« ポリネシア旅行一日目その3(ティキヴィレッジ) | トップページ | ポリネシア旅行二日目その2(小島でランチ) »

2012年9月27日 (木)

ポリネシア旅行二日目その1(エイに触れる)

旅行二日目。

朝から夕方までのオプショナルツアー、モツピクニックの日です。

 

ビニールシートを敷いてモツ鍋を食べるのか?というような語感ですが

MOTU=小島 を指すそうです。

  

ボート乗り場に貼ってあったポスター

Img_4454 

ボートに乗って海で遊び、小島に上陸してランチする企画です。

 

さらに、水着着用で来るようにということだったので

旅行前に新宿で服のような形をした水着を買っておきました。

海で泳ぐのは小学生以来の私にとっては、これから一体何が起こるのやらです。(^^ゞ

 

いろいろな国からの観光客を乗せて、しゅっぱーつ!

Img_4455  

 

青い空、青い海

この日は旅行中でもっともよい天気に恵まれました。

Img_4457  

 

ものすごい声の大きいガイドさんが、フランス語、英語で説明し、

サービスで、時々日本語の単語を並べます。

Img_4463 

おや、私たちと同じ形のボートが浮かんでいます。

Img_4470  

 

しばらく進むと、「ホエール!ホエール!」と騒がしくなり、しばしクジラ見学

Img_4482  

私もグレーの背中や尾を見ました。

証拠写真を撮りそびれた人のために、

白いTシャツのカメラマンが映像を撮りだめています。

 

クジラが一段落すると、海の色の境目が見えてきました。

水色の方が浅いのです。

Img_4489 

ヒョーーー!水色のエリアに入りました! 

Img_4494  

 

・・・と思ったら、いきなりガイドさんが海に飛び込んで貝を捕獲。

Img_4496  

私も貝をちょっと触りました。

こちらのガイドさん、飽きさせないように間をもたせる名人です。

Img_4498  

 

さあ、そろそろ海に入る時間のようです。

この写真は隣のボートですが、このように、海に直接降ります。

水着着用で乗船、という意味がやっと分かりました。

Img_4531 

 

エイが普通に泳いでいます。

Img_4526_2 

Img_4528  

海の底で休憩中?

Img_4533  

 

多分、小さいサメ

Img_4532 

私は水中カメラを持っていないので、ボートの上から撮影したのち、

おそるおそる海に・・・。

最初は海水を冷たく感じたものの、無事にエイに触ることができました。

胴体はぬるぬるする一方、尾はものすごく硬くてざらっとしています。

 

心配だった泳ぎも、子供の頃に祖父に習った平泳ぎがまだ出来ました。

顔を出して15かきほどしては足のつくところで休憩、

また浮かんで15かき・・・といった感じでマイペースで遊びました。

 

ひとしきり海を楽しんだら、いよいよ小島に向かいます。

Img_45372  

Img_4535_2  

(次は、モツでランチ)

|

« ポリネシア旅行一日目その3(ティキヴィレッジ) | トップページ | ポリネシア旅行二日目その2(小島でランチ) »

コメント

おー、このいろ。目も心も洗われるブルー、最高です。
エイくん、こちらが触るよりも、
自らこちらに寄ってきて、囲まれて触られるほど、人懐っこいでしょ。
そういえばエイくんに、チューさせてもらいました。

投稿: もちこ | 2012年9月27日 (木) 12:19

 こんばんは。
 珍しいことができるんですね。
 そう言えば、ここ5年ほど旅行した先は全て「北」の方向なのだけど、南にも行ってみたくなりました。北だと海には入れませんからね。とりあえず「沖縄県」あたりでも良いので、考えてみようかと。

投稿: シブ | 2012年9月27日 (木) 22:29

>もちこさん
どうも~、このたびはいろいろと情報をありがとう!

あの薄いブルーの海に入ることができ、光栄です。(笑)
濃いブルーとの境目を探したのも楽しい思い出の一つです。

おぉ、もちこさんもエイくんと戯れたんですね~。
(ちなみにガイドさんはペロッとなめていました・・・sweat01
ほんと、びっくりするほど人懐っこくて、生き物が苦手な私も無事にさわれました。

投稿: ようこ | 2012年9月27日 (木) 22:31

>シブさん
こんばんは。
珍しい体験をすることができました。
どうやってブログにまとめよう・・・と考えながらボートに乗っていました。(笑)

泳ぎの苦手な私は、どうしてもヨーロッパやアジアを選びがちですが
南の方も楽しめることがわかり、ほっとしています。

沖縄もリピートする方が多い場所ですね。
まだ行ったことがないのですが、音楽も良さそうなので
一度は行かねばと思っています。(^^)

投稿: ようこ | 2012年9月27日 (木) 22:43

やはりこの海の色wave素晴らしいですよねlovely
ワタクシはfishに触れる体験はしてないので、このお話貴重です~up

ふむふむ、胴体と尾ひれは感触が違うのですねflair
なでなでするのっていいですよね~heart02

ようこさんは平泳ぎは顔を水につけなくてもできますか?
ワタクシは最近ちょっとだけそれができるようになりましたが、自由に
顔を上げた状態で泳ぐのが苦手でsweat01夫からは
「人は浮くもの、くらげのくせに満足に浮けないなんて…」とバカにされますcoldsweats01

ようこさんは泳ぎはちゃんとできていると思われますよんgood
いつも浮き輪のワタクシが毎度リゾートに行ってるのですから、ようこさんも
自信を持って南の島これからも色々楽しまれて下さいね~note

投稿: くらげちゃん | 2012年9月28日 (金) 02:32

>くらげちゃん
リゾート地でぷかぷかと浮いているくらげちゃんが
どこかにいるような気がしましたよー。flair
私も今後は南の島のリゾートも楽しめそうな気がしました。

エイというと、水族館の水槽を見上げて裏側を観察するイメージだったけれど
広くてきれいな海でおよぐエイは、のびのびしているように感じました。
この時にシュノーケリングの道具も持っていったのですが
結局、道具なしで遊んできました。

顔出し平泳ぎ。(笑)
泳ぐ時に水平線を見るのが好きで、いつのまにか出来るようになっていました。
きれいな海だと得した気分になりますね~。

投稿: ようこ | 2012年9月28日 (金) 18:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ポリネシア旅行一日目その3(ティキヴィレッジ) | トップページ | ポリネシア旅行二日目その2(小島でランチ) »