« ポリネシア旅行五日目その1(タヒチ島、パペーテへ) | トップページ | ポリネシア旅行五日目その3(マルケシアンダンスショー) »

2012年10月 6日 (土)

ポリネシア旅行五日目その2(ボロネーゼ、プールサイド)

モーレア島からパペーテのホテルに移動して一息、

ちょうどお昼時だったので、ホテルのレストランに入りました。

 

目にも鮮やかな

Img_47152 

 

モーレア島からの高速船が揺れたからか、

ランチビールを飲む気持ちにはなれず、オレンジジュースにしました。

ようこ夫はいつもと同じようにビール。

Img_4720 

 

旅の定番、ボロネーゼ

メニューが読めなくても、ボロネーゼは”Bolonaise”と書いてあるので

あわてず注文することができます。

Img_4721  

以前、パリに行った時に、

フランスのパスタは(日本人から見て)ゆで過ぎ、という話を聞いたことがあり、

ここではそうなのかどうか、確かめたくなりました。(^^ゞ

 

結果、やはりのび気味でした。

でも、ゆっくり調理するからか、じっくり煮込まれたミートソースは絶品!

具をよくからめれば、麺ののびはだんだん気にならなくなります。

 

パンも3種類配りに来て、フランス語で味の説明がありました。

唯一聞き取れた、 「鬼」

おそらく、玉ねぎのことだと思って「オニオン」と言ったら通じず、

おそるおそる「鬼」と言うと、にっこり笑って玉ねぎパンを皿に載せてくれました。

後から調べると、フランス語でoignon(オニョン)というようです。

 

私たちの部屋は1階で、プールに面していました。

早速少し泳いでみると、足のつかない部分も多い、泳ぎ応えのあるプールです。

顔出し平泳ぎも30かきぐらいまでできるようになりました。

Img_4732 

 

Img_47352

【豆知識】

ドイツ語でシャワーのことをDusche(ドゥッシェ、ドゥーシェ)、

なんと、プールサイドの看板にはフランス語でDOUCHE。

ドイツ語の辞書を調べたところ、Duscheはフランス語源と書いてありました。

 

(次は、マルケシアンダンスショー♪)

|

« ポリネシア旅行五日目その1(タヒチ島、パペーテへ) | トップページ | ポリネシア旅行五日目その3(マルケシアンダンスショー) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ポリネシア旅行五日目その1(タヒチ島、パペーテへ) | トップページ | ポリネシア旅行五日目その3(マルケシアンダンスショー) »