« エアコンさんいらっしゃい | トップページ | 漫画の思い出 »

2012年7月25日 (水)

新宿荒木町の鈴なりにて

昨夜は、10年以上前に仕事でお世話になった方と5人で

新宿の荒木町にある鈴なりで会食しました。

Entrance_suzunari  

なんと、ミシュラン一つ星の和食のお店です。

 

もともとはB級グルメを楽しもう!といった集まりだったのが

ついにミシュランのお店に行くようになるとは・・・。

 

カントリー風の落ち着く店内のテーブル席で

目にも舌にもおいしいコース料理をいただきました。

お酒は、日本酒の獺祭(だっさい)や雁木(がんぎ)を冷やで。

 

焼き茄子にウニがのったジュレ仕立て

Img_4161  

 

まるで庭園のような盛り付け。

奥にワイングラスに入ったもずくも配置されていました。

プロだったら全体を上手に入れて撮影するのですが・・・。(^^ゞ

Img_41632_2  

この他にも、天ぷら、スープ、お造り、焼き魚、などが出て

シメの炊き込みご飯も超美味で、おかわりしてしまいました。

 

楽しいおしゃべりのみならず、還暦のお祝いの品をプレゼントしたり、

昇格のお祝いを言ったり、中味の濃い集まりとなりました。

 

何年経っても集まり続けられることに感謝しています。

さて、古希の頃にはどんなお店に行くのか?

それも今から楽しみです。

|

« エアコンさんいらっしゃい | トップページ | 漫画の思い出 »

コメント

私がおいしい! と思ったお店はたいていミシュラン1つ星なので、鈴なりもさぞおいしかったことでしょう。ようこさんが珍しく「超美味」と書いておられる点で、想像がつきます。
私はミシュラン1つ星でも「おいしいっ!」と思う方なので、3つ星に行ったら気を失ってしまうかもしれません。心配心配。
さて「プロだったら全体を上手に入れて撮影するのですが・・・。(^^ゞ」とありますが、本で読んだ知識で申し訳ないですが、きれいに全部入れるよりは、見切れている方が見ている人の想像を誘うのでよい、らしいです。ようこさんの写真は器が見切れているので、却って奥行きが感じられて、説明文も相まって、おいしそうな、高級そうな感じがします。

投稿: けいいち | 2012年7月25日 (水) 17:31

>けいいちくん
ありがとうございます。
せっかくの高級料理がおいしそうに写っているようでほっとしました。
構図は、雑誌や料理本の写真の撮り方などをお手本にしたりしています。
食事をしながら、こういう説明を書こうかな?と考えたり、
写真一枚一枚にも実はいろいろな稼働がかかっています。
・・・というのを見抜くけいいちくんがすごいのですが。

ところで、ドイツ語ガイドの勉強をするようになり、
ドイツ語で日本食やミシュランの話題を読むことがあります。
日本食はおいしい、という評判だそうです。
また、ミシュランは欧米で取り入れられている尺度なので
このように食べ歩いた経験は、いつか役に立つものと思っています。

投稿: ようこ | 2012年7月26日 (木) 09:17

どーも、遅くなりましたsweat01

素敵なお店ですねshineワタクシ日本料理のお店は
あまり多くは知らないので行ってみたいです~train
四谷三丁目なら近いし、お料理も本当に庭園みたいで綺麗ですねnote

焼き茄子に雲丹が載ったジュレ仕立ても美味しそう~heart04
やはり日本料理は日本で頂くのが一番ですup
先週ヌメアで日本料理食べたけど、やはり日本のお店の方がいいなぁconfident

集まった方のどなたかがご存じだったのかしら?
いいお店で頂けて良かったですねdelicious

投稿: くらげちゃん | 2012年7月31日 (火) 16:47

>くらげちゃん
お帰りなさいairplane
ヌメアでも日本料理が食べられるのですね。

くらげちゃんにはランチの時にミシュランのお店を紹介してもらっているので
不必要にびくびくせずに食事を楽しむことができました。

このお店は
「行ったことがないけど、みんなで行ってみようup
という話になって決まりました。

営業時間を見たら、夜だけのようでしたので
豪華ランチの時には行かれませんが、機会があったらぜひお出かけください。shine

投稿: ようこ | 2012年7月31日 (火) 22:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119541/55275715

この記事へのトラックバック一覧です: 新宿荒木町の鈴なりにて:

« エアコンさんいらっしゃい | トップページ | 漫画の思い出 »