« ポリネシア旅行六日目その5(アラアホアホの潮吹き穴) | トップページ | ポリネシア旅行七日目(南半球の星空☆、結び) »

2012年10月15日 (月)

ポリネシア旅行六日目その6(ルロット)

タヒチ島半日観光を終え、いよいよ旅行最後の夕食の時間となりました。

ここはやはり、パペーテ名物のルロット(車の屋台)に行かなくては!

 

ルロット近くで、現地旅行会社の祖母似の日本人係員にバッタリ。

もう顔なじみになっているので

「ルロットに行きます~」

などと話しました。

 

車を開き、ルロット準備中

Img_4890  

机やプラスチック製の椅子を並べています。

色合いがきれいです。

Img_4891  

 

久しぶりに漢字を見るとほっとしますねぇ。ここで食事しましょう。

Img_4895  

 

ルロットではアルコールを提供しないので、スプライトを注文。

フランスパンはサービスです。

Img_4898 

フランス語を話す残り少ないチャンス、もちろん、

ボワソーーン(フランス語で飲み物)、スプライト」と頼みました。

 

春巻

Img_4901  

日本の春巻というよりは、

ベトナムのハノイですっかり好物になった揚げ春巻によく似ていました。

 

炒麺

Img_4903 

日本の中華料理店で教えてもらった発音で

「ツァオメン」と言ったら、海老と野菜たっぷりの焼きそばが出てきました。

 

車の横で、小柄な中国系のおかみさんが、

強い火力で大きな中華鍋を熱して調理したものです。

 

お会計の時に

「マイタン(中国語)、ラディスィオーン シルブプレ(フランス語)」と言うと

そのおかみさん、満面の笑みで

「あなたはフランス語を話すの?」

とフランス語で聞かれました。 

 

私が勇気と楽しさをもってフランス語のフレーズを使ったことを

温かい気持ちで返してくれた方たちに感謝です。

 

日が暮れると、お店の明かりが目立ちます。

Img_4907 

Img_4908  

 

他の屋台に移り、デザートはラム酒をフランべしたクレープにしました。

Img_4910 

アルコールの提供がないルロットですが、

でアルコールを飛ばすフランベならOKなのでしょう。

見た目はシンプルですが、風味があっておいしかったです。(^^)

 

食後、近くのタクシー乗り場からホテルに向かいました。

英語が通じるような、通じないような?運転手で

降りる時に200円分ぐらい余分に払うことになってしまいました。(^^ゞ

 

さあ、ホテルに戻ったら荷造りタイムです。

翌朝6時半の飛行機に乗るため、午前2時半起床なのです。

 

(次はいよいよ最終回)

|

« ポリネシア旅行六日目その5(アラアホアホの潮吹き穴) | トップページ | ポリネシア旅行七日目(南半球の星空☆、結び) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ポリネシア旅行六日目その5(アラアホアホの潮吹き穴) | トップページ | ポリネシア旅行七日目(南半球の星空☆、結び) »