« 『サンセット大通り』(2012.6.23 マチネ 赤坂ACTシアター) | トップページ | 4人の作曲家によるドイツ語の歌たち »

2012年6月27日 (水)

自家製ピクルス

生協のカタログを見ていたら、小さなガラス瓶が載っていました。

こういう容器で、自家製ピクルスを作れたらいいなーと思って、注文してしまいました。

 

早速、届いたガラス瓶を煮沸消毒してから

湯むきトマトとゆでたうずらの卵を、砂糖、塩を混ぜた液に漬けました。

Img_4099  

トマトに酢がしみこんで、すっぱーーいおいしさ。

うずらはほどよく甘酸っぱくて、食べやすかったです。

 

レシピは、一昨日衝動買いした『ミツカン社員のお酢レシピ』を参照しました。

シンプルな作り方が気に入っています。

Img_4108  

 

お酢といえば、重曹と酢のハウスキーピング用に買うことは多いのですが

自宅で口にしたことがほとんどありませんでした。

この本を読んで、新しい料理を覚えられたら・・・と思っています。

|

« 『サンセット大通り』(2012.6.23 マチネ 赤坂ACTシアター) | トップページ | 4人の作曲家によるドイツ語の歌たち »

コメント

ピクルス=酸っぱいきゅうり、と勝手に思い込んでいたワタクシですが、
ピクルス=漬物、ですよねflair

え~改めて調べてみたら、意味は漬物の事らしいですが日本の漬物の
事を指すのではなくて欧米風のこのような酢漬け保存食のことをいう、
ということが分かりました~wink

左上のコメントでワタクシはそのうちきゅうりの写真が出てくるのだろうと
勝手に想像して、この記事を見たら「あら、きゅうりではなくて赤いものと
白いものがあるわflairしかも丸~いわねfullmoon←丸いものsweat01」と意外性を感じ、
興味深く読ませていただきました~note

これからはピクルスという文字を見てもきゅうりだけでなく他の物も
思い浮かべることにしまーすconfident

投稿: くらげちゃん | 2012年6月27日 (水) 18:55

>くらげちゃん
なるほどー、ピクルスといえば、あの色のくすんだきゅうりが有名ですねー。(笑)
思っていた物と異なる形の物を見て、さぞかしびっくりしたでしょう。

かくいう私も、ピクルス=(爪楊枝で食べる)オリーブの実
だと思い込んでいました。

ピクルスが欧米風の漬け物である証拠goodに、本にも
”○○のピクルス”と、いろいろな種類の漬け物の作り方が出ています。
いろいろ作って朝食にも使おうと思います。
朝食レポートを新鮮な気持ちで見てくださいねー。(笑)

投稿: ようこ | 2012年6月28日 (木) 10:20

自家製ピクルス、私もこの前作りました。
キュウリとアスパラ、パプリカの赤・黄を漬けたので
とってもカラフルでした。

投稿: ひろこ | 2012年6月28日 (木) 11:02

>ひろこさん
ひろこさんもピクルス作りをしているんですね!
パプリカが加わると、カラフル度が上がりそうです。

第二弾は(家にある)カブになりそうですが、
アスパラガスも近いうちに漬けてみたいと思います。

投稿: ようこ | 2012年6月28日 (木) 22:46

この本ね、本屋さんでみかけて
買おうかどうしようか迷っていたんだhappy01
その後、ようこちゃんの記事を読んで、
やっぱり欲しくなっちゃった。
トマトとうずらの卵って、斬新な組み合わせだよね。
色も紅白で綺麗だし、お弁当の彩りにも良さそうshine
お酢は、家では、なんだかんだと使います。
ただ上からかけるだけでも、結構、消費しちゃう。
焼き魚、焼きそば、餃子、シュウマイ、揚げもの、
温野菜などなど。

投稿: うさちゃん | 2012年6月30日 (土) 18:06

>うさちゃん
うさちゃんもこの本を本屋さんでチェック済みだったんだね。
ちょっと段ボールっぽい色の表紙だけれど
中の写真がきれいなのと、料理の手順がシンプルで気に入りました。

うん、このピクルスはお弁当にもよさそう。
今日はかぶを漬けて、これもまたおいしい酸っぱさになっていたよ。

なるほど、うさちゃんの家では揚げものにも酢をたらすんだね~。
さっぱりしそう。
私はあんかけっぽい焼きそばに酢を多めにかけるのが好きです。(笑)

投稿: ようこ | 2012年7月 1日 (日) 21:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119541/55063142

この記事へのトラックバック一覧です: 自家製ピクルス:

« 『サンセット大通り』(2012.6.23 マチネ 赤坂ACTシアター) | トップページ | 4人の作曲家によるドイツ語の歌たち »