« 『THE ALFEE We Get Requests !』(2012.7.28 さいたまスーパーアリーナ) | トップページ | リアルタイム応援主義、のはずが・・・。 »

2012年7月31日 (火)

ベルリン国立美術館展(国立西洋美術館)

暑さに負けず、今日の午後は上野の国立西洋美術館に行きました。

 

前庭にある、常設のロダン作 The Gate Of Hell を近くで観賞。

Img_41842  

 

ただ今、ベルリン国立美術館展が開かれています。(2012年9月17日まで)

Img_41822  

オランダの画家 フェルメールの『真珠の首飾りの少女』が初来日です。

  

ところで、ベルリン国立美術館をドイツ語で表記すると

Staatliche Museen zu Berlin

となります。

この場合、Museen(ムゼーン)は、Museum(ムゼウム)の複数形

複数の美術館、博物館を指していることになります。

”単体ではない美術館”というのが面白い概念だなぁと思って

Museumの複数形を覚えた記憶があります。

 

さて、展覧会は、質実剛健と言えばよいでしょうか、

宗教的な作品も多くて厳かな気持ちになりました。

 

色彩で「おっ」と惹きつけられるのは、フェルメールを含むオランダの画家です。

『真珠の首飾りの少女』は、ぽっちゃりした感じの少女が印象的。

こういう絵では、置き物にも注目すると面白いそうで

今回は、絵の左側にある中国の壺もチェックしてきました。

 

6つに分けられたパートの中では、

とりわけ”魅惑のイタリア・ルネサンス素描”コーナーが気に入りました。

 

素描ということで、画家と自分がものすごい近い位置にいるような気もするし、

しかし、描かれている題材には、ダンテの「神曲」の挿絵もあったりします。

1回では勿体ない感じがして、このコーナーを2周してしまいました。

さらに、ボッティチェッリの絵をモチーフにしたクリアファイルを買ったほど。

 

行くのは大変ですが、暑い日に空調のよく効いた美術展めぐりもよいものです。

また時間を作って、いろいろな作品を生で観たいと思います。

|

« 『THE ALFEE We Get Requests !』(2012.7.28 さいたまスーパーアリーナ) | トップページ | リアルタイム応援主義、のはずが・・・。 »

コメント

いいですね~!
美術館や博物館廻りは私も大好きです!
でも台湾では特設展覧会は必ず黒山の人だかりになり、見たのか見ないのか判らず出口に運ばれるので、ゆっくり見れるのは常設展示物だけです・・・。
ベルリンへ私も行きたくなりました。(老後の楽しみ?)

投稿: たいワン子 | 2012年8月 1日 (水) 22:08

>たいワン子さん
上野ではいろいろな催しがあるので、ビビビときたら
なるべく足を運ぶようにしています。(^o^)

台湾といえば、故宮博物院の活気ある混雑ぶりには驚きました。
「前に行かなくてもいいや」などと譲歩の姿勢を見せると
あっという間に流されそうな感じで・・・。sweat01

私もベルリンの美術館、博物館にはまだ行ったことがありません。
もう一度行くチャンスがあれば、(ドイツ語をしっかり磨いて)
ぜひ訪ねてみたいです。good

投稿: ようこ | 2012年8月 2日 (木) 10:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119541/55323767

この記事へのトラックバック一覧です: ベルリン国立美術館展(国立西洋美術館):

« 『THE ALFEE We Get Requests !』(2012.7.28 さいたまスーパーアリーナ) | トップページ | リアルタイム応援主義、のはずが・・・。 »