかく、ノートを更新しましょうかね。

わくわく。(^v^)

| | コメント (4)

2012年11月 2日 (金)

お台場にて、野菜たっぷりのランチ

昨日は、秋晴れのすがすがしい一日でした。

私は、お台場で働くお友達を訪問するため、ゆりかもめに乗って

今年開業したばかりのダイバーシティに出かけました。

 

フジテレビのすぐ近く、駐車場が充実したショッピング街です。

Img_4988  

 

豪華なラインナップのフードコートがあり、その中のSMALL MARKETが目的地。

先日のTBS”はなまるマーケット”の小松菜特集でも紹介された店舗です。

 

種類豊富なジュースと、食事メニューがありました。

何となく、ニューヨークのデリのような雰囲気もしますが、

本社は高知県にあるのだそうです。

 

お友達にご挨拶してから、私が注文したのは、

グリーンスムージーと特製デミグラスソースのロコモコ丼

Img_4995  

 

スムージーは、小松菜、リンゴ、バナナ、蜂蜜、オレンジジュースが入っています。

テレビに出てきた品ですよ~。

Img_4994  

その場で、小さく切った小松菜などをミキサーにかけて作ってもらえる、

作りたてのぜいたくな飲み物です。

青菜系は初めてで、味の想像がつきませんでしたが

なんと、オレンジジュースをバナナでまろやかにしたような味でした。(^o^)

 

こちらがロコモコ丼。

盛り付けが菜園のようですね。

Img_4991  

ハンバーグの他に、レタス、ブロッコリー、トマト、ポテトサラダなどが入っています。

いろいろな野菜を摂れた上、レタスのハリのある食感が◎でした。

 

オフィス街の昼休みに、こういう食事が出来たらいいなー、と何度も思いました。

 

量もほどほど(というか、私がいつも食べ過ぎ)なので

食後のフットワークも軽く、ダイバーシティをぐるぐる散策。

おいしい野菜を食べ、お台場の風に吹かれ、よい気分転換になりました。(^o^)

 

追伸:

ダイバーシティ名物を撮影しました。

 

乗用車よりも大きいこの物体は何?

小さく写る人の大きさと比べてみてください。

Img_4999  

 

 

ビルほどの高さのガンダムです~。

ガンダムに興味があってもなくても、一見の価値あり!

Img_5002_2 

| | コメント (2)

2012年11月 1日 (木)

運動の秋(にしたいと思う)

11月になり、家の中のカレンダーをめくりました。

今年も残り2ヶ月。

ピアノを人前で6回弾き、ドイツ語の試験を受けたら

ようやく2012年も締めくくれそうです。

 

ところで、先日、久しぶりにランニングマシンの上を走りました。

体の中から温まり、実によい汗をかくことができました。

 

汗をかいてすっきりすると、

「今後はもっと回数を増やして健康増進に努めよう」

という気持ちになります。

 

そして忘れます。

 

気になって手帳の運動回数をメモるページを見たら、10ヶ月で9回

なんと、一か月に1回以下のペースだったとは・・・。

モチベーション高かった頃は、月に2回ぐらいは運動していたはずです。

 

イカンイカン。

 

運動の秋とも言われるし、心を入れ替えて

明日以降、ドイツ語が忙しいなどと言い訳することなく、

なるべく時間を作って体を動かすようにしよう。

 

なんだか、数か月に一度、同じことを書いているような気がします。

また同じことを書いたとしても、笑わず読んでくださいね。(^^ゞ

| | コメント (0)

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »