« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月30日 (日)

ポリネシア旅行三日目その2(ホテル周辺)

モーレア島北半分のオプショナルツアーを終え、

ランチがてらホテル近くを散策しました。

  

すると、前日のモツピクニックで話をした、シカゴからのパティちゃん夫婦にバッタリ。

太っちょの旦那さんがアイスクリームをおいしそうに食べているのを見て

食べるのが好きだろうな~と思い、お昼をどこで摂ったか聞いてみました。

 

せっかくなので、ご紹介のカフェテリア方式のお店に行きました。

Img_4628  

 

なかなかボリュームたっぷりのポアソン・クリュも追加。

うん、やっぱり生のマグロはおいしいです。

後ろにちらっと写っている自家製レモネードもさっぱりとして◎。

Img_4625  

 

郵便局にも行かなくては~。

待っているお客さんが多く、整理券的なものを探していたら、

地元の方でしょうか、勇気をもって英語で話しかけてくれました。

メルシーボークー。(公用語のフランス語で”どうもありがとう”)

 

海があったらマリンスポーツを楽しみたい人と同じように、

外国に行ったらその国の言葉を話したい私です。

 

窓口では、フランス語で

「パラヴィヨーン、ジャポン、ドゥ」(エアメール、日本、2通)

などと言ってみたりも。(^^ゞ

 

向こうは英語で対応、こちらはフランス語(丸暗記です)を言う、

話したがりな観光客に優しいフランス語圏です。

 

ホテルに戻り、水上コテージのあたりを散策しました。

Img_4631  

部屋から海に直接入れるようになっていました。

Img_46322 

 

コテージ近くで海の中をのぞきこむと、珊瑚でしょうか?

海の生物を保護して育てている様子が見えました。

Img_4634_2 

のんびりしつつ、社会勉強もしているような、面白い休暇となっています。

 

(次は、ホテルの外で夕食)

| | コメント (0)

2012年9月29日 (土)

ポリネシア旅行三日目その1(パイナップル畑、展望台)

モーレア島滞在も3日目となりました。朝からオプショナルツアーに参加です。

 

モーレア島の北半分をさくっと巡るコースのドライバー兼ガイドは、

すらっとした色白の青年。

そして、観光客は私たち夫婦だけのプライベートなツアーとなりました。

 

美しい海に囲まれたモーレア島には

900メートル前後のゴツゴツしたがいくつもそびえています。

あいにく、山の上の方には雲がかかってしまいました。

Img_4591  

 

名物のパイナップル畑です。

斜面いっぱいにパイナップルが実っていました。

Img_46032 

 

ところで、パイナップルの生え方ってご存知でしょうか?

私は子供の頃に見たことがあるのかもしれませんが、

地中に実、地上に葉が出ているような気がしていました。

 

 

 

答え:

Img_45942  

子供のパイナップル

Img_4597  

 

青年ガイドさんが、英語でパイナップルはモーレア島の名産だ、と

誇らしげに言っているのが印象的でした。

また、ポリネシアでは気温の関係でリンゴが育たないそうです。

そのことをとても残念そうにしていました。

 

健康食品でも有名なノニ。大きな木でした。

Img_46002  

 

この後、ベルベデーレ展望台に行きます。

ロツイ山をはさんで、オプノフ湾とクック湾を見渡すことができます。

 

♪にぃしぃーーー、おーぷのーーふーーーー(相撲風に)

Img_4606 

 

♪ひぃがしぃーーーー、くーーーーっくーーーー

Img_4604

湾の写真が東西逆でしたので、写真を正しく配置しました。(9/30夜)

 

♪まっんなかとおるーは、ろついやまぁ~(新宿西口、駅の前風に)

Img_4612  

もしも雲がなかったら、もっとよい景色を見ることができたでしょう。

 

しかし、展望台ではこのような写真を撮れました。

人間のように歩くニワトリさんをあちこちで見かけました。

Img_4610  

Img_46152_2 

 

ハイビスカス。耳につけて踊りたくなりますね~。

Img_4617  

Img_4618  

 

最後の目的地は、パイナップルジュース工場です。

工場見学をしながら説明を聞いて試飲するのかと思いきや、

すぐにアルコール有り、無し含めて試飲させてくれました。

 

あっという間のモーレア島半周ツアー、終わりにこちらから一つだけ質問しました。

 

青年ガイドさんがポリネシア風ではなかったので

遠回しに「あなたはモーレア島出身ですか?」と聞いたところ、

祖父がスイス人で、モーレア島に定住したとのこと。

まだスイスには行ったことがない、と悲しそうに言っていました。

 

なるほど。ずいぶん遠いところからやってきたのですね・・・。

でも、山の多いこの島に住みたくなった気持ちは分かる気がしました。

私からはとっさに

「スイスには山がたくさんあります」

と言うのが精一杯。

いつか世界に誇る4000メートル級の山々を見る日が来ますように。(^-^)

 

工場でパイナップルジュースを買い、ホテルのテラスで一杯。

Img_4621  

【豆知識】

ドイツ語でパイナップルのことをAnanas(ナナス)、

なんと、ジュースのパッケージにもフランス語でANANAS。

辞書を調べたところ、アナナスはポルトガル語源と書いてありました。

 

(次は、ホテル周辺を散策)

| | コメント (3)

2012年9月28日 (金)

ポリネシア旅行二日目その2(小島でランチ)

海に入った後はボートに戻り、ランチをする小島(モツ)に向かいました。

 

島に着いたら、備え付けの木製のテーブルと椅子に荷物を置き、休憩。

ボートも昼休みです。

Img_4557_2 

 

こちらは肉を焼くためのコンロです。

どうやら、下準備した食材をスタッフがここで調理する模様。

Img_45392  

コンロの準備をしていた青年が、ヤシの実の皮らしきものをセットしていたので

「ポリネシアではヤシの皮を燃料として使うのでしょうか?」

と英語で質問するつもりでしたが、無駄に難しい疑問文もどうかと思い、

「ココナッツ?」

とシンプルに聞いたところ、「イエス」とのことでした。

 

このように数人がかりで焼いてくれます。

Img_45462  

 

飲み物もふるまわれました。残りわずか。

Img_4544  

 

ポリネシア名物 ポアソン・クリュ(生の魚)ショーもありました。

ガイドさんが作り方を説明しながら、料理番組風に調理します。

Img_4551_2 

ポアソン・クリュは、まぐろ、玉ねぎ、きゅうりなどをマリネ風にした料理です。

塩、ライム、ココナツミルクで味つけしていました。

 

 

こちらが私のランチです。

Img_4556  

時計回りに、焼きたての肉。

モーレア島の誇る名産 パイナップル

新鮮でやわらかく、おかわり必須でした!

フランスパンはさすがフランス領、ほっとするおいしさ。

ポアソン・クリュは、さっぱりして私の口によく合いました。

何度かご飯ものも登場し、懐かしさをもって食べました。

この米の原産地は分かりませんが、スーパーではタイ米が売られていました。

 

食事時は、同じツアーの外国人と話すチャンスでもあります。

向かいの席には、人懐こそうな太っちょの若い男性と、

サンリオのパティ&ジミーのパティちゃんのような女性が座っています。

思い切って英語で話しかけてみると、シカゴから来たとのこと。

 

早速、時差について聞いてみようとしたものの、英単語を知らず、

ドイツ語(Zeitdifferenz)を直訳して time differenceと言ったところ、通じたようです。

おかげで、アメリカのタイムゾーンの話まで出てきて盛り上がりました。

 

ようこ夫も加わり、4人で楽しくおしゃべりしながらのランチとなりました。

 

食後は、ココナツショー☆

あれ、昨日も見たような・・・?

きっと、伝統のアトラクションなのでショー。

Img_45632 

何をやっても器用なガイドさんでした。(^-^)

Img_45643  

このショーが終わったところで、「Time to go!」。

ピクニックもおひらきとなりました。

 

帰りのボートからが見えましたよ~。

Img_4568  

天気にも恵まれ、島ならではの面白い体験をすることができました。

 

追伸:カメラマンが撮影していたピクニックの様子を写したDVD
    旅の記念に買ってしまいました。(8000パシフィックフラン!)

 

(次は、夕食は後日レポートするので、3日目の展望ツアーについてです)

| | コメント (0)

2012年9月27日 (木)

ポリネシア旅行二日目その1(エイに触れる)

旅行二日目。

朝から夕方までのオプショナルツアー、モツピクニックの日です。

 

ビニールシートを敷いてモツ鍋を食べるのか?というような語感ですが

MOTU=小島 を指すそうです。

  

ボート乗り場に貼ってあったポスター

Img_4454 

ボートに乗って海で遊び、小島に上陸してランチする企画です。

 

さらに、水着着用で来るようにということだったので

旅行前に新宿で服のような形をした水着を買っておきました。

海で泳ぐのは小学生以来の私にとっては、これから一体何が起こるのやらです。(^^ゞ

 

いろいろな国からの観光客を乗せて、しゅっぱーつ!

Img_4455  

 

青い空、青い海

この日は旅行中でもっともよい天気に恵まれました。

Img_4457  

 

ものすごい声の大きいガイドさんが、フランス語、英語で説明し、

サービスで、時々日本語の単語を並べます。

Img_4463 

おや、私たちと同じ形のボートが浮かんでいます。

Img_4470  

 

しばらく進むと、「ホエール!ホエール!」と騒がしくなり、しばしクジラ見学

Img_4482  

私もグレーの背中や尾を見ました。

証拠写真を撮りそびれた人のために、

白いTシャツのカメラマンが映像を撮りだめています。

 

クジラが一段落すると、海の色の境目が見えてきました。

水色の方が浅いのです。

Img_4489 

ヒョーーー!水色のエリアに入りました! 

Img_4494  

 

・・・と思ったら、いきなりガイドさんが海に飛び込んで貝を捕獲。

Img_4496  

私も貝をちょっと触りました。

こちらのガイドさん、飽きさせないように間をもたせる名人です。

Img_4498  

 

さあ、そろそろ海に入る時間のようです。

この写真は隣のボートですが、このように、海に直接降ります。

水着着用で乗船、という意味がやっと分かりました。

Img_4531 

 

エイが普通に泳いでいます。

Img_4526_2 

Img_4528  

海の底で休憩中?

Img_4533  

 

多分、小さいサメ

Img_4532 

私は水中カメラを持っていないので、ボートの上から撮影したのち、

おそるおそる海に・・・。

最初は海水を冷たく感じたものの、無事にエイに触ることができました。

胴体はぬるぬるする一方、尾はものすごく硬くてざらっとしています。

 

心配だった泳ぎも、子供の頃に祖父に習った平泳ぎがまだ出来ました。

顔を出して15かきほどしては足のつくところで休憩、

また浮かんで15かき・・・といった感じでマイペースで遊びました。

 

ひとしきり海を楽しんだら、いよいよ小島に向かいます。

Img_45372  

Img_4535_2  

(次は、モツでランチ)

| | コメント (6)

2012年9月25日 (火)

ポリネシア旅行一日目その3(ティキヴィレッジ)

ゆったりと流れる時間の中、旅行一日目のがやってきました。

この日は、ティキヴィレッジへ行くオプショナルツアーに参加します。

 

ティキヴィレッジとは、ポリネシア文化を紹介する

小ぢんまりとしたテーマパーク的な施設といえばよいでしょうか。 

現地での説明はフランス語と英語なので、こちらも緊張感が高まってきます。

 

入口で渡されたプログラムから推察すると

いくつかの実演を見て、食事をしてタヒチアンダンスショーという流れのようです。

 

ウエルカムドリンクコーナーでは、係の方が私の顔を興味深そうに見て

「Chinese? Japanese?」

と聞いてきました。

Japaneseと答えると、その後も顔を見るたびに

「おー、ジャパニーズ!」

と声をかけられ、パイナップル酒のおかわりまでいただいてしまいました。(^^ゞ

 

さて、最初はココナツショーです。

砂のグラウンドの周りにすり鉢状の客席があり、観光客が座ります。

 

ぶ厚い皮にくるまれたヤシの実から

白い果肉?を取り出すまでの工程が見られました。

 

左の長髪の方が司会者で、右の方がプレイヤー。

ギタリスト風の司会者の身長は190センチぐらいあったと思います。

Img_43982 

Img_44002 

他にも植物を編んで屋根の材料を作る様子などを見学しました。

お客さんはフランス語圏の人々だけでなく、スペイン人が多かったようです。

 

食事はビュッフェ形式で、ポリネシアらしい料理が出てきました。

左奥のラタトゥイユのような煮込み料理やフランスパンがおいしかったです。

Img_44042  

 

そして、お待ちかねのタヒチアンダンスショー♪♪♪

 

もともとポリネシア方面のダンスについてはまったく知らなかった私ですが

数年前、スパリゾートハワイアンズのショーを見た時に

タヒチアンダンスが特に印象に残り、いつか本場で観たいと思っていたのでした。

 

冒頭の”モーレア島の夏川りみ”のような心打たれる歌もよかったです。

Img_44292 

ミュージカル風な構成になっていました。

Img_4431 

Img_44382 

Img_44402 

 

本物のを使ったダンスもあり、私のところまで熱くなりました。

回る火の棒に観客側がハラハラドキドキ。>_<

Img_4445  

Img_4446 

Img_44472 

んーー、すごかった!はるばる訪ねた甲斐があります。

ハワイアンズの皆さんも実に見事に踊っていることを再認識!(^o^)

 

終演後には、目パッチリの女性ダンサーたちと記念撮影もできて

夢のような一日目が過ぎていきました。

 

(次は、ピクニック)

| | コメント (0)

2012年9月24日 (月)

ポリネシア旅行一日目その2(モーレア島へ、初ランチ)

マルシェ観光を終えると、タヒチ島から約18キロ離れた

モーレア島へ向かう高速船に乗る時間です。

Img_4370 

30分ほどでモーレア島に到着しました。

英語を話す現地係員が港で私たち日本人をピックアップし、

マイクロバスで一緒に移動しました。

 

車窓から、見たこともないような青い色が!

Img_4374  

小屋のような形の建物は、ホテルの部屋だそうです。

Img_4373  

リゾート旅行初心者の私、右を見ても左を見ても珍しいものばかりでした。

 

今回お世話になったのは、こちらのホテルです。

ポリネシアに来た~という感じがしますねぇ。 

Img_43862 

旅慣れた感じの日本人のお客さんたちと

気さくな日本人スタッフもいるホテルで、いよいよ滞在型の旅が始まります。

 

短い間ですが、ここの住人になります。

私たちはこのようなガーデンコテージに宿泊しました。

海辺や水上にも同じ形の建物があります。

Img_43922  

 

さて、部屋に荷物を置いたら、まずはホテルで昼食です。

ようこ夫は、昨年の旅行で食べ過ぎてお腹をこわしたので

食事の量には十分気を付けなければなりません。

 

タヒチのヒナノビールで乾杯!

Img_4382_2 

 

初日なので、この分量を2人でいただきまーす。

Img_4384 

物価は日本より若干高いといわれており、ビール代を心配していましたが

ヒナノビール1本で、500円台が相場のようでした。

日本と同じように飲むことができます。(^-^)

 

食後はホテル近くを散歩。

夜は真っ暗になるため、徒歩で移動できるのは日のあるうちです。

背の高ーーーーいやしの木に驚きました。

Img_4388  

(次は、ティキヴィレッジ)

| | コメント (2)

2012年9月23日 (日)

ポリネシア旅行一日目その1(パペーテ到着、マルシェ)

16時発のエア タヒチヌイに乗り、日付変更線を越えて約11時間半、

タヒチ島のパペーテに到着しました。

Img_4338  

時刻は朝の8時半、長い一日が始まります。

 

空港では、長いフライトを癒すかのようなこのお迎えがありました。

音楽にも期待できそうな予感♪

Img_4343 

今回は、飛行機とホテル(送迎付き)のプランを申し込み、

いくつかのオプショナルツアーに参加することにしました。

この日のうちにパペーテから高速船で30分ほどのモーレア島に移動して4泊、

パペーテに戻って2泊の計6泊です。

 

日本人の現地係員の案内で、高速船に乗る前の一時間ほど、

パペーテ中心部にあるマルシェ(市場)やショッピングセンターを見学しました。

写真撮影OKとのことでしたので、マルシェの様子をご紹介します。

 

服屋さん、とにかく色がきれいでした。

Img_43472  

 

マルシェは屋内です。フルーツがたくさん。

Img_43492  

 

バッグ屋さん。時間があればここをゆっくり見てもよかったかな?

Img_43522  

 

いらっしゃいませ~。

Img_43552_2 

 

ところで、ポリネシアでは、パシフィックフランという通貨が使われています。

私が成田空港で両替した時点では、1パシフィックフラン=1.02円でした。

陽気なデザインのお札です。興味があれば検索してみてください。

 

すぐ近くの公園には、美しい花が咲いていました。

この後も、色鮮やかな花をたくさん目にすることになります。

Img_4364 

 

このような3カ国語の看板も。世界の観光地らしいです。

Img_4369

(次は、モーレア島へ)

| | コメント (5)

2012年9月22日 (土)

ポリネシア旅行(はじめに)

IA ORANA!(ィア オラーナ=タヒチ語のあいさつ)

 

遅めの夏休みをとり、ようこ夫と一緒に

タヒチ島、モーレア島の6泊8日の旅に出ました。

 

新婚旅行先としても人気のあるタヒチ、

実は国の名前ではなく、フランス領ポリネシアにある118の島の一つで

パペーテという都市に日本との直行便が飛んでいます。

約11時間半のフライトなので、ヨーロッパ並みに遠いところにある地域です。

 

ゴーギャンが過ごした場所、

そしてタヒチアンダンスの本場を一度訪れてみたいと思い、

今年ついに実現しました。

 

公用語はタヒチ語とフランス語で、今回は丸暗記のフランス語もよく使いました。

美しい景色を紹介しながら旅の思い出を綴っていきたいと思います。

長くなりそうですが、どうぞよろしくお願いいたします。

 

東京発 エア タヒチヌイの機内に飾られたゴーギャンで

旅の気分が盛り上がります。

Img_4336

| | コメント (2)

2012年9月14日 (金)

朝食レポート 2012年8月下旬~9月中旬

残暑厳しい今日この頃、いかがお過ごしでしょうか?

 

8月の朝食は、献立を考える頭が回らなくて困りました。

でも、お皿がたくさんある食卓は好きなので、

同じものを繰り返し出しながら、どうにか毎日を過ごしました。

 

☆ *は2人前
☆ 金曜日定休

 

●8/20(月)

ドイツ語会話教室。まだまだ30度を余裕で超えています。

Img_4260  

・牛肉の水菜、玉ねぎのぽん酢がけ
・ミニトマト
・冷奴
・しじみ汁
・アンデスメロン
・狭山茶(冷)

 

さっぱりとパワーをつけるメニューにしました。

 

●8/21(火)

両国で二条城展を観ました。

Img_4263  

・豚肉の塩麹漬け
・ニンジンのピクルス
・ミニトマト
・しじみと豆腐のみそ汁
・緑茶

 

日本酒で有名な八海山酒造の塩麹を買ってきて、漬けてみました。

たまに味の変化をつけるのによさそうです。

 

●8/22(水)

ペルヴィス教室&ドイツ語ガイド教室。

久しぶりに運動しました。(^^ゞ

 Img_4264

・そうめん、水菜、ミニトマトと一緒に
・枝豆*
・焼き魚(アジ)
・まいたけとじゃがいものみそ汁
・狭山茶(冷)

 

もう暑くて暑くてたまらん。麺類の登場です。

アジの焼き上がりが間に合わず、写真には出ていません。(^^ゞ

 

●8/23(木)

休憩。

Img_4268 

・うな丼
・きゅうりとわかめの酢の物
・オレンジ
・緑茶

 

夏のスタミナをつけるため、生協の冷凍うなぎで丼にしました。

 

●8/27(月)

ドイツ語会話教室。

前日の日曜日は通訳案内士の試験でした。ヘトヘト~。

Img_4272  

・焼き鮭、ミニトマト
・納豆、かつおぶし*
・なめことわかめのみそ汁
・緑茶

 

いかにもーな和食にしました。

 

●8/28(火)

写真が残っていないので、おそらくようこ夫の健康診断で

朝食不要だったのだと思います。

 

●8/29(水)

ペルヴィス教室&ドイツ語ガイド教室。

Img_4274   

・さんまの塩焼き
・豆腐とわかめのみそ汁
・桃*
・緑茶

 

デパ地下の魚屋さんでさんまを買いました。

焼く10分前に両面にをふって水気を切ったら、おいしく焼けました。

 

●8/30(木)

くらげちゃんと豪華ランチの日。

Img_4278  

・鮭としめじのお茶漬け
・れんこんのピクルス*
・冷奴*
・桃
・緑茶

 

お茶漬けは、自家製だし汁を作り、鮭をほぐして作ります。

れんこんのピクルス、と書くと洋風な味に聞こえますが

ちらしずしの上にのっている、あの味です。

 

●9/3(月)

ドイツ語会話教室&病院でピアノ演奏。

Img_4301  

・焼きとり、れんこんのピクルス
・きゅうりのぬか漬け*
・なめこと豆腐のみそ汁
・緑茶

 

デパ地下で買った焼きとりを朝食に出しました。

 

●9/4(火)

しごと。

Img_4303  

・焼きとり*
・冷奴、かつおぶし*
・かぼちゃの煮物*
・グレープフルーツ
・緑茶

 

9月に入り、やっと煮物を作ろうという気持ちになりました。

 

●9/5(水)

しごと&ドイツ語ガイド教室。

Img_4307  

・焼き鮭
・かぼちゃの煮物
・きゅうりとわかめの酢の物
・梨*
・緑茶

 

困った時の鮭。いつもお世話になっております。

 

●9/6(木)

しごと。

Img_4310  

・焼き鮭
・かぼちゃの煮物
・まいたけとほうれん草のみそ汁
・梨*
・緑茶

 

仕事のある日の木曜日の朝食は、

前日夜遅くまで習い事があるため、準備時間の点で最も大変です。

でも、手が勝手に動いてくれるのです・・・。

 

●9/10(月)

ドイツ語会話教室。

クラスメートたちとランチをした後、堀之内妙法寺にお札を取りに行きました。

Img_4319  

・子持ちししゃも、ミニトマト
・冷奴、たたき梅のせ*
・まいたけとほうれん草のみそ汁
・桃*
・緑茶

 

たたき梅=梅干しを包丁でたたいてみりんでのばします。

酸っぱーーーい!>_<

  

●9/11(火)

しごと。

Img_4322  

・おでん
・ミニトマト
・緑茶

 

お寺の近くのおでん屋さんで買ったものに、家にあった豆腐を追加。

夏に食べてもとてもおいしいです。

 

●9/12(水)

しごと&ドイツ語ガイド教室。

Img_4323  

・おでん
・かぼちゃのたいたん
・緑茶

 

かぼちゃを別の作り方で煮たら、ややケーキのような風味に。

 

●9/13(木)

しごと。

Img_4327  

・秋鮭、ミニトマト
・かぼちゃのたいたん
・しめじ、わかめ、豆腐のみそ汁
・緑茶

 

秋鮭が登場する季節となりました。

それにしても、今回のレポートには鮭が多数。

もう少し涼しくなったら、秋の魚も料理したいと思います。

 

さて、やっと恒例の夏休みで、に行ってきます。

次回ブログの更新は、9月23日頃を予定しています。

きれいな写真をお見せできるはずなので、その頃またぜひいらしてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月13日 (木)

墨田のまな板

久しぶりに東京スカイツリーのふもと、ソラマチに寄り道しました。

3割好奇心、7割単なる迷子で、初めて5階に足を踏み入れることとなりました。

 

他の階に比べてゆったりとしており、ミュージアム風なフロアでした。

そこで出合った、すみだ まち処

 

それはそれはきれいな硝子製品や江戸切子など、

スカイツリーのある墨田区の工芸品などが展示&販売されています。

 

ふと目に留まったのがこちら、桐のまな板(プチ)です。 

Img_43292 

  

家のまな板は大きいから、小さいものを切る時にはかえって面倒くさいなぁ。

とか、

野菜や果物を気軽に切って、もりもり食べたいなぁ。

とか、

地場産業を応援したいなぁ。

などなど、買う理由が思い浮かんだ時点(約30秒)で購入決定

 

プチサイズといっても、家で見たらそれなりの大きさです。

もともと使っていた、プラスチック製まな板の半分サイズでした。

Img_4333 

なんと、このまな板は桐たんすの会社が作ったとのこと。

たんすはとても買えませんが、

高級素材のまな板を気軽に大事に使いたいと思います。

| | コメント (3)

2012年9月 9日 (日)

母校訪問

縁あって、まろーねさんからお誘いをいただき

20数年ぶりに母校の文化祭を見に行きました。

 

最後に訪ねたのは予備校に通っている頃で

何かの証明書を取りに行く用事だったと思います。

 

当時は工事中で、今日は築20年ぐらいの”新校舎”を見ることができました。

通常、以前見た景色をもう一度訪ねると小さく感じたりしますが

廊下は広いし、空調もよさそうだったし、トイレの入口もピカピカ。

掲示物は思ったよりも電子化されていなくて、当時の香りが漂ってきました。

 

休憩所でお茶を飲んだり、日常の様子の展示を見たり、

手作りの劇には親御さんの気持ちでお邪魔を。

そういえば私も、西村京太郎原作のミステリー劇で新聞記者の役をやったなぁ。

(注:セリフは一言、取材用の手帳にセリフを丸ごと書いて、それっぽく読み上げた)

 

気がつくと、あっという間に2時間経過していました。

 

日頃、私より年上の人と接することが多いせいか、

子供たちがたくさんいる風景に出合う機会はそうそうありません。

今日は一年分の子供たちを見たかな?

 

設備がよくなった校舎とたくさんの後輩たち。

普段、決して味わうことのない貴重な時間を過ごせました。(^v^)

| | コメント (2)

2012年9月 6日 (木)

和紙を買いに

仕事帰り、和紙を買うために浅草に寄り道しました。

 

先日、ドイツ語ガイド教室でJapanpapierについて習ったのをきっかけに

記憶が薄れないうちに、雷門の横にある黒田屋本店に出かけたというわけです。

浅草には何度か来たことがありますが、こちらのお店に入るのは初めてです。

  

和紙が並んでいる様子を見ていると、

手芸洋品店でを選ぶ時のような気持ちになりますねぇ。

中学校の家庭科でパジャマを作って以来・・・。

 

和紙を買うために来たが、ワシは何を買えばよいのじゃ?とばかりに

和紙を使った雑貨コーナーや和紙そのもののコーナーを2周ほど。

 

急にピンとひらめき、四季をイメージした4枚の和紙を買いました。

A4より一回り大きめのサイズです。

Img_43162  

 

Img_43112  

見れば見るほど財布の紐がゆるむような気がして

今回はこれだけ買って店を後にしました。

 

箱を作るか、何かの表紙にするか、写真撮影の台紙にするか、

きれいなデザインを見ながら、少し考えてみます。(^v^)

| | コメント (2)

2012年9月 3日 (月)

『Takamiy Legend of Fantasia 2012 ULTRA STEEL』(2012.9.1 東京国際フォーラム)

いつまでも8月が続くような感覚でいたら、9月に入っていました。

1日は、ころぼっくるさんと一緒に東京国際フォーラムのコンサートに参加しました。

 

『Takamiy Legend of Fantasia 2012 ULTRA STEEL』

 

THE ALFEEの高見沢さんのソロコンサートです。

私にとっては久しぶりで、2008年のパシフィコ横浜以来の参加となります。

 

ソロコンサートといっても、ギタリストが他に4人も登場する豪華版

ステージ下手(しもて)より、

ルーク篁、マーティー・フリードマン、Takamiy、ANCHANG、KOJIでした。

 

このコンサートの数日前、たまたま見たテレビ番組で

「北欧にはヘビメタバンドが多い」という内容について

マーティーが流暢な日本語でいろいろとコメントしていました。

 

そして、早くも初の生マーティー。

テレビで見るよりも貫録があって、しゃべり方はそのままでした。

 

さて、この日の目玉は、ウルトラセブンウルトラゼロの登場!!

(予想していなかったので、私は非常に驚いた)

 

「ULTRA STEEL」が、”ウルトラマン列伝”という番組の主題歌つながりで

ウルトラマンがやってきたようです。

ちなみに、人間と同じ大きさでした。

 

途中、怪獣も現れて、2人がかりで怪獣をやっつけるシーンがありました。

デパートの屋上ではなく、東京国際フォーラムで○歳にして観ることになるとは・・・。

 

コホン。

 

今回のコンサートでは、よく知っている曲と、知らない曲が混じっていたのですが

カッコイイギタリストたちに囲まれたTakamiyが楽しそうで

私もスカッとした気分になりました。(^v^)

 

それにしても、次は一体どうなるのだろう・・・?と思わせるソロコンサート。

タイミングが合えば、また行ってみたいです。

| | コメント (4)

2012年9月 1日 (土)

ブルガリ イル・カフェ

8月末の平日に、くらげちゃんと一緒に表参道へ出かけました。

年に数度の豪華ランチの日です☆彡

 

今回は、ブルガリ イル・カフェ

1階がブランド ブルガリのお店。 

Img_42802   

見上げると、2階にイタリアンのカフェがあります。

Img_4281 

 

くらげちゃんが事前にリクエストしてくれていた表参道に面した席に座り、

ランチボックスと飲み物を注文しました。

表参道を行き交う人々を眺めながらの食事なのです~。

 

おせち料理を食べるようなワクワク感。

右上のいなだのカルパッチョは好物です。

Img_4286  

 

タリアテッレ(平たい麺)

玉ねぎの甘みの出た一品でした。

おだやかな味で、この分量をあっという間に食べてしまいました。(^^ゞ

Img_4287  

 

ランチボックスに魚料理を追加しました。

白身魚とえびや貝のスープ仕立てで、トマトソース味です。

私の好物、ストライクど真ん中ですねぇ。(^o^)

Img_4289  

 

お楽しみのデザート♪

トロピカル系のケーキやゼリーなどはさっぱり、チョコレートは濃厚でした。

少量ずつ、いろいろな味を楽しめるのがとてもよいと思いました。

Img_4294  

 

有名ブランドのブルガリのお店というと、敷居が高いのかと思いきや、

スタッフがとても気さくで、料理もリーズナブル。

くらげちゃんの飲み物にもきめ細かい配慮があり、

そういった雰囲気を含めて、リラックスできるランチとなりました。

 

くらげちゃん、どうもありがとう。またのランチを楽しみにしています。

| | コメント (2)

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »